« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

3/24、昭仁さんが福山さんに頭があがらないワケ

3/24、昭仁さんのオールナイトニッポン。
今回からデジタルレポートをお届けします。
略して・・デジレポじゃー!!
内容は・・・いつもと変わりないんじゃー!!(笑)
ただ多少効率がよくなったの、うふふのふ。
でもね・・・最近さ、本当のこと言うと、
やる気ないです・・やる気なし子です・・・
「やる気くださいっ!」(by かもめちくわのCM in青森ローカル)
あまりにもポルノ欠乏症でー!!無気力↓↓↓(泣)
昨日あまりにひどいやる気のなさに、
OPEN MUSIC CABINETのDVDで『ジレンマ』見たよ。
そしたら、一気にやる気出た!!(単純)
『ウェンディ』も見たよ。分かっていてもやっぱり爆笑した!
目が閉じ切れてないよ、シンディ(笑)
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「ワールドベースボールクラッシク、
侍JAPAN優勝おめでとうございまーーす!
ま、今日はそれでしょう。」
優勝が決まった当日の放送です。侍JAPAN、やりました!

「見てましたよ今日は。リアルタイムで」
見てましたか!
相方の 野球大好き・心は少年さん もリアルタイムで
見られたんでしょうね。よかったねー(笑)

野球大好きな相方さんとは対照的に、
昭仁さんはWBCが始まる前はそんなに関心がなかったよう。
「僕にとっては興味薄だったんです。
カープの選手も入ってなかったしね。」
栗原選手が・・・
興味薄だったからね(笑)

「世間の熱とともに、だいぶちょっとこう・・
僕の中でも熱が入ってきてー」

「イチローという人はすごいね」
「あの、しぇ、千両役者ぶり!いや~持ってますね。
そういう星のもとに生まれてますね」

「おめでとうございます。僕も興奮しました」


さてさて、
101回目放送の新たなるスタートですが、
「さいたまスーパーアリーナ3日間終わりまして、
ほっとして疲労感とともに今日はゆる~くやらして
もらいますよ」
昭仁さんの声、さすがにちょっとしゃがれてますね。
週末3日連続のさいたまスーパーアリーナ、
お疲れさまです。

先週100回目の放送の反応が。
リスナー(山梨県・あずみさん)
「ROLL大好きです。
ROLLを一生懸命歌う昭仁さんも大好きです!」

「ちょっとまあ、声の調子も悪かったんで、お聞き苦しい
ところもあったんじゃないかと思いますけど」
いやいや、そんなリアル感が一層たまらないのですよん♪
・・・生で聞けなかったけども(苦笑)

リスナー(大分県・スイートピーさん・51)
「この度は100回目の放送本当におめでとうございます。
私は土曜日の時からずーっと聞いていますが、昭仁さんは
お話がとってもお上手ですね。鯛釣りは一匹しか釣れません
でしたが、私は経験がないので尊敬します。生歌も
とってもよかったですよ。深夜のお仕事で大変と思いますが、
これからもお身体に気をつけて頑張ってくださいませ」
素敵なメールですね~。お葉書で来たそうです。

「ねぇ、嬉しい。51歳の人生の大先輩からも
ええ、来ておりますけども!」
ホント、ポルノファンって幅広い年齢層で。
我がgoogle版ブログでですね、実はアンケート取ってまして、
ブログに来てくださる方の中の話ですけれども、
現在10代が62%で大半を占めてるんです。が、が、が!
20代、30代はそれぞれ12%、
40代、50代はそれぞれ4%、
そしてそして最近ぽちっとしてくださった、60代が1%!
(まっ、まだお一人なんですが・笑)
結構大人のファンも多いっちゅーことです!
あの少年のような時々リアルに30代(笑)な二人に
魅せられちゃってる大人が多いっちゅーことです!(笑)
ところで誰だい?「気持ちは10代」をポチっとしたのは(笑)

・・・タイトルコール・・・

「コンポルノ!」

リスナー(広島県・あゆみさん)
「昭仁さん何を言ってるんですか!
WBC代表にカープの選手ちゃんといますよ!
栗原選手が行ってますよ!」

「あー石原捕手もいましたね。すいませんね。
栗原はだって後から来たじゃないですかー!
それは知ってますよ!!(怒)
僕は”初めに”興味がなかったー
言う話をしとんねん!(怒)」

何かマジキレてるし・・・さっき同じツッコミしただけに
何か自分が怒られた気分
(´・ω・`)しょっぼーん

「村田選手が怪我したときにすぐ原さんは栗原呼んだらしい
ですね。ていうのも聞くところの話によりますと、」
「栗原だけは落選してもそれを聞いても練習を
やめなかったっていうから呼んだんでしょ、すぐ。
そういうところはいいですねー!」
WBCの話題は尽きませんね・・

