« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2/17、ゲスト;aikoちゃんと下ネタで盛り上がる昭仁さん

2/17(火)、昭仁さんのオールナイトニッポン。
この日はaikoちゃんがゲスト!
ではではいつものように
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「ポルノグラフィティ岡野昭仁のオールナイトニッポン!
昭仁、aiko、デビュー10周年記念、
今宵は祭りじゃけんスペシャルー!」
祭りじゃ、祭りじゃ!aikoちゃんも10周年なんだね。
aikoちゃんには後ほど登場していただきます。

まずはこちら、静岡エコパアリーナライブでのお話ですよ!
「日本全国、春一番が吹いたのか。」
「静岡もね、えっらい暑いっていう状況ですよ。
26度ぐらいあったんかな。異常でしたよ!」
あれだ。そらちゃんとかいぐさんが集結しちゃったから、
ライブ熱で気温も暑くなっちゃった?!
(ところでお二人って実際会ったりしたんですかね?
そこら辺聞いてなかったな、と思って。今更ですけど)

「これまたね、静岡のお客さんもね、
静岡って南のほうに位置しているということで、
結構ねいつもノリがいいんですね。その何か南国。
ほんわかした中でも、その後火がつけば、
お祭り騒ぎ、大好き!みたいな。」
静岡の皆さん、褒められちゃった~(笑)
ノリがいいのね!地方によっても違うだろうからね~。
お客さんもノリノリだとポルノも嬉しいだろうね。
2日間盛り上がったようですよ。

で、静岡エコパから、
車で、昭仁さん、マネージャー大輔さん、
マッサージ担当の男の子、
コーディネータ(?)のヤマシロさんと男4人で帰った話。
「静岡エコパからマッサージを終えて出たのが、
夜10時かな。んで、まあ、(東京に)着くのは1時だろうと。
大輔もね、朝から仕込みとか何とか出てくれてるから、
眠い中運転しとるわけで、何か眠気が襲って来ないように、
みんなで楽しいトークをしようじゃないかと、」
はあはあ。
大体いつもの流れでいくと・・・
男4人、楽しいトーク ・・・⇒ 下ネタってことになりますね(笑)

「やっぱりね、楽しいトークと言えば下ネタよね~」
やっぱり(笑)

「俺と大輔の中では、下ネタはし尽くしてるのよ。もう(笑)
まだいけるか?!ってぐらい(笑)」
「トータルではね、大輔とは下ネタを15時間ぐらい
してるはずです!!」
下ネタの仲(笑)

「男4人だったらもーっと広がるんではないかと。
やったらですねぇ、大いに広がりましてですねぇ(笑)」
「大輔の性癖の話になりましてー、」
聞きたいような、別に聞きたくないような(笑)
興味あるような、正直別にどーでもええような(笑)

「性癖というか、妄想。
(大輔が、)『僕、実はー、ここだけでいいますけどー、』」
大輔さんの妄想癖、全国に初オンエア(笑)
全然ここだけの話になってないっていう。

「(大輔)『こんな妄想したら、
すごく興奮するってのがあるんですけどー、
こんなこと言ったらおかしいって思われるかな~・・・』
(昭仁)『いやいや。言ってみろ』と。『男4人だったら、
楽しく受け止めてあげるから』つって(笑)」

「ゴルフ場で、グリーンの上の、カップを中心に
その上で女の子と繋がりたいっていう(笑)
かっかっか(笑) 妄想。
ま、彼もね、おもしろおかしく言ったんだと思うんですけど、
それで車内が、そん時の空気としてはドン引き!」
よくあるパターン(笑)
大丈夫、大丈夫!言ってみなよ!って煽られて言ったら、
みんなにドン引かれたっていうパターン(笑)

結局、なぜそんなことを思いついたか話してるうちに、
「話しているうちにめっちゃ面白くなってきてー、」
紳士のスポーツであるゴルフだからこそ、絶対ありえない
シチュエーションを想像してしまったアンチテーゼから来た
のではないか、とかやいのやいの盛り上がり。

「大輔の名誉のために言わんとこうかと思ったんですけどー」
ラジオのブースの外の大輔さんは、
この話に青冷めているとか、いないとか(苦笑)

「ま、今日はねaikoちゃんという、レディが来るのに、
こんな下ネタから始まるのもどうかと思うんじゃけどー(笑)」
もう遅いわ(笑)昭仁さんもある意味アンチテーゼ?(笑)

♪『マシンガントーク』

・・・フリートーク・・・

この回は生放送のようです!
リスナー(アンナさん)のメールでさっそく
冒頭の下ネタの反応ありました。

「高橋大輔くんね。僕、今、名誉毀損で訴えられたら
間違いなく負けるかもしれませんね、さっきの話で。
彼はね、AVというものを、いやらしい行為に使うのではなく、
芸術作品として鑑賞できるらしんですよ。
お酒のつまみにずっとAVを見て。」
「全くいやらしい気持ちなく見れる才能を持ってるんですよ。」
昭仁さんのノンストップ、し~もネタ(笑)

「絶対、お酒のつまみにAVなんて俺見れないもん。
すごいです。」
はい。

「また下ネタをしたことに・・・
aikoちゃんが次、まあ、登場するんだけどね。」
はい(笑)

・・・aikoちゃん登場・・・

おや?Barの設定?ムーディな音楽が・・・
じゃけん's Bar だって。

ナレーション「今宵も、一人の男がグラスを傾ける・・・」

ぷぷぷのぷ。

昭仁「コンポルノ」(しっとり)
aiko「ふふ・・(笑) コンポルノ」

昭仁「Barっていう設定、結構しゃべりにくいんでー、
   もうこっから設定変えますけど!普通に!」
aiko「あ、早いな~」

はい、設定いつも通りに戻ります。
aikoちゃんとしっとり話されても、
何か二人のイメージ違うしね(笑)
言っても、さっき散々、下ネタ話してたしね(笑)

aikoちゃんと改めて1対1で話すことはなかったということで、
若干昭仁さん固い?(笑)
といっても、以前からaikoちゃんとポルノ(3人)は、みんな
合わせて「じゃけん4兄弟」という愛称があるぐらいだから

ずっと仲良しって感じですけど。

aiko「昨日、じゃけん4兄弟のステッカー持ってる男の子に
   会いましたよ。」
昭仁「うそー!どんなんじゃったっけ・・・?
   全然覚えてないわ」
aiko「何で覚えてへんの?!スーパーマンの絵のやつと、
   あたしらがスーパーマンのやつとー、
   ちっちゃい妖精みたいになってラジオを楽しく聞いてる
   っていう・・・」
昭仁「ほう・・・全然覚えてないわ!」

ありゃりゃりゃのら。

aiko「じゃあ、じゃあ、じゃあ、昭仁さん、あれ?
   女の子が髪切っても、全然気づかないタイプ?」
昭仁「結構そうかもね!」

あー。そんな感じだね・・・。女子にとっては残念な感じ(笑)

昭仁「基本的に僕はロマンチストではないので~。」
aiko「(笑)なんでよ!」
昭仁「家が女系の家なんですよ。
   姉二人いて、僕がいて、家ん中では男2人。
   俺とオヤジ。母合わせて女3人。家庭内での女の醜態、
   僕見てますからー。そういう意味ではロマンチストでは
   なくなってしまったっていうのが、僕の家庭環境では
   ありますね。超現実主義。」

だから、晴一さんはめちゃめちゃロマンチストに対し、
昭仁さんはド・ストレートのリアルな詞を書くんだね。

aiko「へっへー!(笑)
   お母さんとお風呂入ったりとかありました?
   何歳ぐらいまで?」
昭仁「えー・・記憶には、小学校3、4年生ぐらいまで
   だと思うけど。別に高校になって、母ちゃんの裸とか
   姉ちゃんの裸とか見たとしても、なんとも思わなかった
   というか。やめてくれよ的なことはあるけど、
   汚いモン見せんなよ的なことはあるけど、」
aiko「はは(笑)フツーに、もう家の中を歩いてたりする?」
昭仁「そうでもないんですけど、たまに垣間見えたりする。
   見えてしまうから、肉親とか兄弟のもんであるがために
   いやらしいものとかっていうことじゃなくなってしまった
   んじゃろね。そりゃあ、勿論、全然、彼女とか、
   そういうことになったら、そりゃありますよ。
   けど、どっか軸がぶれてしまったんだろね。」

ドンドン、し~もネータの方向に・・・(笑)

aiko「じゃ、じゃあさ、お母さんとかお姉さんがいるでしょ。
   家とかで、エロ本読みたいな~とかそういう時とか、
   どうしてたんですか?」

あ、aikoちゃんがそっちの方向に持ってってます(笑)
ド・ストレートな質問でaikoちゃんおもしろい(笑)

昭仁「それは必死で隠したね。」
aiko「見つかったことはある?」

何か、聞いてほしいことを全部aikoちゃんが
昭仁さんに聞いてくれてます(笑)

昭仁「エロ本はないけど、ビデオは見つかったことあるね。
   必死でしたよ(笑)見てた最中だったからね。
   何かね、姉が俺をビックリさせようとしたのか、
   そろ~と帰ってきて、それ直前ぐらいに気づいて、
   たまたまですよ。」
aiko「そういうのって、家ではどうやって見てんのー?
   ヘッドフォンで聞いてるとかさ?(笑)」

aikoちゃんの興味は尽きず、
昭仁さんを質問攻めで誘導尋問(笑)

Barっていうか完全に居酒屋で話す話よね~(笑)

昭仁「僕も危機感を感じたんで、ヘッドフォンじゃだめだと、
   今日は音声なしで行こう!って決めて、
   ゼロ音で、映像だけで」
aiko「あっはっはっはっはー(笑)
   音声なしなんや!
   じゃ、妄想、想像、今こゆってるとか!」

aikoちゃん、興奮しすぎの喜びすぎだぞっ!(笑)

昭仁「音は自分の頭ん中ですよね。
   今、こんな感じになってる。
   おうおう、おうおうおう、
   今結構、おうおうおう!おうおう言うとるぞ!
   って想像して見てます。
   家族が帰ってきたら大変だと思って、必死ですよ。」
   「男優と女優がからみ合う一瞬のワンフレぐらいは
   見えたでしょうね。危なかった・・・っていうか
   もうバレてるでしょうね。」
aiko「バレてるんや(笑)」

aikoちゃんは一人っ子だからそういう感覚が分からないとか。

昭仁「ミュージシャンはさ、そっちのほうがいいと思う。
   想像してね、ロマンチストというものの枠が守れるわな。
   僕はそういうリアリストなのがね、
   自分が歌詞書くときとかもね、自分の中でもそういう
   ロマンとかないなーって思うことがあってー
   すごく頑張って妄想を働かして書かねばならぬこの
   悲しさ
ってなんだろうって考えたときに、
   姉二人の末っ子に
育ったこのアレだわーと思って」
aiko「へぇ~。叱られたい?」
昭仁「叱られたい、というか叱られても平気。」

昭仁「話がだーいぶそれましたけど~(笑)」

すべてaikoちゃんのお陰です(笑)
いろいろ質問攻めしてくれてありがとう(笑)

話は変わり、
aikoちゃん、当日、ラーメン屋に行ってきたそうで。
斜め前で食べていた人のストラップがたまたま
aikoちゃんのグッズで。ファンクラブ会員の人。
しかもその店内ではポルノのPVが流れていて・・・

昭仁「なんじゃその縁は・・・!」

不思議な縁のある二人、
最近aikoちゃんが飲んでいる高酸素ウォーターの話になり、
実は昭仁さんも以前飲んでいたことが判明。
そこからどーでもええような話に展開(笑)

aiko「伊達さんも飲んでるつって」
昭仁「ほう~。伊達公子さん?クルムさん?」
aiko「そう。なんでクルムさんなの?」
昭仁「ミハエル・クルムっていうレーサーのドイツ人と
   結婚
したから。」
aiko「え、じゃあ、クルム伊達じゃないね。
    そしたら苗字、苗字になってんの?
   クルム伊達って何で言うん?クルム公子?
   みんなクルム伊達って言うよね?」
昭仁「え?っへ?
   伊達クルム公子?クルム公子?
   伊達公子クルム?」

伊達何?何クルム?クルム何?(笑)

昭仁「ま、ええか!
   あ、クルム伊達公子?ふーん。
   まあね、この辺よう分からんね」
aiko「分からんね」

はい、続いてaikoちゃんも好きというマンガの話。

aiko「昭仁さんも読んでたよね?」
昭仁「読んでる、読んでる。好きですよー。
   家にはー、今、3005冊ぐらい・・・」
aiko「はぁ!!そんなにある・・・!
   3005冊って、何の端数?それ(笑)」
昭仁「わからん(笑)3500って言おうとしたんだけど(笑)」

その本を収納する棚の話になったんだけど、
棚の構造がうまく説明できない昭仁さんは、

昭仁「こう、・・・何ていうの、、
   ・・・2個入る。」
aiko「2個!はははははは!(笑)」

2個だったら残りの3498冊はどうしたらええ?(笑)
っていう意地悪なツッコミは置いておいてー、
奥行きのある2列になった本棚のことを言いたかったっていう
段々グデグデ加減の昭仁さん(笑)

昭仁「ホントにフリートークになってますね!」
aiko「はははははは!(笑)」

いや~、これ毎週こんな感じでaikoちゃんが
来てくれると、毎回こっちが聞きたい質問とか
ぜーんぶaikoちゃんがしてくれてすんごい、いいわ!(笑)
いつも楽しいけど、より楽しい!

昭仁さん曰く、歌い方がまた新しいという、
aikoちゃんの新曲、
♪『milk』
あ、aikoちゃんと同じ学年だわ、アタシ・・・!
あ、カミングアウトしちゃった。
うふ、いまさらもうえっかーって感じよね(笑)
うん、ぞろ目よ、今年ぞろ目の年なんです(笑)

・・・引き続きaikoちゃんです・・・

aikoちゃんは1998年7月17日にデビューして
今年で11年目ということで。

aiko「忙しくて嬉しいなって思って」
昭仁「忙しくて嬉しい?!
   はぁ~、アーティストの鑑ですね!」

デビュー10年を先に迎えたaikoちゃんですが、

aiko「いろんな人から振り返るきっかけをもらえる
   年やから、その日々で整理していって自分で
   実感していった。」

昭仁「僕はまだ迎えてないんで、ツアー中ってことも
   あるし、それを終えたときにまた思うんかな?」
aiko「思うと思う。」

・・・aikoちゃんにメール・・・

リスナー(石川県・とかさん)
「aikoちゃんはいつも元気なイメージですが、
落ち込むこともあると思います。
aikoちゃんはどんな風にしてそこから抜け出したり
しますか?」

aiko「もう~ね・・・家では静かですよ」
昭仁「でしょうね、そういう話を聞くと」
aiko「植物を育てて、
             植物に水をあげたりするのが楽しい」

昭仁「はぁ~・・・まぁ、暗いっていうか・・・」
aiko「あと、フローリングのね、床ですべったりしてる
   のが好き。シュッ~、みたいな(笑)
昭仁「はぁぁぁぁ~お掃除犬あんな感じで?」
aiko「何かを取りに行くときとか、そこの廊下を
   タッタッタッタ・・・」
昭仁「よう、それを人生の楽しみとして発言したね、
   キミは!」
aiko「何で~!(笑)
   今日帰ったらパンが焼けてるように
            パン、セットしてきた!」

昭仁「それは~、女の子らしいからいいですけど、
   床シューするのはちょっと・・・」

意外と暗い?aikoちゃん(笑)

aikoちゃんは落ち込んだとき曲作りにぶつけるということ
ですが、昭仁さんは、やっぱり「釣り」。
バスフィッシングの用語が全く分からないaikoちゃんは
その都度、昭仁さんにケラケラ笑いつつ確認(笑)

昭仁「何か趣味を持とうよ、aikoちゃん!」

若干、キレぎみ?(笑)
っていうか最近まで無趣味だった昭仁さんがえらそうに
アドバイスしてるのがウケるんですけども(笑)
とりあえずaikoちゃんの趣味は
「フローリングシュー」ということで!

・・・aikoちゃんと、記憶の壁!・・・

まずは、いつもの問題を小手試し的に出題。
社会の問題
「地球上の陸地と海の面積の割合は?」

昭仁「あ、これ僕分かりました!」
aiko「何?!初めて聞いた~!」

いつもはしどろもどろの昭仁さんですが、
今日は頼もしく見えたりして(笑)

aikoちゃん、いくつかのヒントからかろうじて正解!
答えは、「陸地:海=7:3」

さ、これからが本題です。
まずは昭仁さんからaikoちゃんに出題。

第1問
「僕が初めてaikoちゃんに会った時の髪の色は?」

aiko「いいですか?金髪!」
ピンポーン!

第2問
「aikoちゃんの曲で僕はピアノで弾ける曲があるのですが
それは何でしょう?」

aiko「カブトムシ!」
ピンポーン!

第3問
「かつて『みどりの日』にある二人のアーティストと飲んで
いて、その時酔った勢いで、aikoちゃんを呼ぼうという
話になったのですが、そのアーティストとは?
どちらか一方を答えてください。」

aiko「えー!誰やったっけ?」

昭仁「ヒントは、奄美大島」
aiko「えー、奄美大島・・・元ちとせさん・・・?」
ピンポーン!もう一人も奄美出身の歌手、我那覇美奈
さんという方だそうです。

昭仁「よ~覚えとるねぇ!」

aikoちゃん全問正解でっす!
2問目の『カブトムシ』。
『カブトムシ』を我流で弾くようになったことが、
『愛が呼ぶほうへ』のピアノを弾くきっかけになったそう。

一番リスナーからリクエストが多かった曲。
♪aiko『桜の時』

・・・記憶の壁 aikoちゃんからの出題・・・

aiko「昭仁さん大丈夫かなぁ!」

第1問
「私aikoが昭仁さんと話したのは、
いつどこでだったでしょうか?」

昭仁「いつ?どこで?
   僕らは、『アポロ』で~、ミュージックスペーション・・
   スペーション(笑)ステーションの時に旧テレ朝の
   社屋で、お話しました。」
aiko「ブブーーー!!!
   ちょっとー、そんなにえらいディティール話してくれた
   けど、あれ初めてじゃないよー」
あらら、さっそくやっちまったな~!

正解は・・・?
aiko「私と昭仁さんが初めてしゃべったのは、
   12年前ぐらいの大阪心斎橋のミューズホールでした。」
昭仁「それかあ!」

第2問
「私aikoが昭仁さんに言われてすごい嬉しかった
言葉は
何でしょう?」

昭仁「いい曲書くねぇ!とかそんな感じ?」
   「あ!思い出したぞ!」
   「『桜の木の下で』のアルバムを聞いて僕は
    すっごい感動して、そいでaikoちゃんに、
    『何ていうすばらしい作品を書くんだ!』と。そして
    『僕はこんな作品を書く・・・違う、こんな作品を聞けて
    大変刺激になって僕も頑張ろうと思いました』という
    メールを送りました。」
aiko「ほう!」
ブップー!
あららのら!

正解は・・・
aiko「今のCCレモンホールかな、でやったときか
   NHKホール
でライブやったときに昭仁さんが見に
   来てくれて、ライブ
終わった後に、『俺、aikoちゃんが
   いっぱい動いとるのも
好きやけど、止まってバラード
   歌ってるのを聞きたい。
止まってるのがいいよ』
   って言ったの」

昭仁「言ったんや。えっらそーに」
aiko「や、それがね嬉しかった。」
昭仁「ホンマ?何で嬉しかったん?」
aiko「動かないとダメってずっと思ってたんですよ。
   遠くの人にわかってもらうにはオーバーアクションしな
   いといけないってのがどっかであって、いつも動いて
   たの。それを初めてバッと言ってくれた人だったので
   すごい嬉しかったんですよね。」

昭仁「そうそう、そういうヴォーカリスト論みたいなのは
   結構話してるんですよね、aikoちゃんとは。
   マイクをどっちの手で持つかとかみたいな。
   僕はずっと左で持ってて、右に替えてみたらすごく
   よくなったよ、とかaikoちゃんに伝えたことあるし。」
aiko「言った言った」

第3問目
「私aikoが忘れられない昭仁さんとの飲み会があります。
それはどんな飲み会だったでしょうか?」

昭仁「あれはねえ、あれ何じゃった、
   何の後じゃったんかなー・・・
   渋谷のねぇ、あそこのアレですよ」
もう「あれ」が多すぎて。
こういうのを「シドロモドロ」と言います(笑)

昭仁「誰かのーライブイベントに一緒に出とったんか?」
aiko「ははは(笑)ライブイベント一緒に出た?
   出てないし!!もうブブー!!!!」

あ~あ、もう、昭仁さんったら無惨~!

正解は・・・?
aiko「スカンチのライブの後です!(イラッ)」
昭仁「あっ!・・・ホンマや!」
aiko「見に行ったら、たまたま・・」
昭仁「ホンマや!」
aiko「『ホンマや!』ってホンマやよ!
   ちょ、『ホンマや!』じゃないよー!(怒)」
もう~、
記念日忘れて責められる男の図のようになってます(笑)

aiko「スカンチ見に行ったら、私は下で見てて、
   上にポルノの二人来てますよってつって、
   あー!って
なって、上に行ってしゃべってたら、
   『ちょっと今から、ご飯食べに行こうよ』
   ってなったんよ。」

昭仁「そう、珍しいね。
   aikoちゃん、滅多に行かないんですね。
   仲いい人いっぱいおるけど、行かないんでしょ?」
aiko「行かない・・・(笑)」

珍しくaikoちゃんと食べたのにも関わらず、忘れちゃったら
もっと痛いんですけど(笑)

aiko「結構、いろんな話してー」
昭仁「ホンマ?あのね、僕とaikoちゃんと晴一もいたら
   結構ブラックな話して、あんまね、言えないんですよね」
aiko「いや、ホントにだって、ドSかドMかの話とかしてー」
昭仁「そんな話してたわ!そうだわ!
   下ネタ全開じゃったわ!」
aiko「そうだよ、全開でしたよ!」
昭仁「下ネタ全開だったわ!aikoも全開だったわ!」
基本的にいっつも全開のような・・・
ラジオは下ネタ半開ぐらい?(笑)

昭仁さんにとってドSかドMかの話は日常じゃないの?(笑)

aiko「スタッフの人もいたでしょ、知られたら恥ずかしい
   ぐらいの下ネタとかでー、携帯に打って見せたり
   とかしてたよー(笑)」
昭仁「はいはいはい!最低ですよね!(笑)」

aiko「結構、昭仁さんも晴一さんも酔っ払ってじゃーねー
   って帰った(笑)」

いいな、いいな~
とか言っても、意外にその1回っきりなんだとか。
じゃ、尚更、昭仁さん忘れてたのかなり痛いね(苦笑)

aiko「ちょっと、不正解やで!全問!」
昭仁「そうなんです、・・・こうね、・・・
   思い出が消えていく人なんです。」
”思い出が消えていく人”って。不治の病のような言い訳。

昭仁「もう、俺、こんなん・・・
   人でなしよね、こんなん忘れてくの・・・やだやだ」
aiko「そんなことないよー(苦笑)」
昭仁「やだやだ・・・」
aiko「はっはっはー(笑)」
あ~あ、そんなに自分を責めないで(笑)

・・・aikoちゃん、そろそろお時間です(寂)・・・

昭仁「ゲストにaikoちゃんをお招きしてここまでお送り
   してきましたが、お時間なんですよ!」
aiko「早い!」
昭仁「アータでもだいぶいましたよ!」
アータって(笑)
今までのゲストの中で最長じゃないですか?
たっぷりトーク、めちゃくちゃおもしろかったです!
毎週、隔週でも、月1でもいいから、
昭仁さんのオールナイトに定期的にきてきてaikoちゃん!

リスナー(大阪府・ふうかさん・17)
「いつもはゲストと話すとき緊張している昭仁さんも
aikoさんとならこんなに話せるんだと思いました。
昭仁さんが、人に趣味を持とう!と言えるようになったのが
何だかすごく嬉しかったです」

全く、同意!(笑)

他にも下ネタで盛り上がっておもしろかったとか、
二人のトークが楽しかったなどの感想メール。

aiko「みんな、あったかいね~!」

aikoちゃんの新曲『milk』とかDVDもヨロシク!
DVDにはステッカーやブックレットも入ってるということで、
昭仁「アナタのまた凝ってますもんねー、ホントに」
”アナタ”って、昭仁さんが言えるゲストはaikoちゃんぐらい
ですよ。後輩にだって気を使う方ですから。
aikoちゃん、ホントまた来てねん♪

・・・って終わるかと思ったら、
最近昭仁さんの趣味になった自転車の話で盛り上がる(笑)
もう、aikoちゃん最後までいなよ~!

今までの趣味で、いろいろこれにハマってると会うたびに
聞いてはすぐに立ち消えてたよ、というaikoちゃんの指摘に

昭仁「床でシュッとやってる場合じゃありません。」
逆ギレ?(笑)

♪aiko『嘆きのキス』
aikoちゃん、まったね~!

・・・aikoちゃんお帰りになりました・・・

「ま、話が尽きんかなぁ」
「原点を知ってるから、根本で話せるみたいなとこが
あったりすんでしょうねぇ~」
aikoちゃんと盛り上がりすぎて昭仁さんお腹ぺっこり~なに
なっちゃったようです。オカキ片手にオンエア中。

♪『アポロ』

・・・エンディング・・・

リスナーからaikoちゃんとのトーク感想メール。
普段の昭仁さんが見られて楽しかった!
久しぶりに2時間寝ずに聞けそうだ、など(笑)
aikoちゃんパワーで昭仁さんも大盛り上がりの
オールナイトでした。CM中ブラックな話で盛り上がった
ようです。

「2時間あっと言う間ですね、今日はね。
aikoちゃんて不思議な人ですね~。ホントに。
そういう意味では。
ブラックな話、ブラックって言ってもかわいいもんですよ。
そんなね、誰かを傷つけるようなことは言ってません。
自分達の何か感想みたいなのを言ってるんですが。
aikoちゃんのブラックなところもおもしろいですし、
おもしろい話もできる人ですし、
すごく純粋な、キレイな話もできるというか、
いろんなものを持ち合わせた不思議な人ですよね」

また来てほしいね~。
晴一さんのカフェイレにも来てほしいね~!
ではバイババース!

| | コメント (16)

2/16、実はときメモにときめいてた”晴くん”

2/16(月)、晴一さんのカフェイン11。
ナツキさんがドロンしてからだいぶ経ったけど、
元気かな・・・?
留守の間、晴一さんのことはアタシに任せておいてね(笑)
ではではいつものように
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「まぁ、あと何回かは冷え込む時が来るかもしれんけど、
もうこれから暖かくなっていくばかりでしょうね。」
あともうちょっとで春です!わかってはいるんですが、
一回暖かくなると、冷えが身体にこたえます・・・
リアルサーティムニャムニャの意見でした(笑)

あーさぶっ

あ、アタシの本当の春は4月のロイスーでポルノの
二人を見られるときです、あはっ

ウキウキバレンタインが終わったばかりの月曜深夜。
今日はウキウキ気分で恋バナ満載のようです。
ウキウキしている人も、たいしてウキウキしてない人も(笑)、
気分だけウキウキで、いきましょう!

・・・フリートーク・・・

「今日は徒然なるままに話してみましょうか。
最近起こった、こと」
いつも内容を放送前に一応考えて臨むというフリートーク。
今回は徒然なるままに・・・

「最近、また久しぶりに一眼レフカメラを買ったんです、
最新のキャノンの5Dってやつなんですけど。」
おや?マダムミハエルがきたときに、デジカメを買うか悩んで
辞めたと言ってたけど。それとはまた違うものですか?
今年は”迷ったらやめる”というマダムからのお告げありましたが。
買っちゃった!

「オートフォーカスじゃなくてマニュアルフォーカスで撮る、
やっぱこれが、俺はカメラ知ってるぞって感じがじゃん」

「でも最近の(カメラ)はよくできてるね。」
「全部、オートフォーカスにしたら、
やっぱキレイな写真撮れるねー(笑)
カメラ任せがキレイに撮れるんだと(笑)」
せっかくのカメラマンの腕、見せられませんね(笑)

ガラっと変わりまして、はい、次の話題は・・・

今度は「マイク」の話。

ギター売り場にはよく行くが、マイクなどの周辺機器売り場には
普段足を運ばないという晴一さんですが、
「そしたらそこにまた専門的そうな顔の人がおってさー、」

「俺の欲しかったのは、ゼンハイザーってとこの421っていう
マイクが、すごいベタ~な超スタンダードマイクなんだけど、
形がね、どう言うんじゃろうのこれ、
クジラ、クジラっていうマイクなんじゃけど、
クジラっていう形が・・・」
クジラ?

「みんな”クジラ”って言うけぇさ、
店員さんに『ゼンハイザーの421ください』。
で、『あ、こちら、あります』。
で、その横に、限定モデルかなんか分からんけど、
金の、普通は黒なんじゃけど、金の421のがあったのね。
『え、これ何ですかー?』って言ったら、
『これ、白クジラです』って言われてー(笑)はははは!」
白クジラ(笑)
結局、白クジラを買って帰ったっていう話。
違うか、マイクね(笑)
どんだけ専門的。マニアックな愛称ですこと(笑)

「『じゃ、じゃあこの白クジラください』っつって(笑)」

今浪サン「捕鯨して帰ったんだ(笑)」

♪『あなたがここにいたら』


・・・ちょっとだけ未来の僕、晴一に質問・・・

「10回目のライブサーキット、ロイヤルストレートフラッシュ。
昨日、一昨日と、
静岡エコパアリーナのライブは盛り上がりましたか?」
そりゃああああ、もう盛り上がったようで。
静岡参戦の二人がボロボロになるくらい、
燃え尽きるぐらいの勢いで、楽しんできましたからね。
内容は、まだチョメチョメですから、分かりませんけど、
そらぁ、もうすごかったみたいです!!