で、ポルノと言えば!
さいたまスーパーアリーナで今回のライブツアー初の
3日間連続ライブに挑みましたが。
「大変大変大きな会場で、えーまあ、
骨が折れると言いますか、今回のツアーね、体力もたくさん
使いますし、えーそん中でねホンマに皆さんが、まぁー
たくさん来てくれるってのがホントに嬉しいことですか。
1万8千人とかそういう人がいたと思うんですけども、
そういう人が集まってくれて万全のシチュエーションを
作っていただいてるっていうのが僕らにとっては何よりも
ライブの肥やし?肥やしじゃないな、ライブのね、
僕らの盛り上げの一つの演出になるもんね。
あとは僕ら目の前にあるライブをやるしかないっ!みたいな
そういうシチュエーションを皆さんにこしらえてもらって
最高でしたけども」
Mioちゃんやギイさん親子や19さんや・・・
ライブに参戦した皆さんが”こしらえた”んですね(笑)
アタシも仙台で最高のシチュエーションを
こしらえちゃるっ! ←おにぎりでもこしらえるんか(笑)

リスナー(神奈川県・ニコ大好きさん・15)
「埼玉3日間お疲れ様でした!
1万8千人が一体になるとあんなにも大きな力に
なるんですね。大好きなあの曲やあの曲、さらには
あの曲も聞けてありえないくらいのテンションではしゃぎ
ました!お陰でライブが終わった後足が産まれたての
小鹿のようでした。」
あの曲やあの曲って・・・!じゃあの曲は?あの曲も?
ライブ後、プルプル小鹿になれるの?(笑)

リスナー(東京都・クミコさん・20)
「埼玉3日目参戦しました。会場の外は暴風というか爆風。
ライブかっこよかったです。レベル500という最上階の
断崖絶壁でしたがすごーく楽しめました。」
さいたまスーパーアリーナ、
アタシも別の方のライブで行ったことあるんですが、
すんごい上のほうまで客席がありますよね。
ビルで言うと、一番上は4,5階建ての高さで。
あんな上のほうでも楽しめちゃうわけですからすごいなぁ。

「あのーしょうもない話、
僕らもステージからしたら見上げてるもんで、
見上げて歌うもんで首痛いんですよ。
そこがね結構大変でね。首にどんだけ力を入れずに、
そこで1日目に気が付いたんです。やっぱ上を見上げて
歌ったら首が張ってくるなみたいなんがあるけぇ、
どんだけゆるゆるになってこう、もちろんね目線はね
そこにないといけんけぇ、上のほうにもないといけんけぇ、
それをどう力を入れずに歌うかみたいなこともね、
ライブの何時間の中にも微調整をしていくみたいな」

「1万8千人すごいっすよ。覇気といいますか、
金払っとるんだからお前らええもんみせろっ!ぐらいの
まぁ、勢いで来てもらってもいいっすよー!」
「皆さんがそういう感動をしたりね、興奮してくださった時の
空気っていうのはね、空気を浴びることのできる僕らって
のはね、すげー幸せもんですよ。ステージにね立ったもん
しか分からないというか。ホントにねそんな思いをさせて
くださってありがとうございます」
すんごい自信を感じますね。漲ってるというか。
何かを越えてきたというか。
「自信持っていけー!」って早く言われたいです(笑)

♪『A New Day』

・・・フリートーク・・・

リスナー(東京都・さとこさん・21)
「先週の福山さんの魂ラジで『福山さん魂ラジ10周年、
おめでたい!』ということで、何と昭仁さんからの鯛の
魚拓のプレゼントが!福山さんは、『ありがとね、昭仁。
魚拓っていいねぇ。大人って感じがするじゃん。布で
やるんだなぁ』と喜んでいたみたいです。でもその後は
『まぁ、釣りもいいけどスタジオ入って曲作りもしてね』
とも言っていました」

「なるほどなるほどー(笑)」
「福山さんが『魚拓って大人な感じがするじゃん』って、
そうなんですかねー?福山さんの感じ方が逆に新鮮
ですね。大人、というか・・親父というか、なんじゃろねー」
むしろ親父・・・(笑)魚拓をうまい具合にプレゼントしたんだ!
へぇ~めで鯛&ANNつながりで、うまいこと考えたなぁ(笑)

「『曲作りもしてね』と。
そうですねー!それもしないといけませんねー!
はぁ~スタジオ入ってませんねー!
その辺がまたチクリとするのが福山さんですよね」
福山さん、チクリチクリありがとうございます(謝謝)

リスナー(愛知県・ゆきんこ・18)
「ビックリしたんですが、福山さんのデビュー20周年の
お祝いにあの魚拓贈ったんですね!
『釣り好きの昭仁はやっぱりたくさん魚拓あるんだろうなぁ!』
ってコメントしてました。昭仁さん実際のところ魚拓は
とるんですか?」
あれあれ、あれれ?福山さん、真実を知らない模様?(笑)
その魚拓、悪い言い方すると番組の”使い回し”ですが(笑)

「とりませんね、魚拓は!」
(笑)