で、ラジオ収録時間の関係上、まだ大阪城ホールを
終えたばかりの晴一さんですが、
「大阪城ホールは、うーん、よかったよ!
やっぱ初日ならではの緊張感。
俺たちの緊張感もあるし、やっぱ来てくれてる、ね、
みんなの緊張感っていうか、何が起こるんだろう、
何をするんだろう、っていう期待感もあるんだけど、
そんな雰囲気の中でやって。」
これはね、内容を知らないから楽しめるっていう面白さ、
あのワクワク感たまらんでぇ~、だから本当はネタバレを知りたくても、
頑張って我慢できるっていう原動力になるんですわ。
でもね、一回見ちゃうと今度、ネタバレなしでは話せない身体に
なっちゃうからね、これもまた我慢大会です(笑)

で、初日ということもあり、
かなりのダメ出し(変更点)も出たそうで、
「あのね、やってる曲目以上にダメ出しが出たね。」
「いろいろ試してみて、最終日までドンドンよくなって行く」
結構、ポルノって初日から中間地点、中間から最終日まで
セットリストもガラッと変えることよくありますからね。
何回行っても同じライブはないっていう、
面白さもあるよねぇ~。全国一緒に回りたいよねぇ~!
もうマネージャーになるしかないな(笑)

・・・恋愛の話ないん?・・・

リスナー(福岡県・ヒロロさん・16)
「晴一さんは、席替えの時、好きな人と隣りになるために
何か裏技を使ったことはありますか?
私は好きなE君の隣りの席を狙っていたのですが、クジで
教室の対角線ぐらい離れた席になってしまいました。
そしたら親友のMがE君の後ろの席を引き、誰にバレない
ようにクジを交換してくれました。
今最高です!幸せすぎて死んでもいいです。
あ、でも死んだらE君の後ろに座れないから死にません(爆)」
あう~甘酸っぱい!
何か、懐かしい感覚(笑)

「席替えあったねー!席替えねぇ・・・」
同じく懐かしい感覚?(笑)

「裏技は・・・
俺たちの席替えは・・・Mステん時ぐらいかな(笑)」
普通の人は経験できない席替えです(笑)

やっぱり、
タモリさんとアナウンサーの後ろに座る人は話を振られたりする
人気のある人が座るようになってるらしい!
で、その席はその都度スタッフから指示されるそうなんですが、
「その席に座らされた時は、ちょっとニンマリしてるけどね。
あ、俺たち映っていいんだー、とか。」
あるね、何か後ろで二人でニンマリしてる時(笑)

「やっぱ衣装がすごい人の隣りとかやじゃしねー。
真っ白いドレス着てる人とか。
別に・・・(笑)、本番中コーヒー飲んどるわけじゃないから
こぼすことはないけど、何か踏んどったらやだとか
それぐらいはあるけど。」

車の席の座り方は、
「決まっとるよ、大体。
あきっとが右で俺が左か。」
「あれ、なーんでやろね。
なーんとなくそうなってんな~。
理由がないけど決まってるね。」
まるでお笑いコンビのようです。

リスナー(八王子市・チーホ@人間失格かも?さん)
「晴一さんは何か感動した恋愛映画はありますか?
この前彼に、『タイタニックを見て泣かないやつは人じゃ
ない!』って罵られて、なかなか複雑な気持ちになりました。
この前彼と見たんですけど、泣けなかったんです。
人間失格でしょうか・・はぁ・・・」

「確かに、俺はタイタニックで泣いたほうじゃけね。
あ、泣かないんだ~、っていう」
・・・アタシも泣かなかったYO!
やっぱ人間じゃなかったんだアタシ・・・(笑)

「最近ね、朝にね、『高校教師』をやってんのよ。」
桜井幸子さんと真田さんのが東京では再放送中だそうで。
懐かしい・・・キュンキュン

「一世を風靡したやつじゃけど、
ものすごい胸キュンなやつじゃね!」
「おもしれーなーって思ってみてました、はい」

リスナー(東京都・のぞみさん・32)
「この間、掃除してたら”ときメモ”が出てきました!
私、女なのに、一生懸命主人公を口説いたりしてました。
晴一さんは恋愛シュミレーションゲームとかやったこと
ありますか?」
ときめきメモリアル、知ってる?
アタシはやったことない!若干興味はあったけど(笑)
何かね、いやアタシの印象・・・秋葉系?みたいな(笑)
いや、特に当時はよ。
あやしい系っていうか、あっちのほうかと思ってたからね、
そうそう手は出さなかったけども、
え、晴一さん、そんな趣味なさそうよね。まさかね~。

「あーるよ!」
ええー!あるですかっ!ええー!(笑)

「ときメモは、1回、やったやった!
やったことあるじゃろ?今浪くんなんて。
ドップリはまったじゃろ?」

今「やったやったドップリ(笑)」

「俺の記憶が正しければ、
俺の名前とニックネームを入れる。

名前は何ですか?って言われたら『晴一』、

ニックネームは何ですか?って言われたら、
『晴くん』とか入れるわけね。」
晴くん(笑)キャッキャッキャー(笑)

「そん時って、
フィギュアとか恋愛ゲームとかまだまだ全然
市民権を得てなかった時期じゃん。
ときメモなんて出たとき。
じゃけ、俺もすごい斜に構えてやったんよ。
何だこれー!機械を相手に、みたいなことを言って
始めたんじゃけど、
何かね、ハートかなんかが増えてくとね、
ちょっとよそよそしかった子の口調がね、
ちょっと変わったり
するのね。
ちょっと頬が赤らんだりするのね(笑)

で、あれ?とかってずっとやっとったら、
『晴く、・・・あっ、晴一くん』になるのね(笑)
そうなったら、
『やったーーーー!!!』じゃん(笑)」
間違いなくはまってたでしょ?(笑)

「恋愛シュミレーションはおもしろい!
今もあるのかなぁ?」

今「ありますよ。」

「トキめも?」

今「いろんな・・・作品出てきてるんで」
い、今浪さんそっちに詳しそう(笑)
晴一さんに変なのは教えなくていいです(笑)

「へぇ、ちょっと久しぶりにやってみようかなー」
あ~あ!

・・・ちょっと質問・・・

「今回のツアーグッズ、キミのご予算はどのぐらいですか?」

えー、そんなこと聞かれてもねぇ。
予算はあってもないようなもので、次々欲しくなるしー!
困ります。
そんなストレートに商売たたみ掛けられると困ります(笑)

「普通に読んでみたけど、
ものすごいテレフォンショッキングみたいな、
チョッピングみたいな(笑)」
テレフォンショッキングは「いいとも!」だし、
それを言うなら、
チョッピングじゃないくてショッピングだぞっ、
晴く・・・あっ、晴一くん!(笑)

・・・スキデス・ノート・・・

メールを読まれた人は10日以内に告白しないといけないぞ!
ドキドキ!

リスナー(千葉県・あーさん・高3)
「去年の秋、文化祭をきっかけに好きになりました。
メールや電話はしているのですが、恋愛には興味なさそうで
学校で会うとすごく不機嫌なんです。
でも彼に会うのも卒業式で最後になってしまうので
晴一さんに背中を押してもらえると幸いです。」

「強制執行だから」
「本人は恋愛に興味なさそう?そんなやつおるかい!」
だそうです(笑)

リスナー(千葉県・ミナミさん・高3) 
あ、岐阜ではないね(笑)ま、高3でもないし(笑)
「去年同じクラスだった人を好きでいます。
クラス替えの時、
彼女と別れたのを知って告白しました。が、
『俺、最近別れたじゃん。だから誰とも付き合う気ないんだ』
とフラれました。でも3年生になっても好きな気持ちは
変わりません。彼とはたまにメールをする程度。
でも嬉しいことに去年の誕生日にプレゼントをもらいました。
彼の気持ちが全然分かりません。
もう一度彼に告白する勇気をください。」

「いけそうな気がするね、これね。」
いけそうな気がするぅ~!
って、今浪さんと発想がかぶっちまった。チッ!(笑)

リスナー(さくらんぼさん・15)
「私には同い年で1年半付き合っている彼氏がいます。
でも一つ下で気になる子がいます。
最初はかわいい弟のように思っていたけど、
いつの間にか好きになっていました。
今の彼氏とちゃんと別れてその彼に告白したいなあと
思っています。
晴一さん、私の背中を押してください。」

「いや、まずは別れろ、じゃ。そっからだよねー。」
ケ・ジ・メ!
ケジメなさい、アナタ~♪
分からないでしょう、この歌(笑)うふっ

「(高校教師の主題歌)衝撃的な曲でしたね・・」

♪森田童子『僕たちの失敗』
はぁ~るのこもれびの・・・なかで・・・
きみのぉ・・・やさ・・しさに・・・

・・・ちょっとここでメール・・・

リスナー(目黒区・オクミさん)
「今日はちょっと感謝の気持ちをメールです。
実は今年の5月に結婚が決まりました。
その前の辛い失恋を乗り越えて結婚できることになりました。
2001年の秋に前の彼と別れました。
彼がアメリカで、遠距離だったのですが、2年ぶりに帰国する
彼を空港に迎えに行って、帰りの車の中で別れ話に。
そのままフラられました。
遠距離でずっと待っていた自分がかわいそうで、
情けなくてすごく引きずりました。
あの頃、
ポルノグラフィティの『アゲハ蝶』がすごくヒットしていました。
私も毎日車の中で聞いていました。
そのカップリングの『別れ話をしよう』が、
すごく自分と重なった気がしました。
今でもあの曲を聞くと、空港からの気まずい
帰り道のことを思い出します。
こんな私ですが、今の大好きな人との結婚が決まって、
今では『黄昏ロマンス』が一番好きな曲になっています。
ポルノの曲が私の支えになっています。
これからも頑張ってください。」

「なるほど・・・」
このオクミさんのメールを受けてこんなテーマのメール募集。

「キミの~ポトグラフぅ~!」(エコー)
「こういう恥ずかしい言葉を、俺に言わせるなんて~(苦笑)
サドぉ?!」
ダジャレ照れちゃったのぉ?ププ(笑)

で、”ポトグラフ”とは何ですか?
ポルノとフォトグラフをかけたそうで・・・
「ポルノの曲で思い出す景色やシーンを紹介していきます。」

・・・もっと面白い話ないん?・・・

リスナー(千葉県・アスカさん・33)
「私は晴一さんと同世代です。
社に入社して今年で11年。段々後輩ができてきて、
後輩を指導することが増えてきました。
私が悩んでいるのは怒り方です。
怒らないと伝わらないこともあるし、
でも怒るとこちらも嫌な気分になるし。
晴一さんは怒るのは上手ですか?」

「怒り方ねぇ~、ねぇ~」
怒る・・・ってよりは、”叱る”よね、指導だとしたら。
怒るってのは感情的なことですから。

アミューズにも晴一さんの同世代の、見た目かわいらしい
女性がいるそうなんですが、
「みんなが見てもかわいいなっていう子なんよね。
それがやっぱ10年経つとねー、
キャハハハって笑ってた子が、
ホンマ部下にめっちゃくちゃ怒りよるみるとー、
あー、変わったな!って思うよね(笑)」
キャハハハハ~(あー耳が痛い・笑)

・・・エンディング・・・

今日は恋バナ、リスナーメールてんこ盛りでしたね。

「まだまだツアー、始まったばっかりですね、これ」
今週末27、28日は広島へ!
行ってらっさい!

| | コメント (13)

2/10、プロテインを愛飲中の昭仁さん&誕生日福山さんから愛のムチ

2/10(火)、昭仁さんのオールナイトニッポン!
2/5、大阪城ホールからスタートした10thライブサーキット、
ロイヤルストレートフラッシュ!
リアルな昭仁さんの声が聞けましたよ。
ではではいつものように、

レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!


・・・オープニング・・・

「コンポルノ!
ポルノグラフィティの岡野昭仁なんですけども、
番組しょっぱなから、悪いんですけども・・・
めっちゃ今日身体がだるいんですぅ~(苦笑)」
あらあら、さっそくどうしました?

「というのは~、ちょっ寝すぎてぇ~」
ほうほう。

リハーサルから本番までずっと立て込んでいたけれども、
そこでちょっと時間ができてゆっくりしていたんですが、
「ちょっと、何か、喉が痛いぞ~ってなってきて」
あらら!

「ツアー中ってこともあるけ、特に身体のことに関しては
神経質になっとるからー、絶対風邪なんかひきたく
ないじゃん」
「普段は薬とかほとんど飲まない人なんです、嫌だから。」
「こりゃあちょっと背に腹はかえられんということで、
ちょっと飲んでやったんです。
それがー、ものすごく効いてですね。」
「アタクシ何時間寝とるんでしょうねぇ(苦笑)
じゅう・・・16時間ぐらい寝とんか?」
「何のことはない、風邪なんか全くひいてませんし、
もしかしたらその薬が治してくれたのかもしれません。
ただ、今寝すぎたという、
16時間長い間、同じ体勢で寝とったっていう
身体の形状を覚えていたっていう、けだるさ」
あ、よかったです。
16時間も寝れたっていうのは・・・薬を飲んだとはいえ、
やっぱ風邪っぴきの初症状って感じですもんね(苦笑)
いや、大事に至らず本当よかったです!


さてさて、
10thライブサーキット、ロイヤルストレートフラッシュ
(長いので 略して 『ロイスー』!)
が開幕!!!
リスナーからのメールなども紹介。

リスナー(大阪府・ビックリキョンキョンさん・高2)
「初日、大阪城ホール参戦しました。
今回が初参戦だったんですが、すごく楽しめました。
やはりライブは最高です!これからも頑張ってください。」

「あの、ライブの中でもですね、
『初めて来た人?』って聞くとですね、
やっぱりこのアリーナクラス。
普段よりも初めて参加する人も手に取りやすいってことで
多いですね、今回ね。」

リスナー(兵庫県・ピヨさん・17)
「大阪城ホール2日目に参戦しました。
大阪城公園を通ってホールに行くとき、
ポルノはここから始まったんだなぁ、と思ったりしました。
ライブはとても最高でした。
昭仁さんも晴一さんもとても楽しそうにしていたので
こっちも嬉しくなりました。
今回のロイスーでポルノパワーを満タンにしてきました。」

リスナー(奈良県・ゆいさん)
「大阪城ホール参戦してきました。めちゃ楽しかったです。
まさか、あの曲をやってくれるとはー!!
足のほうは大丈夫ですか?
まだまだ続きますが頑張ってください。」

「僕もその大阪城ホールをやるときの前にね、
ランニングをしまして、ま、その大阪城公園駅から、
大阪城ホールに向かうそういうところで
昔、シロテンという
ライブをやっていたので、
それを思い出しながら走りましたね。」

原点ですね。
鮭が大きくなって川に戻ってきたって感じで。
アタシも大阪に住んでいた頃は、
大阪城公園によーく行きました。
うん、あそこでライブしてたのか~。
そう考えると、近く感じる。すごいなぁ。

「足のほうは大丈夫でしたよ。」
年始にサッカーで痛めた足首治ったようですね。

そんなロイスーですが、
「あのー、体力いるで~、ホンマ。
今回のツアーは。
やってるほうも、見てるほうもいると思います。
そのへんの体力作りしっかりしてきてもらいたいな
というのが思いますね。」
体・力・作・り!
参戦者の声を聞くと、ライブが相当パワフルみたいですもんね!
うん、夢のようなことになっちゃってるんでしょ?(笑)
2日連続参戦したいぐさん、大丈夫だったかな?
アタシと年齢的に近いだろうし、
2日続けて参戦っていう共通点あるし。
1日目終了後、足痛いって言ってたな・・・
うん、足腰、鍛えときます!(笑)


さてさて話は自転車の話題に。

「姉ちゃんから電話かかってきて。」
因島に住む2番目のお姉さんからの電話。
お姉さんの旦那さん、
つまり義理の兄から何か伝えたいことがあると・・・

「俺そんなん、電話で何かしゃべったことないけー、
なんじゃろ?!と思ったら~、
『お前、自転車始めたらしいじゃないか?』」
実は義兄もトライアスロンのようなこともやっていて
自転車に乗っているので、

「『自転車仲間、なんぼでもおるけぇ、
しまなみ海道、乗りに行こうや~』っつって」
というお誘いだったそう。

「そういうつながりができたということで、
いいですね、自転車も」
しまなみ海道、自転車で走ったら気持ちよさそうですね。
何か、趣味って感じに広がりつつありますね、自転車。


前回、おしりが痛くならないようなパッドの入った
アンダーショーツのお話したの覚えてます?
それの続きの話です。クフフ
ちなみにその回のレポはこちらです。
「フリートーク」のあたりですよ。忘れた方は見てね。
『1/27、決め手はアンダーショーツ!
自転車快適ライフを送る昭仁さん』
http://popopo-pornogirl.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/127-4b81.html

「あのー、ホンマに履いてみたら岡野昭仁、
7割がた股間が透けてますよっていう(笑)
ふふふ、そんな状態になるので、
パンツの上にそれを履いていたんですよ。
お尻が痛くならないように。」
スケスケ・・・
7割がた・・・
相当見えてますね(笑)

前回、パンツの上からアンダーショーツを履くと逆効果だと。
履くなら正式な方法(直に着用)が効果的だとリスナーに指摘され、
「やりましたよ。
確かにー、中にパンツを履くよりは全然お尻の痛さは
軽減されます。履いちゃいけなかったなぁと思いますけど、
あのー、やっぱり7割透けてる・・・(笑)
もうね、ホントにねぇ、写メで見してあげたいんじゃけど(笑)
自分の股間が見たことない状態!(笑)
ビックリするよー、いつかやってみいよ!
ホンマにすごい状態になる!!(笑)
なんじゃろなぁ~!
あの、アリの巣あるじゃん・・アリの巣の断面にしたいな
あるでしょ、そういう?(笑)」
そんな露わな姿、写メで公開しないでください(笑)
大事に心にしまっておいてください(笑)
アリの巣の断面って!
今後、昭仁さんが股間パフォしたら、
アリの巣の断面、思い出しそうです、どーしよー!(笑)

「こう、全部は見せて、奥もあるんじゃけど、
全部は見せてないんじゃけどー、
これなら全部見せたほうがいいわーっていう
いうぐらい恥ずかしい状況ですよ。」
じゃその上にパンツを履くってのはどうです?(笑)
間違ってもその姿、公衆浴場とかサウナとか公の場では
脱げないですね。気をつけて!(笑)


・・・タイトルコール・・・

「ポルノグラフィティ岡野昭仁のオールナイトニッポン!」

こんなメールが届いております。

リスナー(さいたま市・かおるさん)
「先週福山さんの魂のラジオ、聞きました。
昭仁さんのコメントに福山さんが『嘘っぽい』って言ってましたよ。
しかも昭仁さんがしゃべっている最中、ずっと笑ってましたし。
本当に昭仁さんのこと好きなんですね。愛を感じます。」

「ホンマかこれ!?
愛を感じるか?これ笑っとって、ずっと!」

リスナー(山梨県・みさきさん・16)
「福山さん、『コンポルノ!』って聞いた後に、
『”コンバンバス!”でしょ?』って言ったり、コメントを
聞き終わった後に、
『昭仁ってさぁ、何で嘘っぽく聞こえるんだろうねー』とか、
荘口さんは、
『あんまり知らない人の結婚式のビデオを頼まれたぐらいの
雰囲気ですよねー』って言ってました。
あと火曜日に移動してから、福山さんがいないので
のびのびやっているということを聞いたら、
『俺、何かしたぁ?!』ってちょっと怒ってました。
でも最後には、
『ポルノの二人は頑張ってる。
ちゃんとスタッフと話合って、スタッフの気持ちも汲んで
トライしてるんだよね。』
って言ってましたよ。」


2月6日福山さんが40歳になったということで、
お祝いコメントを魂ラジに出したという経緯だったみたい。
でも、なんやかんや言うても、福山さん、最後には優しい
言葉でまとめてくださってるじゃないですか!(笑)

実は昭仁さん昔から「言うことが嘘っぽい」「気のない返事をする」
といろいろな人に言われてきたそうで・・・
「とっても分かります!」
「気持ちは嘘じゃないんですよ!
もちろんめでたいんですけどもー、福山さんに対する、
コンプレックスですかね!
ラジオの国の国王。
やっぱしゃべりに関してー、やっぱすごいものがあるのでー。」
「その緊張感がしゃべってる最中でも、
俺はこれは意味をわかりやすく伝えられてるんだろうか
っていう
ことを考えたり、
本当のことを俺は言ってるんだろうかっていうことを、

考えながらしゃべってるからー、福山さんぐらいになると
見破ってしまうんですね(笑)」
心の中、「対 自分」で葛藤していたのが、
福山さんに見破られてしまったんだ・・・(苦笑)

と、痛いところを責められつつも、昭仁さんも対抗。

「2月6日の当日にお昼の12時に、
『誕生日おめでとうございます!』っつって短い文章ですよ。
魂のラジオにコメントするってバレたくなかったから、
一応サプライズ的にやるけえね。
メールはそのぐらいにとどめて、打ったらね、
返ってきやがらんで、ホンマ!あの人!
『おう、ありがとう』ぐらいねー、
返してくれてもいいのに!
後輩としてはすごい気になるんだ!」
反撃のアキちゃん。逆ギレじゃ(笑)

「のびのびやってるのは、のびのびやってますよ!
はい!」
開き直ったその態度が~♪

「福山さんは何もやってないですけど、
僕の勝手な福山さんに対するコンプレックスが
なくなったのでー、のびのびやってるんですからー!」
気に入らないのよ~♪(笑)
ってことになるよ、また(笑)


今回の曲テーマは『恋がしたくなる曲』
ということで、

♪『ROLL』
前回のカフェイレでも流れたね。


・・・フリートーク・・・

身体を鍛えているお話。
いつもよりもより本格的にトレーニングしているそうで。
プロテインも飲み始めちゃってるとかで。

プロテイン・・・
カタカナ出てきたよ。
プロテインにあまり馴染みのない方にも分かるように
説明付けておきますね。スポーツをする人にはお馴染み。
プロテインとは、”タンパク質”のことで栄養補助食品です。
タンパク質だけを摂ることによって余計な脂肪を摂らず
にすみ、プロテイン+運動によって筋肉を効率よくつける
ことができるんだよ。でも栄養食品に頼っていても
筋肉にはならず、それに見合った運動量も必要だよ。
逆に摂りすぎると太っちゃったりするよ。
摂り方には気をつけようね!(by 経験者・笑)

プロテインというと、
味はおいしくないというイメージですが・・・

「俺もう、たまらないぐらいうまいのよ、それが」
牛乳で割ると「お腹ゆるゆる」になってしまうそうなので
豆乳で割ったところ昭仁さん好みだそうで。

「今ね、プロテインが飲みたくてたまらないぐらいの
あいいん、愛飲食?愛飲食とは言わんか、
愛飲するものとなってしまいましてー、
今日もね、トレーナーの子に(言った)
朝、バナナとプロテイン食ってね
さっきも一杯飲んだとこで。
『いいですねー、まーた筋肉つきますねー!』
『いいですねー、いっぱい飲んですばらしいです!』
みたいに、段々変な会話になってきて。
筋肉トークになってきてですね」
ガブ飲みプロテイン・・・ドキドキ

「僕のビューティフルマッスルがね、
お見せするときがいつか来るんじゃないかというね」
マッスル昭仁・・・ドキドキ
ムキムキグラフィティ・・・近々もしかして?ドキドキ
またあのビタスイライブの時のよに、マッスル的な
プロレスラー的な感じになっちゃったら・・・
うん、はっきり言っておこう、いやっ!(苦笑)
ムキムキすぎるのはいやです。
はい、これ完全に個人的な好みですけど(笑)
昭仁さん、鍛えてらっしゃるのは大変すばらしいこと
なのですが、ほどほどにお願いしますね。

今回のトレーニングの目標は 『維持』だそうです。
プロ意識全開ですね。かっこいいです。
細く長く、頑張ってください。
でも頑張りすぎないでくださいね、ムキムキの方向には(笑)

来週はみんな大好き!
aikoちゃんが来ます~。
ポルノと、とーってもご縁のある彼女。
デビューも一緒だしー、大阪時代も一緒だったし、
テレビ出演もよーく一緒になったりしますよね。
アタクシ、僭越ながら、
飲み会でaikoちゃんに似ていると言われたことあります。
ええ、 キャラがっ!(笑)
ノリとかね(笑) お酒が入ると?(笑) 
ちょっとおせっかいなとことか?(笑)
そんなわけで個人的にも大好きなaikoちゃんですが、
とーっても楽しみですね!


・・・メールテーマ『わたし、甘かったです!』・・・

バレンタインデーは甘~いけど、
世の中そんなに甘かねぇ!ってことで、このテーマ。

リスナー(富山県・カズカズさん・16)
「バナナダイエットって、バナナを食べた後、
15分後には何を食べてもいいと聞いていたので、
普通に食べていたら太りました。」

「な~(ため息)
世の中のダイエット、大体うたい文句はそうですよね。
そんなことはないんですけどね。
絶対なんか運動した上に、それを食べて代謝の量がよく
なりましたっていうのがダイエットになるはずなんですよ。」
さすがプロテイン・アキヒト(笑)

♪Dreams Come True『未来予想図Ⅱ』


・・・ファンタジスタおかのん・・・

リスナー(神奈川県・マリコさん・15)
「庭で下を向いて動かないので、
『どうしたの?』と聞いてみたところ、
『鼻水がもう少しで地面に着くんだよ』と
長い鼻水をたらしていた私のおじいちゃん」

「はぁ~・・・なんでしょうねこれ・・・
大地との戯(たわむ)れ・・・」
大地。
壮大なスペクタクルでお送りしております(笑)



リスナー(愛知県・ゆかりさん・17)
「『アッキーナには毎晩お世話になっています』と
堂々とカミングアウトしたうちの弟」

「ははははははー(笑)
アホだね。グフっ」
ずいぶんオープンなご家庭で・・・(笑)


・・・メールテーマ・・・

リスナー(大阪府・コロコロPKさん・19)
「あんなに甘い匂いなんだから、きっと・・・
と思ってバニラエッセンスを舐めてみたら
苦かったです。」

「バニライッセンス(噛)・・バニラエッセンス、って
そんなに苦いの?
バニラの葉って・・・苦いもんね。
じゃない?そういうこと?」
それって、ミントの葉?・・・じゃないの、昭仁さん(笑)


・・・記憶の壁!昭仁、1問目への挑戦!・・・

現役学生さんにとっても、
頭がカッチンカッチンになっとる大人にも、
とーっても役に立つこのコーナー!
みんなも一緒に、考えよー!

リスナー(杉並区・マイコさん)からの第1問目。
高校2年生 2学期中間テスト 政治経済
「ある感染症や伝染病が世界的に流行する用語
を答えなさい。」

「え?どういう意味?」
「エルニーニョ(笑)
ウソ・・・ボケただけだってー(笑)」
こういうボケがボケに聞こえず、なぜか本気で
答えたっぽく聞こえるのが昭仁さんの特徴(笑)

「ブーム?」
何の?(笑)お笑いブーム?ブップー!

「ラニーニャ?」
さっきのエルニーニョは実は本気だったんじゃ?(笑)
ブップーだよ!

時間切れです・・・

答えは 「パンデミック」 でした。

「パンデミック?
パンデミックっていうのがそうなんですか?
知らなんだ。」
プロテインもいいけど、毎日、新聞を読もう!(笑)


リスナー(葛飾区・ミスコさん)から第2問目。
中学1年生 2学期期末テスト 理科
「ドライアイスは何と気体が固体になったものでしょう。」

「俺、これ分かるんじゃないの?!
えっとねー、液体窒素!」
液体、って言ってる時点でブップーだよ(笑)

「気体が・・・気体。
父の”期待”!しょうもな!(笑)」
本気でボケてどうする。

「何でしょうか・・・分かりません」

答えは 「二酸化炭素」 でした。

「ああ、そうなんじゃ。ドライアイスってそうなん?」
っていうか、
昭仁さんいつもライブの演出でお世話になってるし、
ドライアイス!
ドライアイスに申し訳ないよ~。


リスナー(福井県・りょうじさん)から第3問目。
中学2年生 中間テスト 英語
「5W1Hをすべて英語で答えなさい。」

「5W1H?はぁ?!」
「5ウィーク、1アワー?」
ブップー!

「あー!分かった分かった!
where!でしょ?
when! whyはどうなの?what!
あともういっこweather!
違うなーなんで天気が出てくんだー(笑)」
whetherって言いたかったんでしょ(笑)

「who!」
ピンポーン!

「how!」
ピンポーン!

「ほううう!オッシャー!!」
ああ、良かった・・・(苦笑)

答えは「what, when, where, who, why , how」です。


リスナー(岐阜県・メール大臣)
中学3年生 期末テスト 国語
「『食べる』を尊敬語にしなさい。」

「食べなさる!ははは(笑)」
ブップー!

「食べていらっしゃる(笑)」
「召される」
「召す」
「メッシ」
「メッソ」
「メッシー・・ボージャンクルキッチ!」
そういうのいいから早く!(笑)
ボナペティ(イタリア語)を日本語にしてごらん!
ほらよく使うでしょ。料理番組でも、最後にさ。

「めしそ。
全然分からん!なんなん?!」

答えは 「召し上がる」 です。

「なんじゃー!」
逆ギレ?

ちなみに「食べる」の謙譲語は「いただく」です。


リスナー(板橋区・ケンゴさん)から最後の問題。
高校1年生 保健体育
「かつて横断歩道には横線の端に縦線が2本ありました。
しかし1992年に縦線が廃止され、最近は横線だけです。
縦線を廃止したことには理由があるのですが、
さてその理由とは何でしょうか?