「ちっちゃーい頃、夏休みの工作があったけぇ、
8月30日ぐらいですよ。やってないわい!っつって
小学校1年生の頃かな?じゃ親父が、
『何しとんねんお前はー!』つって怒って、
親父がどっか行って帰ってこんなと思ったら帰ってきて、
『ほら、魚釣ってきたから、これで魚拓とって、水族館じゃ!
ゆーて作れ!』つって。段ボール箱にサランラップみたん
巻いてそん中に魚拓でとった魚が泳いでるみたいな(笑)
あの、正直小学校1年生の発想にはないですよ!(笑)」
「生々しい魚拓ですからねー(笑)」
たまに出てくる岡野さんとこのお父さん。
ほんと、微笑ましいキャラですよね(笑)なんやかんや言っても
ちゃんと息子のことを心配して手伝ってくれるっていう・・・
魚拓だったけど(笑)

「親父はね、よくとってましたよね魚拓をねー」
「瀬戸内海で75センチの鯛を釣ったーつって。
あのー自慢してね。いつも持ち歩いていた。
それを車ん中に載せてね、布で。
誰にでもこうあのー、『わしはねー75センチの鯛釣ったんよ』
って。『ホンマかい、たつさーん』って言われて、
『いやいや、ここに魚拓があるんじゃーちょっと待っといての』
つって、あの車ん中から取ってきて見せるっつう」
♪”海の男はぁ~よぉ~”って感じ(笑)

三度福山さんのお話。
魂ラジで、荘口さんが福山さんに
『ポルノはかわいい福山さんの弟分のようだ』と言ったそうです。
若干『かわいい』の部分に疑問符がついた福山さんだった
ようですが・・・

「何か知らんけど俺もたぶん福山さんの番組にこの魚拓を
プレゼントしたのがどっか頭ん中で引っかかったんだろうね。
夢に出てきて(笑)」
「何か知らんけど俺は、荘口さんと福山さんがしゃべってる
その横で、構成作家的なとこに座っとんよね(笑)
で何かちょこちょこっと『どうなんだ、昭仁?』って言われて、
何かちょっとコメントするみたいな。でも何かお邪魔してる感
がすごい申し訳なくて。何かオドオドしてるのを、あのー
『何でそんなにお前落ち着かないんだよ』みたいな。
『やっぱり緊張するんですよー』みたいなことを言いもって、
結局何か、『僕、何かメールとってきます!』みたいなんで、
完全に構成作家役に回ってた、そんな夢みまして・・・
それを考えると、やっぱどっかに”恐怖心”みたいなんが
あるんですかねー」
弟分どころか深層心理的には奴隷?!(笑)

「なんじゃろねー福山さんが怖いわけじゃないんだけど」
「昔福山さんのお酒を勝手に飲んだことから始まっとんの
かな
、この緊張感はね」
この緊張感は・・・消えることはなさそうですね(笑)
なぜに勝手にお酒を飲んじゃった・・・?(苦笑)

・・・メールテーマ「たった今から始めます」・・・

リスナー(埼玉県・りっちゃさん)
「左わきの毛をむしるのをやめることを始めます。
僕何かに集中し出すとわき毛をむしっちゃうんです。
最近学校でも出るようになっちゃって、隣りに座っていた
女の子に、『どうしたの?辛いの?』と心配されちゃいました」

「ふふふふふ(笑)これはもう絶対やめたほうが
ええよね、間違いなく。」
昭仁さん掛布選手の癖を例に出したけど、
結構・・・どころかかなり古いっす(笑)

・・・ファンタジスタおかのん!・・・

リスナー(岡山県・ミッチェルさん・15)
「終業式の時の挨拶で『終わりよければ全てよし』を
『終わりよければ最後よし』と本気で間違えたうちの校長」

「ファンタジスタ!」
やっちゃった校長先生(笑)

・・・四度、福山さんの話・・・

先程の福山さんのお酒を勝手に飲んじゃった話。
リスナーの皆さんもめっちゃ気にされてますので、
教えてくださいよー。

「7、8年前、
僕らが3人でオールナイトニッポンやってた頃
だからー、で、
かつてのフジテレビの社屋のほうにこの
ニッポン放送さんが
あった時代ですよ。

そこでーそのオールナイトニッポンを終えー、
ディレクター含めみんなでお酒を飲んどって、
すごく盛り上がってきて、じゃ夜も深いんでもうお酒も
なくなってきたつって。もう酔っ払ってしまっとるけ、
どうするよーって。で当時のディレクターのセツマルさん
ってのがおるんですけども、セツマルさんが、
『いいよ、あれ福山の置いてお酒あるから、
いいよたぶん飲んじゃっていいと思うよ』っつって。
『ちょっと断りだけ入れとけば飲んでも大丈夫だと思うけどね』
みたいな。『わかりましたー!』っつって。
そこで一つ間違いが生じたのは、棚瀬、マネージャーから
当時の福山さんのマネージャーに連絡を入れたんだけど、
それは留守電の中だけに入れとったと。」
「俺らはま、いーやーと思ってこう置き手紙を書きながら、
焼酎か何かかなぁ、だと思うんだけど、いただいたんですよ。
『ありがとうございます、せんぱーい!』みたいな感じで
かわいい後輩装って」
「じゃあ、次に棚瀬にあったら棚瀬が丸坊主になっとって」
やばいやばい!かなり非常事態(苦笑)