「は?
何を言うてるの、この問題?」
まず問題を理解しますか(笑)
縦線って廃止されたなんて知らなかった!

「塗料がもったいないから!」
ブップー!

ヒントがきました。天気に関係がある。
なるほどー!分かったぞ。
「水が溜まってしまうけ?」
ピンポーン!

答えは、
「縦線があると横断歩道に水が溜まり
車がスリップしやすかったから。」 でした。


「今日はすごい勉強になる問題だったんじゃないの?」
うん、知ってほしい感じの問題ばっかりだったけどね・・・

♪福山雅治『milk tea』


・・・メールテーマ・・・

リスナー(アユサさん・15)
「東京に行けば絶対芸能人に会えると思い、
修学旅行で色紙を何枚も持っていきましたが、
誰にも会いませんでした。」

「(自分も)東京には誇大妄想してましたね。」

リスナー(鹿児島県・マイさん)
「ゲームのマリオカートがとても得意です。
自動車学校もその感覚で行ったら、
当たり前ですが、すごく難しかったです。」

「十字キーはないでしょ!
自動車についてないでしょ!」


♪いきものがかり『コイスルオトメ』


・・・なんじゃろな!・・・

リスナー(福岡県・マイさん・15)
「近所の八百屋のおじさんが、
『れんこん、絶好調!』と
小声で、言っていました。どういう意味なんでしょう?」

「はははは(笑)小声じゃったんじゃね(笑)」
「いわゆる、リハでしょ?(笑)」
なるほど、練習だったのかー!
はい、次(笑)


「なんですか、このコーナー?一体(笑)」
まさに、なんじゃろなー!(笑)


・・・ポルノグラフィティに関する情報・・・


・10thライブ!

「これぐらいなんですね、情報が!」
ライブに専念してますね!
体力つけていっちょ行っときますか~きゃいきゃい

♪『ラビュー・ラビュー』
どこか陰のある女スパイでぇ~♪
あれ、ナツキ☆スパイどこへ行った?
ベーリング海あたりへ遠征お仕事中ですか?
気をつけて。早く戻ってきてくださいね☆^3^)


・・・アキヒトグラフィティ・・・


♪Radiohead  『2+2=5』

ライブを見て心を奪われたそうです。

いつも昭仁さんが紹介してくれる曲を聞くと、
何らかの影響をやっぱり受けてるなと思ってみたり。
いろいろアンテナを広げるってのは大事だなと思ってみたり。


・・・エンディング・・・


オープニングでだるかったのは大丈夫ですか?

「けだるさはね、不思議なもんでマシになりましたよ。
あんなねーだるい状態で生放送2時間やってしまうとー、
事故になりますんでー!」
ニヤリ!
もうタイムリーなお話ですけど、風邪薬と眠気(笑)
これ昭仁さんの放送が2月10日でしょ、
今問題になっているある大臣の問題記者会見は14日
だったかな。これ、普通は風邪薬飲んだからって
あんなに酩酊しないちゅうこうとよね(笑)

リスナー(長崎県・リー・E・Wさん)からこんなメール。
「昭仁さんは最初身体がだるいと言われていましたが、
いつもと変わりない感じでさすがに、
プロだなぁと思いました。」

「そうですよ。これでお金もらっとんだから!
やっぱねーその辺はしっかり。
これで飯食っとんだじゃからね。
ちゃんとやらないけん!みたいなのありますけど」
そうですよ!昭仁さん、さすがですよ!
それ、あの問題(元)大臣にぶちかましてもらいたいわー!


次回はaikoちゃんが登場!
「唯一、パッと番組でお会いしてパッとしゃべれるのは
aikoちゃんぐらいなんで。」

そんなaikoちゃんとのトーク楽しみです。
ではバイバイバース!

| | コメント (12)

2/9、酸素カプセルでリフレッシュ、でもうっかりアレを忘れていた晴一さん

2/9(月)、晴一さんのカフェイン11。
10thライブサーキット、ロイヤルストレートフラッシュが開演!
これから5月まで走り抜けるポルノグラフィティ~。
そんなスタートホヤホヤ晴一さん、元気ですかー?
ではではいつものように
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

ちょっと待ったー!
今日はあのナツキさんが何とカフェイレデビューした
回なのです!!待望のラジオデビュー!やりました!!
とうとう、「メールなかなか読まれない人」からご卒業。
そらちゃん、Mioちゃん、アヤちゃん、なっちゃん、
そしてナツキさん・・・(以上、卒業生)
はう!取り残されてしもた・・・(泣)
・・・っていうかそれ以前にそんなにメール送ってないし!(笑)

・・・オープニング・・・

「はい・・・ハァ、収録前に・・・ハァ、
駆け足で、ジム行って、ハァ
ジム行ってから一時間もするのにまだ息切れが止まらない
ハルイチなんですけどもー・・・ハァ」
ハァ、ハァ、言ってるからちょっとドッキリ(笑)
ジム行ってきたんですか~。ご苦労さまです。えらいですね~
昭仁さんはプロテインを飲み始めたと聞きましたが、
晴一さんももしかして・・・?
二人でムキムキになりすぎないでくださいね。ほどほどで(笑)
ムキムキグラフィティ・・・いやじゃ(笑)

「今週はバレンタインも待っている月曜の深夜。
キミの予定はどうなってますかー?」
そらちゃん、いぐさんは、
ポルノとウッハウハな週末を送ることでしょう。くー!
(で、実際ウッハウハだったんでしょー!く~~~!!)
学生の皆さんは、金曜日がチャンスだったってやつ?
アタチはダーリンのために(そして自分のために・笑)
ココ・ショコラというチョコチップが入ったコロコロしたパンを
愛情たっぷり
コネコネ~。おいしくできちゃいました~
いーっぱい作ったからみんなにもお裾分けしたい気分♪
そうね、取りに来てね(笑)

逆チョコ、晴一さんも気になったみたいで、
「なんかーさー、これも企業のにおいせん?
あの、恵方巻きも」
におうにおう。
消費者は、”踊り踊らされてカーニバル♪”(古っ!笑)

「逆チョコでもええんだけどさ、
それがチョコレートに限定されて、さらに
チョコレートのパッケージが逆に印刷されて、
男が西洋みたい(に告白する)なのが、
何か鼻にかかるなぁと。
何でワシこんなに逆チョコ反対しとるんじゃろ(笑)」
今年から出現の『逆チョコ』、もらった人・・・
いたら挙手!ワクワク

・・・フリートーク・・・

「今週末は静岡エコパアリーナでのライブ。」
いよいよですね~。
大丈夫ですか、捻挫流行中、
東海組のそらちゃん、いぐさーん。どうぞ楽しんできちゃって!
ラジオの時間ではまだ大阪城ホール前の晴一さんですが。

「別にめちゃくちゃ太ったとかさ~あ、
そういうことじゃないけど。

ま、体力づくり。
やっぱライブ前にはしっかり動けるように

体力づくり行こうかなと思って。」

「何もせんと、身体って緩むんよね。」
「服買いに行って試着したときに気づく。
何かねー、バッチリ決まらんの!どの服も」
「それが、バッチリ決まらんなると、
お買い物が楽しくないのよね。」
”お買い物が楽しくないのよね”って、
まるで主婦(笑)カワイイ

あ、もとい。
試着かー。最近してないな・・・ドキッ!

「Tシャツすっと着るとね、風呂上りにね
お、やっぱ決まるな、ってことになってくるけぇ、
やっぱねー、緩みはいけんね。」
だれだ!?ゆるんどる!!
晴一さんの風呂上り想像してお顔がゆるんどる!(笑)
アタシだ

今回はジム通いをスタートさせるのが遅く、
筋肉痛の状態でライブを迎えることになりそうだったそう。
そこで、以前、
筋肉痛によいと聞いていた「酸素カプセル」を試したようです。

「酸素カプセルって圧をかけるのね。
飛行機の中と同じくらいの圧をかける。
じゃけ、耳がキーンとして。そのためにはね、
しっかり閉めんといけんの。
・・・ときに、『あっ!』って。
俺、閉所恐怖症だったって。
はっはっはー!(笑)」

今浪さん「直前でぇー?」

「入った瞬間に怖くて~」
「ギューっと目ぇつむって、
ピンポーンってなるリモコン
みたいなん
ずーっと手に持って。」

これ、どーっかで同じような話聞いたね。
あーー!あれだ!
ANNで昭仁さんがMRIに入ってすぐブーッとブザーを
押しちゃった話に酷似(笑)
こういう共通点、
本人らにとっては不本意かもしれないけど、
ファンにとっては何か微笑ましいというか、ホント似たもの
同士でやってるなーと嬉しくなったり(笑)

ANN記事、こちらですぞ。よかったら復習してみてね♪
『9/27、後頭部に激痛…大丈夫なの昭仁さん?!&ベスト盤新曲、W初オンエア』
http://popopo-pornogirl.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/927-ac31.html

で、晴一さんの話に戻って、
酸素カプセルにipodを持って入ったそうなんです。
で、怖くて目を開けられないから手探りで探して
音楽を聞こうとしたところ・・・

「頭のほうにあるはずのipodを、手探りで。
そんならね、
左手に持ってるピンポン、ピンポーンって

押してしもうてー!
『大丈夫ですかぁ?!』って言われて、
『あ、今の間違い!』って。」
「それだけ頑張ってね、20分じゃったね。」

今「え?途中で結局?」

「『助けてーっ!!』つったね!(笑)」

「助けてー!」って(笑)お兄さん、まぁ恥ずかしげもなく(笑)
モダンイーグル持ってかっちょよく演奏してる晴一さんと
酸素カプセルでもがくハルちゃんとのギャップ、
かなりあり(笑)

そして、女はギャップに弱い(笑)
うーん、さすがよくわかってるな!

♪『ROLL』
酸素カプセルの中ではROLLできません、
我慢してね(笑)


・・・ちょっと質問・・・

「キミは仕事がどんな状況になると、
リフレッシュしたいと思うようになりますか?」

「・・・ねえなー。
ツアーが終わった後ぐらいじゃろうね、長い。」

・・・ややマイノリティリポート・・・

晴一さんはツアー中でもゴルフに行くので、
いつでもリフレッシュ状態ってことですか。ほほう。
今回のテーマは、
「プロじゃないのにゴルフでアベレージ80を切ってる人」。
さ、ナツキさん、読まれますよ。

「これちょっとすごいことよ。
アベレージ80を切る。
70台ってのはちょっとすごいことよ。」

今回、メール結構来たそうです。

リスナー(神奈川県・トモミさん・22)
「ゴルフのアベレージが80を切ったことがある人は
私の父です。
会社のコンペやお付き合いでは
ほとんど80を切っています。
最高スコアは72らしいです。
最近腕が落ちたと言っていますが、
確かに家にはトロフィーがたくさんありました。
晴一さん、72というスコアはすごいんでしょうか。
是非、うちの父目標に頑張ってください。」

「いやいやいや・・すごいよ。
72、イーブンパーやけね。
これはもう、夢だよね。」

ここからは
晴一さんが読まれるようにそのままレポート!

ナツキ、佐賀県
「ゴルフで80を切ることが、
すごいことだとは知りませんでした。

というのは私ではなくうちの父の話です。
子供心に覚えているのが、
ちょうどホールインワン保険の
切れ目に、
ホールインワンを出してしまい、
多大な出費を
しないといけないと母が困った顔を
していたことです。

ホールインワンを出してしまうと、
多く方をお招きして
宴を持たなければならないとかで、
子供ながらに不思議に
思っていました。
またテレビでゴルフ番組をやっていると

いつも見ていたので、
私はチャンネルを変えることができずに
辛かったです。」

「そうね、ホールインワンをすると、
まぁ、これも、遊びというか余裕というかなんじゃけど、
まぁ、あの、こう、人にもてなさんといけんのかね。
何か、ワシは、昔の人はテレホンカード配ったりだとか、
ま、何かようやりよったね。
じゃけ、ホールインワン、ゴルフ保険の中には、
ホールインワンっていうのは付いとったね。
付いてることが多い。
俺もかけてんだけどねー。」

今「ホールインワン保険?」

「まぁ、オプションで付いてんの大体。
使ったことないねー。」

今「(笑)。
  いちばーん近くてどんぐらい行きました?」

「一番近くて?ショートホールじゃけ、
パースリーっていう、短いとこで、
一回でホントは乗るとこに

何回乗ったことあるかな?って感じじゃないかな?
できんの、だって!
すーぐそこなんよ!
投げても届きそうなとこにあるのに、
いかんね~・・・。

(メール、)でも父ちゃんばっかで、
自分ってのはおらんのか?」

以上、ここまでがナツッキさんメールの全貌でした!
お父さんすごいですね。マイノリティのお一人ですよ。
ナツキさんたら晴一さんとリンクしてしまいましたね、
くー!