「『いや、あの、ちょっと・・・まずいことになってます』みたいな」
「僕らはそれは福山さんがただ単純に置いてるもんだと
思ってたら、福山さんのいただきものの大事なお酒だった
みたいで・・・。それを俺ら勝手に飲むってそれは怒るよね!
怒るっていうか福山さんは怒ってなかったらしいんじゃけど、
それをマネージャーさんが怒っとったんだって。
後輩が
勝手なことするなと。」
「俺らも『これはえらいことになった!』と怯えきってさ、」
「これは謝りにいかんといけん!ってことになって」

「楽屋に行って『スイマセンでしたー!』っつったら、
福山さんが、持ってる、楽屋にあった格闘技のパーンチとか
やるサンドバッグ的なものを、『これ、お前持て!』って
言われて(笑)福山さんの蹴りがボーン!って一発きて(笑)
それ、もう冗談ですよ。」
「そこで『お前らまぁ・・・頼むよ』みたいな感じで、
『スイマセンでした!!』ってことが、
あったんだな、これが(笑)」
愛の一撃。一回怖い思いしたから、
こっからもう頭が上がらなくなったわけだ、福山さんに(笑)

・・・記憶の壁!昭仁、1問目への挑戦!・・・

前回見事全問正解を出したと小耳にはさみましたが(笑)
是非今回もお願いします。

「天才岡野昭仁、まだやるんですね?」
漲る自信(笑)

リスナー(札幌市・ユウジさん)からの出題。
中学1年生 国語
「”相手を見下して笑う”の慣用句、
”〇〇で笑う”の体の一部はどこでしょうか」

いろいろボケつつ、
「鼻で笑う」ピンポーン

リスナー(京都・アヤコさん)
高校入試 社会
「ムツゴロウを保護している干拓がある都道府県とは
どこでしょうか」

「ムツゴロウでしょ?ムツゴロウでしょ?畑正憲さんでしょ?」
言うと思った(笑)

「え?九州?大分?・・・佐賀なの?」ピンポーン
佐賀だったんだ・・・!

「あ、佐賀なんだ!」
「あ!有明海、有明湾!
・・・忘れてるもんだねぇ・・とんと聞いてないねぇ。
はぁ~これはちょっとダメですね。
これを間違うのはだめですねぇ。」
ということで正解したけどポイント返上。

リスナー(徳島県・ミッキョンさん)
小学1年生 体育
「ラジオ体操第一で最後にするのは何でしょうか」

「ダーンタターン・・・(脳内再生中)
ええーーちょっと待ってよ(焦)」
「コサックダンス!(笑)」
「首をクニクニする運動!」
「ごめんわからん・・」
そんなに難問じゃ・・・ないよ(笑)

「答えは深呼吸」

「はぁ~(ため息)」

リスナー(練馬区・りょうこさん)
中学3年生 家庭科
「世界3大珍味をすべて答えなさい」

「クレオパトラと小野妹子と・・・楊貴妃か?」
「ブロイラーと・・・(笑)」ブップー
「トリュフ、フォアグラ、キャビア」ピンポーン

リスナー(ハローコンドウさん)
高校1年生 地理
「国名しりとりです。アメリカ、(  )、(  )、アイスランド。
しりとりを完成させなさい」

「アメリカ、カメルーン!って入れてしまうと大変な
ことになるんですね(笑)」
「韓国?」ピンポーン
「え?韓国いっちゃいけんわ!」
「カナダ、ダぁ?!ダルメシアン!」ブップー
「だめだもう一回やり直そう!」
うーん、カ!これむずかしいー。

「あ、(韓国は)正解じゃったの?(笑)
じゃけピンポーン言うたんじゃね(笑)」
「韓国、く・・グワテマラ!えーだめなのぉ?」
グじゃないし、ラじゃないし(笑)

「答えはアメリカ、韓国、クロアチア、アイスランド」

「うん・・・今日は残念な感じじゃね、今日は・・・はぁ~あ」
「何か調子のったらいけんってことだねー」
マジ凹み・・・ドンマイ(苦笑)

・・・なんじゃろな!・・・

「非常にこれは悩ましいコーナーでございます」

リスナー(千葉県・ゆいさん)
「栃木県に『スパゲッティは運転できません』という
看板があります。どういうことでしょうか?」

「スパゲッティは運転できませんから、
それが答えです!(ドンドン)」
今日はジャンジャンかっさばいていくようです。

リスナー(和歌山県・マシマロさん)
「親戚の家に泊まりに行ったとき、部屋を貸してもらった
のですが、本棚に『ブリ大根探検隊』とラベルに書かれた
ビデオがありました。どんな映像が映ってるのか想像
できません」

「これはすごいなぁ!えげつなーいAVの内容が入っている
そのカモフラージュだとしても、『ブリ大根探検隊』という
ネーミングは浮かびませんよ!」

「鯛の粗煮、この間僕作ったんですけど、
ゴボウをやっぱ入れるのは生臭さを消すらしいですよ」
お!昭仁さんの料理!・・・(妄想・笑)

「以上!このコーナー終了します!
ファイナルですか?
ファイナルじゃないんですね?(笑)」
「勝手にファイナル、やっぱダメじゃったね(苦笑)」
頑張れおかのん(笑)

・・・ポルノグラフィティに関する情報・・・

ロイヤルストレートフラッシュ、
3月28、29日は神戸でライブ!
なっちゃん、追加なくて残念だったね~!