構成作家今浪さんの目に留まった、まさに
ホールインワン☆メールでしたっ!
(う、うまい?自分・笑)

そんな晴一さんとリンクしちゃったナツキさんの心境は
こちらです。
(リンク一応、確認したけど、いいんですよね?
ね、ナツキさん?)

http://nakky77.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-2831.html

リスナー(宮城県・よつばさん)
「祖父は調子がいい時で、68。
叔母は調子がいい時で、76。」

「76!68!おかしくね?」
メールによるとコツはひたすら練習だそうです。
うん、やっぱり練習か!!努力に近道なし!
でもゴルフもいいけど、家族サービスも忘れずに!
あ、
日本全国のお父さんゴルファーに向けて、ですよ(笑)

・・・ちょっと質問・・・

「少しずつ3年生の卒業の時期が近づいています。
やっぱ今の子も卒業までに
告白したいって思うんですか?」

「そらそうやろ!
クリスマスと卒業の時期は、
告白の確変の時期やろ!」

パチンコ的な例え、大人って、大人って・・・(苦笑)

「俺は告白されんかったね・・・
昭仁は・・・
昭仁は、ね、アイツは、
嘘もつかない、いい男なんよ!全然!
見栄をはるほうでもないし!
いい男なんじゃけどー、卒業式に、
俺のボタンは全部なくなった、っていうしょーもない
嘘だけつくんよ!」

今「はっはっはっはー(笑)」

「あれ、なんであの嘘だけつくんじゃろ?(笑)」

男のロマン・・・?ですかね(笑)
武勇伝・・・自ら捻出したみたいな?捏造?(笑)
卒業式、
ボタンもぎ取られる予定はしてたんだけど、みたいな。
今だったらね~、むしりとられるはずですけどね(笑)

・・・晴一の辞書・・・

リスナー(船橋市・ミクさん・21)からのお題。
「『手料理とは・・・』
彼氏にホワイトシチューを作ってあげたところ、
とても喜んで食べてくれました。」
とのこと。
新婚の晴一さん、リアルな言葉でさぁ、どうぞ(笑)
ちょびぐろさんは耳を塞いでおいたほうがいいかも・・・。

晴一さんの言葉は・・・
『手料理とは、全部ごちそうである』ある・・ある・・・
(何かいつもよりエコーめっちゃかかっとる・笑)

デデーン!
はい、もうこれに尽きますね。
ごち、ごちそうさま、ごちっ!(笑)

「例えばさ、家で揚げたてのから揚げがでてきたら
おいしいじゃん!」
「手料理したらね、だいったい、ごちそうなんよ」
はい、ごち、ごちそうさま、ごちっ!(笑)

「今、一番の晴一レシピは?」
というお題を今浪さんから問いかけられたようです。

「なんだろなー・・・えー・・・っと」
「ポタージュ作り。
すごく簡単なんよ!
茹でてミキサーして、生クリームと牛乳と塩、こしょう
で作るだけじゃろ?まぁ、コンソメもいるけど。
じゃ、全部できる!
ブロッコリーもできて、ホウレンソウもできるし、
豆もできるしー、・・・」
「俺、ビシソワーズが好きでさぁ。」
みんな、ビシソワーズだってよ、
晴一さんビシソワーズだってよ~。小洒落てるね。
つまり、じゃがいもの冷製スープだよ。
朗人くん翔太さんのような特に中学生男子くんたち
分かるぅ?(笑)

でもやっぱり、因島から大阪に出てきてから
出会った食べ物の一つでした。
初めてのおいしさに驚いたようで。
そんな素朴なエピソードを聞かされると、また
アーバンとカントリーサイドのギャップが、またこれ(笑)
女はギャップに弱い!知ってか知らずか(笑)

続いては『ダイエットとは・・・』

晴一の辞書では、
『ダイエットとは、明日の自分への贈り物である』
ギフトか、ギフト!
晴一さんが、箱の中から出てきて、淡路のDVDみたく
その言葉言ったら、
ダイエット頑張ってる全国の女子、激ヤセしちゃう(笑)

「年齢に応じた体型があるけぇ、
必ずしも痩せてるからっていいわけじゃない。」
ごもっともです。

「ただ醜く太りたくもない。」
ごもっともです。

『ダイエットとは、明日の自分への贈り物である』
だからそういうことです。はい。

ラストは、
リスナー(東京都・アイさん)
「『文章とは・・・』
今度のツアーに参加させていただきます。
晴一さんもお身体に気をつけて頑張ってくださいね。」

晴一さん、どんな言葉でくるでしょうね。

『文章とは、・・・という質問もまた
3年後に聞いてもらいたいものである。』
んん?

「わからん!」
「今はね、一言では言えるようなもんじゃないよね。」
深く携わっているだけに、今回のお題は悩んだんだ。
じゃ、また2、3年後答えが出たら!

♪『約束の朝』
朝のスープはビシソワーズ?

・・・ちょっと質問・・・

「スキーシーズンですけれども、
キミはウィンタースポーツ得意ですか?
海に囲まれた場所で生まれ育ち、
ギターを手に、たこ焼きの街に出て
(↑ 原稿読まされてる)
怒られるで・・・(笑)
そして、人ごみの街に暮らしている僕、晴一。
雪国で暮らした経験はないんですけれども。」
「でもねすぐですよ、
広島は上行ったら、スキー場すぐあるんですよ。」
「だからちっちゃい頃、行っとったもん」
「ただね、スキーできんね。」

・・・もっと面白い話ないん?・・・

リスナー(埼玉県・るみかさん・23)
「私は昨日、歯医者で歯を抜きました。
痛くはなかったけど、それより怖さで膝が震えて、
笑われてしまいました。
晴一さんは今までに経験した怖かったことって
ありますか?ちなみに歯を抜いたことってありますか?」

「歯を抜くって怖いよね。」
「親知らずかぁ・・・ワシもあるなぁ。
3本ある。
1本はね、ホントにね、右上なんだけどね、
えっ?っていう。そっち、はえる?っていう方向に。」
「山手線でいうと、内回りと外回りぐらい違う方向にはえて、
ふふふふふふふー(笑)」

今「分かったような、分かんないような(笑)」

リスナー(東京都・えんさん・18)
「私は今年高校を卒業するんですが、悩んでいることが
あります。私はその場限りの友好関係しかつくれず、
卒業するとほとんどの友達と連絡を取らなくなったりする
んです。本当はもっと卒業してからも遊んだりしていたいの
ですが・・・。
どうしたら広い交友関係を築けるか、晴一さん教えてください。」

「二人だけで飯食いに行ったり、二人だけで、同姓よ、
二人だけで、旅行行ったりできるって相当少ないし、
まあね、そんなもんでいいと思うんだけどね。」

「ただ、もしそういうのに悩んどる、
深い交友関係をしたいんだとしたら、
それはね、努力という言葉とは違うと思うけど、
自分の持っとるもんを使わんといけんのよ。
それは自分の持っとる時間だとか、自分の持っとる気持ちだとか、
自分が楽しいと思うことを伝える、このおっくうさ。
これおっくうなんよ。相手に理解を求めるけ。
とか、相手の話をしっかり興味を持って聞く。
それも時と場合によってはおっくうな場合もあるかもしれんし、
じゃけど、そういうもん自分の持っとるもん、相手に与えると
相手は返してくれるはずじゃし、それはせんと。
例えばじゃけど、連絡を取るおっくうさも越えんと、それは
ないし、持っとるもんを惜しみなく与える。
それは恋愛でもたぶん一緒だと思うんじゃけど、
自分のものを惜しみなく与えることが、相手から返ってくること
じゃけぇ、さぁ。
何かそういうのは、惜しまず、面倒くさがらず、おっくうに思わず、
やっぱ友達っていうのは作りにくいよね。」
うんうん。
こういう悩み、学生の頃ってとっても深い悩み。
晴一さんのコメント、共感できたので長めに抜粋しました。
もし同じように悩んでいる方、是非参考にしてみてね。

♪『We Love Us』
We Love, We Love ,We Love Us!

・・・エンディング・・・

今日も閉店のお時間です。

「前、ゲストで出たラジオでさ、他のラジオ番組でさ、
あの、友達交友関係みたいなのが来たらさ、
とにかく、とにかく、
半切れで励ます!みたいな、DJさんがおったんじゃけど、
ま、さっきそれ使おうと思ったんやけどねー、
できんねー」
できんねー、晴一さんはできんねー。
”親身に”なっちゃうね~。そういうパーソナリティ(人格)だからね~。
やっぱ根が優しいからね~。

昨日、今日、宮城は暴風だったんですが、
皆さんのところはいかがですか?
敏感なアタクシ、もう・・・感じちゃいました。
早くも花粉をキャッチ!(笑)
ああああー、鼻、もうやられたー!!
またこの季節がきたなぁ~。
春は大好きなんだけどなぁ。。。花粉がなぁ。。。
皆さんも、とくに 敏・感・な方はお気をつけて!

| | コメント (15)

2/2、ギター大音量で大はしゃぎの晴一さん&ゲスト;FLOW

2/2、晴一さんのカフェイン11。
晴一さん風邪は治りましたか?
大阪公演は無事盛大に盛り上がりましたか?
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「車を運転している皆さん。
是非、安全運転に心がけてください。
また、KOHSHIくん、KEIGOくん、
キミ達はさらに安全運転でこちらに向かってください。」
ゲスト、遅れてるってことですか?!

「2009年2月2日、2月最後の月曜深夜。」
いやいや、晴一くん、2月最初だから(笑)

「先週までのね、風邪も治りまして、
もう明後日、明々後日か、に迫った
ロイヤルストレートフラッシュ、本番、大阪公演に向けて
体調万全で、若干筋肉痛が残っていますけども、
あのー、いろ・・ひそっ・・”備えている”
ポルノグラフィティ、ギター晴一です!」
初日は2月5日の大阪城ホールでしたけども、
ギイさんいかがでしたか?
アヤちゃん、大阪の二日目は・・・?
ポルノの二人は元気に大阪公演やってましたか?
次は静岡じゃっ!そらちゃん、いぐさん、
とっておきのバレンタインデー楽しんで来て下さい!!

放送300回目は3のつくレストランで豪勢に、
301回目はインターネット動画配信でリアルに、
302回目はマダム・ミハエルが2009年ポルノを占い、
そして今宵、
303回目はゲストFLOWのKOHSHIさん、KEIGOさんを
迎え、生放送!!
って、冒頭の様子だとまだ来てない?!
わーお、ドッキドキですね~、キャハハハハ!(←ひとごと・笑)

「またまたスペシャルプログラム!
豪華ゲストとお届けの50分!!
・・・の、はずでしたっ!!
はい・・・
あのーある人が、冒頭でちょっと言いましたけどもね、
今向かってくれています。」
間に合うか・・・ドキドキハラハラ

・・・フリートーク・・・

「ちょっと諸事情があって最近ずっとバタバタしとって」
諸事情・・・(笑)

「やっとスタジオ、自分のアトリエのスタジオが稼動しまして」
「で、前言いよったじゃんブース。
元々はプリプロするものはあって、コンピュータ、まあ楽器系
はあって、生音は出せない。けど、今の何て言うのかな、
デスクトップミュージック?プリプロするぐらいじゃったら、
そんな生のでかい音出さんでもできるんよ。
じゃけど、やっぱ生音出したいと。
それで今度のスタジオにはブースを作って。
で、ボーカルも録れて、アコギも録れてぐらいじゃけど。
まぁ、もちろんエレキも録りたいわけじゃん。
しっかり、本気防音しとるけ、アンプどれぐらいならせる
のかと思って。
マンション自体は普通のマンションなんよ。」
「そこでMarshallですよ。
昔からのロックの、ロックギタリストと言えば、Marshall。
を持ち込んで、さして弾いてみて、あのー
外に、マネージャーに聞かして。
『聞こえるー?』つって。もうほとんど聞こえないと。
じゃけ周りの住人達の邪魔になるような音が出てこんと。
その・・・それがね!!思ったより嬉しくて!!」
その喜びよう、まるで少年~(笑)

「今までね、10何年、ギター弾いてきたし、
アンプもいっぱい持っとるし、もちろんライブででかい音出し
とるんじゃけどー、自分のスペースで好きなだけでかい音で
ギター弾けることがすごい嬉しいのね!!」
スタジオでも音は出せるけど、ずっとやってるわけにもいかず、
コピーしたい曲とかの練習などは人に気を遣うし、
時間的にも制約がある。けども・・・

「それが自分の練習スタジオが、練習スタジオがあるような
もんよ!!」
練習スタジオを思わず2回言っちゃうぐらいうれちいのだ(笑)

「ロックでは、『Marshallをフルテンにしろ!』
っていう言葉あるんだけど、ま、
それに近い状態で家で弾けるんが、家でっていうか、
アトリエね、すっごー嬉しくて!

今日も、なかなか今まで手を出さなかったFUZZっていう、
ま、ギターやる人ならわかるんじゃけど、ま、何か、
めちゃくちゃ歪むっていう、でも轟音、爆音で弾かんと
あんまり面白くないっていうエフェクターがあるんだけど、
もちろんライブでは使いよるけど、家で、FUZZで、
こう、FUZZっぽい曲を練習するとかね。

今、ホントに、
超贅沢な遊び部屋?がね、手に入った感じで。」

フルテンとは、フルにメモリを10まで上げることです。
普通家では絶対にできん(笑)
部屋中のガラスがビリビリビリビリ~~とかなるから(笑)
大人の階段登っちゃった感じですね、晴一さん(笑)

「ブースがいいね。
もし今浪くんとか、腹の底から大声出して人の悪口とか
言いたかったら、貸してあげるよっ(笑)」
「真夜中でも、どーしても叫びたいこと、
『王様の耳はロバの耳~!』みたいなこと言いたかったら
貸してあげるよブース」
叫びたいことが特にないけど、アタシにも是非貸して下さい(笑)

♪『DON'T CALL ME CRAZY』


・・・もっと面白い話ないん?・・・

ゲストのFLOWが到着してないこと自体が、
かなり面白い話ですけども・・・(笑)
まだだそうです。

先日の動画配信などの感想メールもたくさん来てるそうです。

リスナー(大阪府・赤い蜥蜴さん・17)
おう!きたきた~!!とうとうアヤつんカフェイレ進出です!
「この前の動画でのカフェイレの放送とてもおもしろかったです。
私は大阪に住んでいるので、普段は生で聞けません。
なので、今回は初生カフェイレでした。
晴一さんのプライベートが覗けたようだったし、
今浪さんの絵もおもしろかったです。
何より、私は大輔さんが見れたのが嬉しかったです。
大輔さんカワイイ!

「(無言)
どんなしょうもない顔を大輔がしとるか見てやろうとしてる
んだけど、
しょうーもない顔してんな、くっそー!
嬉しさをこらえきれない顔してるね。
大輔さんがかわいいかぁ!そうかぁ!
17歳だもんね。17歳関係ないか。
でもそうか、そういう意味ではアレだもんね、
生カフェイン11じゃけねぇ。そっかそういう意味もある
わけか。そういう、オンエアが聞けない人達ね。
なるほどね。」
そっかー、うまく書いたもんだなぁ!
大事なところを網羅して、最後には『大輔さん、かわいい』
で締めてる(笑)アタシには到底思いつかない展開だわ(笑)
晴一さんを差し置いて、『大輔さん、かわいい』ってー!(笑)
これでカフェイレ上ではなっちゃんと”おあいこ”だね。
大輔さんに媚を売ったアヤちゃんはマネージャー業的には
一歩リードかぁ?!

リスナー(高知県・あさみさん・23)
「301回目の動画配信ラジオ見ました。
曲中の晴一さんの行動とか見れて嬉しかったです。
いつもネットで遅れて聞いていたので、今回生で見れて
嬉しかったです。」

「やっぱそうか、このあさみちゃんも高知県で、ね、
リアルタイムで声が届くわけじゃけね」

「他にあれはないの?もっとこう・・・何、
キュートな・・・しゃべり口調が・・・(笑)」
ナツキさん、
こういう感想メールを晴一さんは求めてるようです!!(笑)

今浪「鼻が大丈夫ですか?っていうメールが一番多かった
   です(笑)」

「ははははは!!(大爆笑)
あーんときひどかったなー!」
あんな晴一さんを生で見られるとは思いもよりませんでした、
ごちそうさまです(笑)

「ホント、鼻水ってさぁ~、次から次へとくるよね!
出るよね?あれ、どうなっとんじゃと思う?
もう、ツバでも涙でもあんなに出んで!
鼻水だけずーっと出るじゃん!」
誰か、晴一さんの疑問に答えてあげてください(笑)

こちらはプレライブでの感想。

リスナー(佐賀県・オウマノユウマさん)
「私は晴一さんを正面一列目から見ました。
一生分の運を使い果たしたと思います。
私一生懸命、エアギターをしてました。
ライブ中、晴一さんが演奏中に手をあげた場面があって、
私は何かな?と思ってたら、気分の悪い人を見つけて、
それを舞台裏のスタッフさんに教えてたんですね。
そんな場面に触れ、私はますますファンになりました。
客席のバーが恥骨の位置で押されていった私は、
小学校の時、鉄棒で恥骨を打った時以来の痛みで
それがまだ治りませんが、それ以上にライブの感動が
おさまらないです。プレ感動しました。本編も
頑張ってください。」

「8000人とか、1万人とか2万人近くの会場行く前に
やっぱこう、今回はファンクラブ限定じゃったし、
そういう人らの前でね、演奏だけ、しっかり
本番できるというのは、何かすごくよかったですよ。」

そして、4DAYS代々木体育館で追加公演!!
誰すか?ふんっ!とか言っちゃってる人は(苦笑)
いっぱい席を用意しちゃったそうですよ。


♪『今宵、月が見えずとも』

・・・やっときました、ゲストFLOW・・・

「ホントはね、待ってたかったんよ。
じゃけどね、今日はね、生放送だったんよっ!!(笑)」
お陰でアヤちゃんのメールが早く聞けてよかったです(笑)
晴一さん、トラブルにもさすが、落ち着いた応対で。
300回越えるとやっぱ違うんですかね?