「もうぼちぼちね新しい情報も出していかんと
いけんのですけども、ないですねー・・・」
ライブに専念されてるんですもんね・・・
でもそろそろ何かじょ、情報をぉ・・・
先日の堂本兄弟SPでちらーっと出ましたけどもね。
からっからの砂漠でオアシス見つけたけど、一口分しか
水が入ってなかったって感じです。余計乾きが身にしみるー!

「今日は僕走りましたね」
ちなみにどこで?(笑)

♪『幸せについて本気出して考えてみた』

・・・メールテーマ・・・

いきなり生電話です!
オールバックの猿軍団さん。
男の子ですね。テンション的には平常心ですね。
何でもこれからギターを始めたいということです。

「もともとGLAYっていうバンドが好きで」
ポルノじゃないんかーい!(笑)

「今ちょっと弾いてみてもいいですか?」
これから始めるっちゅー話やったよね?(笑)

「ジャカジャカやる程度ですけどいいですか?」
「ジャカジャカ・・・ええわ。やっぱやめとこうか」
「大丈夫です!」
「どういうこと?!大丈夫って・・・」
かなりKYくん(笑)

「できます!」

ジャジャジャジャジャ

(シーン)

ジャジャジャジャジャジャジャジャ

(シーン)

「おうおうおうおう・・・はっはっはっは(笑)
え?!なになになになに
今のは何のノイズなんか?深夜2時50分に(笑)」
「曲でもなく、今のは・・・?」
「あ、僕の魂です!」

「ありがとう、オールバックの猿軍団くん!じゃーねー!」
「あ、じゃーねー」
「ふふふふ(笑)誰が『じゃーねー』じゃ!(笑)」

・・・エンディング・・・

「来週のリクエスト曲はですね、『ピンクな曲』!」
え?アタシのことですか?
ありがとうございますー、わざわざ特集組んでくださってー。
って違うかー!(笑)あ、サクラのことね、ほほーん。

ということでバイポルノ!じゃなかった(笑)、
バイバイバス!

| | コメント (10)

3/16、平日ゴルファー、ウィークエンド・ミュージシャン晴一さん

3/16、晴一さんのカフェイン11。
さいたまスーパーアリーナで3日間ライブ中のポルノ。
きっとロイヤルでストレートなフラッシュで跳んだり、ハネたり、
寝っ転ろがったり、汗だくになったり、ヨダレやら鼻水やらで
グッジョグジョのベロンベロンになったり・・・
(全部想像上の話です、失敬!笑)
完走する頃には間違いなく、ポルノも参戦者もへっとへと!
でもへっとへとも参加しないとわかんないことなんだよね。
・・・羨ましいっ!(← ただこれが言いたかっただけ)
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「ラジオの世界の僕は3月9日の19時18分。
ということは、・・・勘がいい人はお察しかと思いますけども
WBCの日本対韓国、順位決定戦、
まさに今やってる頃ですね!」
やっぱりWBCのことから始まりましたね、今回も。
あまりにも韓国と対戦しすぎて、正直どの試合だったっけ状態
ですけども・・・
この日のは、あれですね、残念ながら0-1で惜敗してしまった
試合ですね。

3月7日の韓国戦。日本がコールド勝ちした試合の時は、
「三重の二日目だったのね。
で、今日。ラジオの世界では3月9日の7時から、
19時からオレのスケジュールにはラジオ収録。
・・・もちろん、ねっ!
皆さんのスケジュールもお忙しいとこ割いてこのー、
ラジオやってるわけで、それについて僕は何も
言いません!
ただ・・・僕がどれだけ野球好きかは、
マネージャーには伝わってないのかな?と。
ま、ライブは無理だけどね(笑)」
マネージャーには・・・伝わってないのかもしれません(笑)
ええ、または完全スルーかも(笑)

pinkの素人目から見ても、順風満帆な状態ではない
日本チームに見えますが・・・
「ホンマね、野球なんて、スポーツじゃけ、年俸で決まる
わけじゃないけどぉ、やっぱねこう韓国と、気合だとか
勝つ意識、今までねはね、よう韓国に負けた時にあっちが
勝つ意識が強かったとか気持ちが強かったとか言うじゃん!
そこじゃないとこでやってほしいよね、ドプロじゃけねぇ!」

「もうちょっとファンとしてはね、シャキっとした
今回のWBCだけはシャキっとしたサムライJAPANをね、
見てみたいなと思っとります!」
で、本日サムライJAPANはアメリカに快勝しました!
きっと3日間連続ライブでヘトヘトの身体でも晴一さん
大喜びの大興奮状態でTV見てるんじゃないでしょうかね。

・・・フリートーク・・・

「あのね、今浪くんは、女の人に裏切られたってことある?」
唐突な質問ですね、しかも重い(笑)

「小学校の頃からよ、じゃけ25年くらい前よ、もっとかなー?
何回も何回も、オレが命を張って助けてきて。
時間もかけて、命もかけて、
もう、何回オレの分身が死んだか分からんしー!」
あらあらら、あららのら(笑)

「もうね、なんぼ助けてもすぐクッパに捕まるんじゃけどー」
クッパ!

「オレ何回あのピーチ姫助けたんかっ!っていうぐらい
25年間何回も助けてきたのね」
ピーチ姫!(笑)アタシも晴一さんに助けられたい(笑)
マリオならぬハリオ~助けて~!(妄想)

「そいつに!
もうバナナやら亀の甲羅やらぶつけられまくってー!」
・・・マリオカートの話なんですけどね」
恩を仇で返すとはこのことか。

「もう、ピーチ姫ひどくってさー!」
平和だね・・・(笑)平和なフリートークだね(笑)

「最近ツアーの移動中にやりよってさ、マリオカートね。
DS版が。」
「昨日東京駅からタクシーで大輔と、うちのマネージャーの
大輔と乗ってね、家までの帰りの時にマリオカートやっとった
んよ。んで、俺イヤホンしてやりよったのね。で、大輔が
覗き込むのが分かるんよ。
『何?』っつったらー、『あ、僕のほうが早いですね』」
またー?またふっかけてきた(笑)

「(小声で)腹立つー!」

「アイツ幾度となくそれやってきたじゃん!」
そうね。キャビネット対決とか、ぺペロンチーノ対決とか、
自分のほうが絶対優っていると断言するからねいつも、
なぜか(笑)で毎回晴一さんが勝利するっていう・・・

「またじゃ!じゃ、やってみーや!」

タイムアタックというのをやらせてみたところ、
「ホンマにね、早かったの。大輔が。」
「負けたの。」
あら、今回は敗北しちゃいましたか。そんなこともあるんだ(笑)

しかも
「そのコースの最速の影みたいなんが出るわけよ。
次、同じコースやったら。じゃけ俺が今ずーっと同じコース
やりよるんが、ずーーっと大輔の後ろ走りよるんよ(笑)
何回やっても勝てんけ!」
「まいっ回腹立つの、アイツに負けるけぇ!」
大輔さんの影に悩まされる晴一さん(笑)

「まあ、またコテンパにしますけどね!」
「いろんなこと、こういうゲームとか含めてね全部本気で
やらんと!」
「本気でやって勝ちたい!」
なかなかね同世代の普通のサラリーマンが会社の人と
ゲームやって本気で勝ちたいとか言いませんからね。
常に少年心のミュージシャン。
少年は高くこころざしーた♪ ・・・ゲームで勝つと(笑)

♪『ハネウマライダー』
アオっ!

・・・もっと面白い話ないんフェスティバル・・・

3月20,21,22日と3日連続ステージ中のポルノ。
「是非さいたま来てくれる方は、あのーなんじゃろね。
大きな声で是非声援をもらえたらなと思います!」
間違いなくみんな大きな声援を送ってるよー今頃!

リスナー(千葉県・ユウタさん・16)
「WBC盛り上がってますね。僕は新井に出てほしかったけど
怪我で万全じゃなかったから仕方ないです。晴一さんが監督
だったら今のメンバーに誰を足したいですか?」

「いいとこくるねーこれ!」
嬉しそう。

「栗原とかはね経験として出てほしかったよね、広島のね」
あ、野球に疎いアタシでもこれは知ってるかも!
栗原選手、ケガの村田選手に代わってアメリカに招集
されたよね!


リスナー(東京都・ミサキさん・40)

「免許を10年前に失効しちゃって、
今私は人生2度目の自動車学校に通っています。
晴一さんの自動車学校で思い出を聞かせてください」

「何年、もう免許とって・・・ハタチんときだから・・・15年か。
ハタチじゃない18歳ん時だから、17,8年になるんか。」

直線道路を40キロだすのが怖くて待合室で、
「俺がすごい顔がひきつっとったって、
女子にすごいからかわれたんを覚えとるね。」
ぷはははーかわいいね。女子にからかわれてたってのが(笑)

「高校3年の3学期にはみんな行っとったけ。」
「だからみんなおったんよ、クラスメートとか!」

あとはね、当時は
マニュアル車を取るのが主流だった頃ですから。
アタシも頑張ってマニュアル取ったよ。
オートマ車限定を取る人のほうが稀でして。

「だってさーオートマなんて、じゃったらさ、
あの俺たちの坂道発進での冷や汗はどうなるん?
すげー簡単じゃーん!」
半クラ、半クラッチ!
これはマニュアルの人じゃないと分からないだろう・・・
あの大変さ、ヒヤヒヤさ(笑)

・・・ちょっと質問・・・

「日本全国順次こちらが配られてるみたいです。
定額給付金。一人、1万2千円。
65歳以上と18歳以下は2万円。
あなたはどう使いますか?」

皆さんはどう使う?うちのところではね、何と3月中に
配られるって話なんですけど。何にも音沙汰なく(苦笑)
え、何に使おう・・・グルメかな、観光かな~ポルノかな~(笑)

「16歳とか高校生とか中学生とかも、親に請求する権利は
あるわけだ。家庭内で。」
ここんところはリアルにどうなんでしょうね。
リアル中高生のみなさん、お宅では円満にいきそうですか?
テレビとか見てると親の言い分としては、税金払ってるのは
親なんだから、子供には渡さないとか、家族分まとめて
家庭の電化製品を買うとか、いうのを聞いたけども。

「景気刺激策じゃけ、俺たちが初めて手にするパーッと
使いなさいっていうお金なわけじゃん、ね。」
「じゃけパーッと使おうや!何か!」
晴一さんはどんな風にパーッと使うのですか?
ちなみに今浪さんはうどんやカレーのように普段
高級でないものにあえてパーッと使う予定だとか。

「俺何にしようっかなー。モデルガンとか・・・?」
モデルガン?そんな趣味ありましたっけ?