KOHSHIさんとKEIGOさん、
まずは言い訳のほうから・・・(笑)

FLOW「スタジオを・・間違いました・・・」

DON’T CALL ME CRAZYを車内で聞きながら
マネージャーさんがCRAZYでスタジオを間違えたそうです(笑)

では一緒にこちらのコーナー。

・・・月刊 音話・・・

若干、KEIGOさんなのか、KOHSHIさんなのか、
声が区別がつかず間違ってるかもしれません。
ご了承ください。

リスナー(静岡県・ビターチョコさん・16)
「歌に感情を込めるってどうすればいいんですか?」

晴「これはワシは答えられんけぇね、 
  二人が来てよかったねー!
  間に合ってよかったねー!」

FLOW 「がっはっはっはー!(笑)」

FLOWのお二人はまさにボーカルですもんね。
晴一さんは・・・にわかボーカルですかね、言ってみれば(笑)

KOHSHI「感情込めるっていうのはやっぱ見てくれる人ありき
             のものだったりするからー、手っ取り早いのは表情
             だっりするんじゃないすかねー。
              この曲は楽しい曲なのか悲しい曲なのかっていう
             ものを表情ひとつで、捉える人がすごい分かりや
       すく歌を捉えられるっていう」

晴「二人ぐらいのプロシンガーになってくるとー、
  例えば『赤とんぼ』じゃったらどういう顔して歌うの?」

KOHSHI「『赤とんぼ』・・・
       もうね魚眼レンズみたいな、目がぐりぐりぐりー」

一同「がっはっはっはー(笑)」

盛り上がっております(笑)

リスナー(福岡県・りゅうやさん・19)
「僕は地元でバンドをしていて、今度3回目のライブハウスに
出るのです。いつも対バンなんですけど、この前にやったとき
前のバンドが暗い感じで客がどよめいているような状態で
次に出るのが辛かったです。対バンのコツを教えてください。」

KEIGO「今の僕的にー、前のバンドのアレ(雰囲気)を
      気にしないっていうか。下手に意識しちゃうと、
      意識した時点でそうなっちゃうんですよ、自分も。」

晴「対バンっていろんなバンドとやるけぇね。
  ステージもそうだけど、楽屋!
  楽屋に、俺たちはアマチュアバンドやりよった時もそう
  だったけど、結構ぬくぬく育ってきたタイプの育ち方した
  男の子3人、4人でやりよったけーさ、
  楽屋に一組、刺青ばーって入った、気合の入った
  へヴィメタの兄ちゃんがおると、もう楽屋居心地が悪くて
  しょうがないよね?」

ぬくぬく温室島育ち(笑)よかった、同じ感覚で。
ロックやってる人は、その手のお兄ちゃん見慣れてるのかと
思ってたけど、意外とビクビクなんですね(笑)

♪FLOW 『WORLD END』

・・・FLOWのKOHSHIとKEIGOにちょっと質問・・・

「今年も夏のイベントは海でBBQでいいと思いますか?
他に何か浮かぶ夏のイベントがあれば」

KOHSHI「全然海でBBQはすごくいいと思ってて」

じゃ、今年も開催決定ですね。
福山兄さんは・・・どうしますか?(笑)

ここでスペシャルゲストです。
FLOWのマネージャーMr.カタノです。
今日のスタジオを間違えたという・・・(苦笑)
謝っております。
ただただ謝っております。
晴一さんに突っつかれて謝っております。
次回は気をつけて!

♪FLOW 『学園天国』
あれ?
どっかでかぶってます(笑)あ、気が合うねー(笑)

・・・エンディング・・・

FLOWの全国ツアーのお話やら、アルバムのお話やら!
FLOWは5年の区切りの年だそうでっす。

FLOWのKEIGOさんかKOHSHIさん、
インフルエンザにやられたそうです。

せまいリハスタジオだと・・・
「一人やられると全滅するけぇ!」
そうです、晴一さんはマスクしてやってましたもんね。

ここでも風邪やらインフルエンザ大流行。
晴一さんもFLOWも身体に気をつけて、
全国ライブ頑張ってくださいね!

| | コメント (23)

『横浜・淡路ロマンスポルノ'08』DVDをギターに注目して見てみたシリーズ

今回もこのシリーズやってみようと思います。
ただの趣味の世界です(笑)
使用ギターだけに注目!
でもたまにそれを使用している人にも見とれつつ(笑)
横浜公演の豪雨にすっかりやられたギターちゃん達。
淡路では変更したギターも多かっただけに、
どんなギターか注目よん。
ナマイキも炸裂(笑)
最初に謝っておきます。ごめんね、ごめんね~
じゃ、行くわよ~
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

※多少、型が間違っているかもしれません。ご了承ください。

DVD内容のネタバレを含みます。


『ライオン』

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English
(ドクロの黒いテレキャスター)

横浜豪雨から一週間でメンテした黒テレキャス。
ファンの間でも心配の声があがっていましたが、
無事で何よりでしたね。
でもやっぱりちょっと音がビビビと割れてる感じはするかも。
でもよく短時間で復活したね~!再会できて、よかった!!

『痛い立ち位置』

晴一ギター;
Fender Custom Shop
Esquire ’59

2008年春に購入したというエスクワイア。
こちらは乾いた安定した音がします。(何様じゃ?!笑)
ごめんなさい、まだまだひよっこでした(笑)

『ヒトリノ夜』

晴一ギター;
Fender Custom Shop  Esquire '59

オープニングのテケテケテケテケを一生懸命やる
NAOTOさんに萌え(笑)
まだこの表情を発見されてない方、必見でございます!
あ、晴一さんのソロ、今回は音を飛ばさずできるかな?
と不安を感じた方、正直に一歩前へ(苦笑)
そう、
前回のロマンスポルノ'06ではちょっと飛ばしちゃったからね。

うん、
・・・今回も若干、何か足りない気がしますけど・・・



『ポストマン』

晴一ギター;
Fender Custom Shop  Esquire '59


-MC-

昭「元気?あわ、淡路島、元気?(噛)」

昭「盛り上がって行こうぜ!」

イエーイ!!
イエーイ!!
あ、ついコール&レスポンスに夢中でうっかりしてました(笑)
さ、次の曲は

『ベアーズ』

晴一ギター;
Fender Custom Shop  Esquire '59

ここら辺から何か、全体の演奏が息が合ってきた感じ。
ほうら、晴一さんったら気持ちよさそう~
だんだん、気持ちよくな~る、
アナタはだんだん気持ちよくなぁ~る


『グラヴィディ』

晴一さん目を閉じて陶酔中(笑)
むむ、瞼の裏になりたいです(無理・笑)

晴一ギター;
Gibson  Les Paul Acoustic

昭仁ギター;
Gibson  ES-335 '60

晴一さんの黒いテロンとしたギターは、OPEN MUSIC CABINET
『ウェンディの薄い文字』でも使用していましたね。

『We Love Us』

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English

昭仁ギター;
Gibson  ES-335 '60

ワウの歪みが気持ちE~
シャカポコシャカポコ
大人なサウンドだねシャカポコ


『愛が呼ぶほうへ』

うるうる・・・

晴一ギター;
Martin  ドレッドノート(型番不明)

前に使っていた(『シスター』『黄昏ロマンス』PV)

Martin 000-28ECは横浜の雨に逝ってしまわれました(残念)
pinkとくしくもギターがオソロだったのに・・・
(別に図ったわけでないのにオソロだったの)
最近pinkのマーティンはメンテから戻ってきました。お帰り。
晴一さんの分も大事に使うね。

『幸せについて本気出して考えてみた』

晴一ギター;
Fender Custom Shop  Esquire '59

音はいい。でもこの落ち着いたギターの外観、
ロックな見た目ではない感じ(苦笑)
晴一さんには

やっぱ黒のテレキャスがいかに似合っちゃうかって思う!

-MC-

昭仁さんが熱く島について語る中、サラッと

晴「何より俺は雨が降らんのが嬉しいね」

ごもっとも(笑)

『農夫と赤いスカーフ』

晴一ギター;
Gibson  Les Paul Standard

おニューなのか、それとも前から持っている赤みの強い
Historic Collectionかはまーったく区別がつきましぇん。

『アゲハ蝶』

晴一ギター;
Gibson  Chet Atkins CEC

エレガットギター。
ナイロン弦で優しい音がします。

みんな楽しそう~特にまたろうさん、にっこにこ(笑)

『カルマの坂』

晴一ギター;
Paul Reed Smith  Modern Eagle

モダンイーグル、めちゃくちゃかっこいい。
これは、いつもここぞという時に出てきますね。

『ヴォイス』

晴一ギター;
Paul Reed Smith  Modern Eagle

昭仁ギター;
VG-00シリーズ
 
小ぶりなボディのギター、ずっと気になってたんです。
DVDの最後のクレジット見て、初めて知りました。
これmade in Japanで、アルフィーの坂崎さんや山崎まさよしさんも
使用しているメーカーだそうです。

『Report 21』

晴一ギター;
Fender Custom Shop  Esquire '59

昭仁ギター;
Deceiver 昭仁モデル(未発表)

昭仁さんのギターは昨年から使用している
黒のストラトキャスター。
Deceiverは国内のメーカー。

『ミュージックアワー』

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English

よーこよーこたてたて!
よっよっよっよ!あいやあいやあいやそーそー
pinkも張り切ってまんねん、これー

『Heart Beat』

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English

やっぱしゃがれてるね、音。
ある意味、いい味、ライブ感。

『リンク』

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English

うっ!

『メリッサ』

ベンベンベッベッベッベッベッベーッベ
ベベベベベベベ
以上ネギ坊さんのベースでした。

うん、大人サウンドのメリッサ。大人だ、大人
やんちゃなメリッサではない!(笑)
酸いも甘いも知ってしまったメリッサ(笑)

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English

『稲妻サンダー 99』

ジャパーン!
深い意味はないっ!叫べ!

晴一ギター;
Fender  Stratocaster '67

そして叫びつつ、ここで晴一さんのギターテクを楽しめ!
っていうかまさにベンチャーズ。

『ハネウマライダー』

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English

昭仁さん;
タオル(笑)

っよっよっよっよ!

『ギフト』

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English

昭仁ギター;
Gibson  ES-335 '60

やだー!ライブ終わらないで~(泣)
大丈夫!
巻き戻せば、ほうら見れるさ、かっかっか!(笑)
ポチっとな!

-アンコール-

『Love, too  Death, too』

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English

『アポロ』

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English

チャーララッチャーチャララッチャー♪

ずっ、もっと、いやずっと、いやもっともっと・・・
いや、もずっと、もずっとぉ?!
以上、「ずっとずっと」か「もっともっと」で混乱する一例でした(笑)

『Please say yes, yes, yes』

豪雨の横浜ライブでこの曲に行き着いたとき、最後に相方とガシッと
握手をかわした思い出。・・・プライスレス(笑)

晴一ギター;
Fender Custom Shop Telecaster
Made by John English

『ダイアリー08/06/09』

晴一ギター;
VG-00シリーズ

昭仁さんと色違い。
いい音色ですね。Martinに近いタイプのきらびやかな音色。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

以上、淡路島ライブのギター特集でした。
最後まで付き合ってくれてありがとうございました。

あ~、横浜の豪雨、濡れ鼠、楽しい(笑)
もう笑うしかないね、この雨(笑)
カルマを一生懸命弾く晴一さん素敵!
横浜の稲妻サンダーの晴一ギターはめちゃくちゃセクシー!
昭仁さん、ヴォイス、最高!!
じゃあ、まったね~ん♪

って、ちょっと待って。
あ・・・昭仁さんのアコースティックも雨でもしかしてやられた?
おなじみSheryl Crow Signature・・・
そういや淡路では出てこなかった。はぁ、ショック!

P.S.

今週のANNですね、
あのですね、録れてなかったんですよ。
ごめんなさーい!!
来週はaikoちゃんが来るんですよね。
いや~来週こそは!!


| | コメント (15)

1/26、マダムミハエルさんが2009年の晴一さんをリーディング!

1/26、晴一さんのカフェイン11。
今宵は毎年恒例のマダム ミハエルさまがご来店!
今年の晴一さん、ポルノグラフィティを占ってくれます。
ドキドキ!
ではではいつものように、

レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!


・・・オープニング・・・

「先週に引き続き風邪っぴき晴一がお送りしますよ。
あのー、(先週の)生放送のあとにそのまま収録したんで

ラジオの時間では一週間前なんですけれども、ま、この
オンエアの時にはもう治っているはずだというけど、今は
まだ風邪っぴきの晴一です。」
治りましたかー?
大阪プレライブも無事終了したみたいですが、
お身体今後もどうぞお気をつけてツアー行ってらっしゃい!!