「全然興味もないけどモデルガン買う(笑)」
買っても使う予定なしのモデルガン?(笑)

「パーッと使いたい・・・
おごりおごられ合う。結局酒飲みになるね(笑)」
晴一さんはやっぱりそうなっちゃいますぅ~

リスナー(名古屋市・ユイミンさん・24)
「私は先日彼にプレゼントでもらったピアスを部屋で
失くしてしまいました。部屋にあるはずなのに、
探しても探しても出てこず。晴一さんは探しても
探しても出てこなかったりするものありますか?」

「探し物のスタンダードな賢い探し方はね、
1個の部屋があるとすると、一つの場所を確実に
消していくんだって。」
「クローゼットならクローゼットん中を全部調べる」
「のが一番早いんですってよ、ユイミンさん」

「ちなみにーうちは、引っ越しの時に、
・・・どれぐらいじゃろ。

ピックがね両手で持ちきれんぐらい出てきたね。」
それ、ください!
リスナー応募者全員プレゼントか何かで(笑)

「どこにあったんじゃろ?!
じゃけ、それだけあっても家でピック探しとんよ。
あれ、さっきまで練習しよったのにピックがなくなった
ぐらい。何かね死角なんじゃろうね、ピックの国がある
っていうけど。」
「靴下はね、靴下はね~・・・ホントないよ!
あれは靴下の国に帰って行きますよ!
靴下半分なくなるわけないじゃん!!」
今日一番熱い語りの部分はここです!靴下の話(笑)

「絶対半分捨てませんもんね!なのに、靴下だけは
引っ越した時も絶対余るのが6足ぐらいあるのね・・・
一応、こう希望持って片方だけとっとくんよ。」
「ずーっと別れたもう片方、
アイツを待っちょんだけど、出てこんね・・・
出て行っちゃったヤツはね戻ってこんのよね」
言っても別れたアイツは靴下だからね(笑)
ホント、うちもね、主人の”家出した靴下”が片方たーっくさん
余ってるんだよね~。思いついた時にね、神経衰弱的に
靴下揃えやると結構おもしろいんだよね~これが(笑)

リスナー(千葉県・アイさん・29)
「晴一さんは東京・大阪・広島以外だとどこに住んで
みたいですか?
私はこの3月で退職します。貯金もあるから
来年までのんびりしようと思ってて。せっかくなら
千葉を出てどっかに住んでみようかと思ってます。
晴一さんの意見を参考に聞かせてください」

「いいと思うよ!
29歳じゃろ。じゃけー10年近く働いてきたんよ。」
「10年やって、今年3月じゃけ、9ヶ月ぐらい?
ぐらい自分のためにね、時間を使ってもええと思うよ!」
「非常に賛成です!」
心強い晴一さんの一押しですね、アイさん。

「退職金がいくらぐらいあるか教えてほしいよね。
それで計画は変わってくるよね。ハワイに住めるか
どうか考えたいよね。」
「沖縄は俺の大事なパラダイスとして残しておきたいんよ。
住みたくない、行きたい!!
と、福岡とかはいいよねぇ~。」

また福岡びいきー!また!お気に入りだね、福岡!

「逆に言うと千葉ね。
木更津、市原、香取~、成田~、・・・
あたりかなぁ!」

今浪サン「はっはっはっは(笑)」

「詳しいじゃろ?(笑)
大体その辺にナビ設定しますからー。
何とかカントリークラブですね。」
「9ヶ月ぐらいなら・・・
ゴルフずーっとやっててもいいかな(笑)
はっはっはっはっはっはー!(笑)」

♪『ROLL』
ゆらんりゆらんり~また風に吹かれ~♪
ゆらんりゆらんり

・・・ちょっと質問・・・

「キミのお気に入りのサービスエリアなんてありますか?」
ありまーす。
岩手県の前沢SAはオススメです。
前沢牛やら、おいしいもの
いっぱい。弁慶にもなれます。
あの穴ポコ開いてるやつに顔
入れて写真が撮れるやつね(笑)
みちのくにお越しの際はぜひ。

「やっぱ海老名いいよね、大きいけ」

あとは芝浦のサービスエリア。
「ゴルフ帰りとか行ったりするんじゃけど、」
「ホントあの芝浦のパーキングエリアか、ホントに、
はい、おしっこしてください、
はい、缶コーヒー飲んでください、
はい行ってください
っていう感じが東京っぽくていいよねぇ。」

なんでこんな話題だったかっていうと、
晴一さん、ETC付いていれば高速が休日1000円で
乗れるんですよ!
「すっごいじゃん!!
え?!土日、休日?!土日休日かぁ・・・」
「何か納得できんわー。平日ゴルファーとしては。
平日ゴルファー、
ウィークエンド・ミュージシャンとしては(笑)」

何かめっちゃうまいこと言ったね(笑)

・・・晴一の辞書・・・

リスナー(目黒区・ニモモさん)から
『ヒゲとは・・・?』
「私はヒゲの生えてる男性にぐっとくるんですが、
私の彼はツルツルで少年のよう。晴一さんはヒゲは
いつから伸びましたか?」
ツルツルと言えば昭仁さん、ヒゲと言えば晴一さんですね。

『ヒゲとは、基礎代謝である』

「あのさ、俺ヒゲ濃いけぇさ、あのーヒゲ薄い人とかと
比べたら、俺はヒゲを作りよるわけじゃん。日々。ね。
例えば昭仁はヒゲが薄いけぇさ、昭仁と比べたら、
ヒゲが生え始めたんが高校生ぐらいじゃけ、20年ぐらい前
じゃろ。で、毎日毎日剃らんといけんわけじゃん。でも
俺の体は毎日毎日ヒゲを作りよるわけじゃん。ね。
ならねートータルでたぶんね、積もり積もっての話じゃけど、
地球2周分ぐらい俺のが伸びてるはずじゃん。」
「じゃけ、基礎代謝は俺のほうがええわけじゃん。ヒゲ分。」

「女の人もスネ毛やわき毛は生えるだろうけども、
それにしても体中毛むくじゃらのほうが、
基礎代謝が多いんじゃん・・・うん・・・むっふ・・・
はっはっはっはっはっはー!(笑)」
今浪さんと仲良く笑ってます(笑)

「ということは、同じ体重で同じ体型であのー雪山行ったら
雪山で遭難したら、毛深い人のほうがはよ死んじゃうってこと?
カロリー使うけぇね。・・・えっか!(笑)」
話の終着点が見えなくなった妄想族、晴一さん(笑)

リスナー(大阪府・レナさん・17)
『嘘とは・・・?』

「辞書調べればいいんじゃないかなー!」
おいおい。

『嘘とは、大変である』

「ま、これを突き通すのがね。」
「嘘はねしんどいからやめといたほうがいいよ。」
自称アンジェリーナ・ジョリー、
とか言うと自分の首しめるから?(笑)

次回はリスナーの辞書も始動!
『東京とは・・・?』というお題だそうですよん。

♪『リンク』
知っているんだっ っ っ 

・・・エンディング・・・

「違うよ。
平日もちゃんとやってますよ。
ゴルフなんて全然ホンマにしてないもんっ
ホンマに、ホンマに全然してないもんっ(苦笑)」
嘘とは・・・ホンマに大変だー!(笑)

| | コメント (27)

3/17、放送100回記念SP!昭仁さんは何匹鯛釣った?

3/17、昭仁さんのオールナイトニッポン!
今宵はなんと、な、なんと100回目の記念すべき放送
なのでーす!すんごいレポにも力入ります!!
うん、録音の予約もオッケー!
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「ポルノグラフィティ岡野昭仁のオールナイトニッポン
100回記念感謝祭鯛釣り&生歌スペシャル~!!」
パチパチパチドンドンひゅ~!

「コンポーーールノっ!!
ポルノグラフィティの岡野昭仁ですっ!」
めっちゃテンション高っ!
ツバも飛びまくってます!
(ラジオで見えないけど、イメージ・笑)

「おととしの4月7日にスタートしたこの番組が
数えること今日で、100回目を迎えました~~!!
お め で と う ご ざ い ま ー す !! 俺!
俺!俺、おめでとう!!
パーン!(クラッカー)
お~いおうおう!(驚)
えー自分でクラッカーならしてまーす」
おめおめでとうおめ~!!
おめでとう俺って(笑)

確かに100回も毎週よく頑張りました!!

「おめでとー岡野昭仁100回目!イエーイ!!
今日は徹底的に自分自身でこの100回目を祝おうと
いうことで、クラッカーなんぞ鳴らしてみましたけども、
まあまあ、この100回目を迎えたのもホントに皆さん
ラジオの前の皆さん、キミのねお陰ですよ、ホントに!」
いやいや~、ホント。
リスナーからも愛されてますからね~

で、先週告知してました。今回は100回にちなんで
100匹の鯛や魚を釣るって話。先週の放送後、直で
海に出たようですが。
「何か前代未聞らしいですよ(笑)
俺、こういう企画やってるなと思ってたんだけど、
オールナイトニッポンぐらいなったら。
やってないみたいで。
何か何か何か、ホントにこれでいいのかっていう
不安にかられながら行ったりもしたんじゃけど。
ま、その模様はね後で皆さんに聞いてもらおうと
思うんですけども。」
わ~お!さあ、100匹釣れたんでしょうか!?
いや~めっちゃ楽しみですね~。
(え?そうでもない?笑)
いや~鯛は釣れたでしょうよ。
100匹釣れたかってとこがね、どうだったんでしょうか!
それはのちほど!!