「普通の話をしますけど、今日は26日。
語呂あわせで毎月26日は『風呂の日』だそうです。
キミが好きな温泉はどこにありますか?」
温泉いいですね・・・
アタシは自宅のお風呂に温泉宿の素を
入れた湯がたまりません・・・
っていうかホントは本物に行きたいよー!(苦笑)

「これ何回も話すけど、函館の温泉ね。
何とか温泉っていうんだけど。」
湯の川温泉のことですね、きっと。
お猿さんがいる熱帯何とかセンターとかある温泉街ですね。

「函館の温泉はいいなぁ、って思います。」
東京から飛行機で1時間半。空港から10分で着く立地で
旅気分が存分に味わえるのが晴一さん的に好きな理由
のようです。
函館のポルノファンの皆さん、こんなこと言われたら
嬉しいよね~!晴一さんがイチオシの温泉ですよ。


・・・フリートーク・・・

「最近さ、ご存知のようにさ、今までだったら、
こうCDやら、プロモーションやら、ライブやらん時だけ、
こうメディアに出よったのがー、
最近ちょいちょい出るじゃん。」

来ました。
ナツキさんが今回思わず抜粋したくなったトークですね。

「まぁ、まぁ、まぁ、そりゃ・・・」
芸能情報的なところに、ちょいちょい・・・ってことですね。

「それが慣れんくてさー、やっぱ。
こう~、プライベートじゃん。
今までのプライベートの出し方って、ラジオの、
俺がしゃべりたい、ここ、これぐらいまではファンのみんなに
伝えたいたり、ちょっと面白い話で、
これ家であった話じゃけどみたいなじゃけ。ってできたけど、
こういうメディアの付き合い方ってすっごい慣れてなくてさぁ!
何か、新鮮・・・新鮮って別に楽しいわけじゃないけどー、
新鮮な新しい世界であることは間違いないよね。
やっぱ、こ~う・・・あっちの人も、
雑誌や新聞の人もプロじゃけさぁ、その気になられたら
どうしようもなかったりするじゃん。
そりゃそういうもんじゃん。

やっぱさ、うまく付き合っていきたいと思うわけじゃん。
当然さぁ。あっちの人らも勿論、一人の人間じゃけさぁ、
何か・・・あんまこう・・・
取り引きみたいなんはしたくないけどぉ、

こう・・・さぁ・・・
新しいなぁ、と思うわ。」
ものすごい一言一句気をつけて発言してる感じですね。
困惑しているんだなぁ、晴一さんも。
アタシも週刊誌に載ってる晴一さんの情報を目にするたび、
困惑しますもん、正直。え、・・こんなこと知りたくないなぁ~
とか、何か。とか言いつつ、ちょっと見たい気もしたりして、
正直困惑します。
パパラッチとかされてるんだろうか・・・
やっぱ自宅前とか張られたり・・・
2ショットを狙われたり・・・
ネタにされる感じはいやよね。

「自分が出したくないものも出るしー、
逆に言うとね、マスコミ論でいうと、
俺はミュージシャンじゃけどー。
俺だってプライベート売ってるだろっていう。
もう、もとにして自分のスタイルみたいなもんはメディアを
使って流してるだろ、っていう、ことなんだって。
じゃけそこだけ隠すっていうことは、芸能人なら
我慢しなさいよっていう論調なんよね。」

「俺もミュージシャンだけど、芸能人っていう枠としてはね。
この辺はねー、うまくやっていかんとねー。
勿論交渉とかはしたくないんよ。
でもいちいち自分の気持ちがさ、
乱れるわけいかんしさ、
それで。
が、ある程度はこう、何ていうのかな・・
許容するというのか、
気にしないというか。
・・せんとねぇ、何か心が乱れるよね。」
『心が乱れる』なんて発言、尋常じゃないですね。
晴一さんがシリアスに悩んでいる姿を見せるなんて、
ラジオで初めてじゃないですか?(自分が知ってる範囲では)
・・・こんなに深刻な話だとは。
スターゆえの悩みというか、
今一番注目浴びる時期でしょうからね。うん・・・


♪『TVスター』
この曲持ってないな・・・

晴一さんの本音を聞けて、熱~いナツキさんの記事、
(すいません、また事後報告です、リンクさせてください!^◇^)
http://nakky77.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-9f83.html



・・・マダム ミハエルさま、ご来店です・・・

晴「ネームリーディングセラピストの
  マダムミハエルさんでーす!
こんばんはー!」

ミ「こんばんはー。またやってきてしまいましたー(笑)」

こんばんはー!今年もようこそ!お待ちしてました!

晴「何か、このリスナーの方も時々ミハエルさんとこに」

ミ「時々じゃないですよ、もう!
  怒涛のようにいらっしゃった

  月っていうのがあってー、もうホントに、
  晴一さんファン、晴一さんファン、
  晴一さんファンみたいな。

  一日全員気がつけばそうだったみたいな日が結構
  ありましたよ!」

わ~、一度ホントに行ってみたいよね~。
すんごいミハエルさん当たるんだもん!
その不思議なオーラに触れてみたい。



・・・晴一さんの2009年、リーディング結果・・・

ミ「はい。晴一さんはですね、今年はー、
  すごく勘が冴える一年になりそうなんですね。
  それで、個人活動がもっと増えそうな感じです。
  それで、一番大事、というか気をつけて欲しいのは、
  迷いがちょっと生じやすいときがあるんですね。
  これはやったほうがいいかなどうしようかなって。  
  で、迷ったときはとにかくやめる!
  これで、今年は行ってください。」

晴「へー!」

ミ「で、迷ってなくて、これ腹据わってるぜ、これ行くぜ!って
  いうことは間違いないですから、絶対やってください!」


さて、気になるプライベートのほうは・・・?

ミ「プライベートもとにかくそれでやって欲しいんですけど、
  とにかくプライベートを思い浮かべると、
  ずっと笑ってる
んですよね(笑)」

晴「・・笑ってますね(ニヤ)」

ミ「ヘラヘラヘラ、っていう感じがします(笑)」

晴「ははははは!(笑)」

ぷぷっ、ハルちゃんそのまんまじゃん!(笑)かわいいね~

ミ「ホントに笑顔しか見えないので、
  とっても幸せな一年に
またなると思いますよ。
  ま、プライベートも充実してるし、あのー、
  仕事の部分はもっとキレが出てくるんで。
  何かね、とっても男らしく、ますますなられましたよね?」

去年もミハエルさん、晴一さんが男らしくなったと言ってましたね。
”ますます”~なっちゃいましたか?男らしく。
だってパパだもんね~。男に磨きがかかっちゃってねぇ(笑)
そりゃあ、かっこいいわけだ。ドッチツカザーのアタシも
グイグイ引き寄せられちゃうわけだー!晴一さん側に(笑)

晴「これいいな、と思ったらこれなんだ。」

ミ「すぐやる、すぐやる!」

晴「ってことはさっきビッグカメラ行って~、
  高いデジカメが欲しかったのを、
  悩んで今帰ってきたんで、

  それはやめるってことですね?」

ミ「そうですね、その場で買ってるぐらいの勢いがないと
  だめってことですよ。」


続いては健康運・・・

晴「健康運とかも聞いてみますか。
  僕もだいぶ大人になってきたんで。」

ミ「そうですよね、こう何年か見ていて初めて、
  このクエスチョンがきた感じですよね。」
 「ちょっとですね、一人で制作活動が増えそうなので、
  結構ね根詰める感じがするんですね。
  で、根詰め過ぎると体調を崩すっていうのがあるので、
  そろそろやめたほうがいいんじゃないっていう時間を
  きっちり区切って、そこの時間帯に熱中するみたいにして
  いただきたいですね。
  ちょっとね地下にこもっているっていうか
  個室にこもっている
感じが見えるんですよね。」

晴「こもりそう?」

ミ「そう、コモリズム。」

?コモリズム?

晴「それ、言いたいだけじゃないすか(笑)」

ミハエルさま、ダジャレもいけるクチ・・・?(笑)

ミ「プライベートが充実してますので、そこでセーブ、
  ストップがきく感じですね。」


次は旅運・・・

ミ「旅運はね、
  私遠くに行かれる感じがすごくしたんですけど、

  何か密かに狙っている場所があるんじゃないかな
  と思うような
感じなんですけども。私としては赤道・・・
  赤道直下の国かと思ったんですけども(笑)」

去年、「北欧あたりに行く」とズバリ言い当てましたからね。
今回は赤道ですか!

晴「ガーッとしたスケジュールん中で行ったから、
  あん時行ってたなみたいなんも思い出さずに、
  結果的に行ってたっていう!

そうそう、ズバリ的中!
ミハエルさんがどこかのブログで見たそうなんですが、
6年前にリーディングした晴一さんの結婚する年齢を
あてていたということを知ったそうです。

晴「ほ~う!
  赤道直下もね、
  ちょっと狙ってるところがあるんですよね。」

ミ「星とかよく見える、ような・・・?」

晴「ちょっとね、
  狙っているホテルがそういうホテルなんですよね。
  さすがだな・・・」

晴一さん、星好きだよね~。
ロマンティストだね☆うふっ 
でもあんまり晴一さん作詞にはないね、星の歌・・・
ないよね?月の歌は多いけど。星、意外とないよね?


・・・ポルノグラフィティの2009年、リーディング結果・・・

マダム ミハエルにリーディングしてもらいたい人は
ミハエルさんのHPからメールで予約が出来るそうです。

さて、今年のポルノグラフィティは・・・?

ミ「すごく弾んでる感じで~、
  活動としてはすごく楽しいし、
  ピョンピョン飛び跳ねてる感じ
なんですね。
  だからしっとりするっていう感じよりも、

  飛び跳ねて、いろんなとこにこう行ったりとかして、
  あと見えるのが、すごくファンの層が広がる感じが
  するんですね。子どもの顔がよく見えるので、ママさん
  ファンが増えるんじゃないか・・・  
  ママ&キッズ!一緒に来るみたいな。」

晴「それこそ10年やってると、そん時14歳ぐらいだった
  人らも、
もうそりゃママさんになってたり、
  キッズが横にいたりするから
ね。
  一緒に時間を重ねるとそうもなってきますよね。」


ミ「ファミリー感のある一年になりそうですね」

晴「ファミリー感(笑)」

今でも結構多いよね、ライブ会場。
お母さんと中学生ぐらいの息子とか、母と高校生の娘とか。

ミ「楽しく行ってください。ここで、出てくるのが
  昭仁さんが持っている今年のパワーっていうのが、 
  やっぱり”弾む楽しい”っていうところなんですよ。」

弾む、楽しい、⇒ 跳ぶ ⇒ ジレンマ ?
やっぱ必要なのはジレンマか?!(笑)
  
晴「へぇ~」

ミ「それでいて、何か迷っているときは晴一さんが
  バッと出てって、それはやめな!みたいな。
  そういうのでいけば、」

晴「俺のね勘が冴えるみたいな(笑)」

ミ「そうそうそう、バランスがすごくいい。
  なぜかっていうと、昭仁さんは楽しすぎてピョンピョン
  行っちゃって、何かもう、忘れ物とかいろんなことして
  あー!みたいになりそうな感じ(笑)」

晴「ふふふふふ(笑)」

完全に昭仁さんのイメージ通りって感じですね(笑)
落ち着け、落ち着け!みたいな(笑)
晴一さんがビシっとうまくやりつつ、
二人のバランスが保たれる・・・ああ、何て素敵~

ミ「ホントに下にゴム、じゃないや、
  バネがついてる感じがするので」

ボヨヨ~ンと10thで飛び跳ねようYO!

ミ「ただ弾みすぎてこけないようにするのが大事なんで。
  そこは晴一さんの一言で・・・」

晴「あぁ・・・ありがちだなぁ・・・
  っていうか俺達にありがちだなぁ・・・」

ミ「はははは!(笑)
  昭仁さん今年忘れ物が気になるのでね・・・」

晴「忘れ物!具体的に携帯とかそういモノなんですかね?」

ミ「何かねモノを置いてきちゃったりとか、打ち合わせの
  時間を忘れちゃったりとか・・・」

あ、やっぱり忘れるのはモノだけじゃなさそうだよ(苦笑)
記憶のほうも、忘れないように・・・歌詞とかね・・・(笑)


昭仁さん健康のほうは?

ミ「火傷に注意」

晴「アイツ、捻挫しましたよ、今年の初め。
  サッカーやってて。」

ミ「あ~、やっぱピョンピョン跳ねすぎてたんでしょうね~」

晴「ピョンピョン跳ねすぎたんでしょうね~
  ホンマよ。ヘディングしてる時にだもんのお。」

ミ「昭仁さんが黙った時は、
  みんなでケアしてあげてください。

  ちょっと沈みがちな時なので。
  みんなで盛り上げてあげると、・・・
  そういう健康運。メンタル的に来る時が、あるような
  感じがしますけども。」

あ~、去年の8月逃げ出したかったって言ってたもんな・・・
こりゃ今年は昭仁さんをたくさんホメホメしてあげよう。
あんまりANNレポでけなさないようにしよう・・・(苦笑)
みんなで大絶賛しよう!しょう油って深いよねぇ~とか、
自転車乗ってすごいねぇ~とか、鴨せいろ最高!とか(笑)


晴「ピョンピョン跳ねたり、忘れ物したり、物落としたり、
  塞ぎこんだり・・・」

バイオリズムが激しいみたいです。

晴「めんどくさい男ですね~今年ね~!」

一同「はははははは!(笑)」


・・・長寿番組になってきたカフェイン11の2009年は?・・・

ミ「これ、クイズ大会、しかないです!」

晴「しかない?」

ミ「で、晴一クイズっていうので、
  一番詳しいのは誰?みたいな。」

晴一カルトクイズがマダムミハエルのおススメだそうです!
やりたいやりたい!

晴「俺、浅いよ~、人間(笑)」


最後にもう一つ、言い忘れたことが・・・

ミ「あと晴一さん自身が社会的な問題に
  目が行くような
気がして、
  で、ラブ&ピースってさっき言ったんですけど、

  ホントにその言葉が浮かんできて、
  平和とかそういう
ことを考える一年に
  なるんじゃないかと」

  「晴一さんの中に今までちょっと
  照れて言えなかったこととか、

  まだそんなことをやる器じゃないかもしれない
  って思ってた
ことを、形に、
  表現していくっていう一年。」


ということです。
また晴一さんの新たな一面が見られるかもしれませんね。
ミハエルさんありがとうございました~!また!

♪『ギフト』
淡路DVDのギフト、最高でした!


・・・晴一の辞書・・・

まず一つ目は、「マネージャーとは・・・」
晴一さんはどんな言葉で表現するんでしょうか。

リスナー(板橋区・ルミリオさん)
「私は将来マネージャーの仕事に就きたいと思っている
ので詳しく教えて欲しいです。」
あら、アヤちゃんやなっちゃんのライバル、ここにも出現(笑)

『マネージャーとは、十割しんどい仕事である』

「マネージャーがやっちゃいけんのは自分の給料を
時給で
割ることね。」
仕事の時間が長いちゅうことですか。
細かい段取り上手じゃないとだめみたいです。

「新藤晴一の辞書、
『マネージャーとはドマゾである』、以上です」
尽くすタイプのアナタ、向いているかもよ(笑)


続いては、「政治とは・・・」
アメリカのオバマ人気や日本の政治不信など揺れ動く昨今。

『政治とは、夢を語れるものである』

「まだオバマさんがどういうことをするか分からんけど、
やっぱオバマ大統領に夢を重ねとるじゃん。」
「やっぱり夢を見してもらえるといいなあと思います。」


♪『今宵、月が見えずとも』


・・・エンディング・・・

「来週の放送には、すっきり元気になって、
風邪も治して会いたいなと思っています。」
どうぞお大事に!!

今週も盛りだくさんのカフェイン11でしたね。
マダムの言葉、晴一さんは順風満帆な感じですね。
昭仁さんはみんなで励ましていきましょう(笑)
今年のポルノの活躍、楽しみですね。

先週のカフェイレレポ書けなくて、無念・・・
生動画配信は本当に最高でした!
Mioちゃんとこの生チャットと化したお部屋で、
放送を聞き逃してしまった方は振り返ってみてくださいね~
http://wendynote.blog7.fc2.com/blog-entry-232.html
(コメント数が167って・笑)

| | コメント (29)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »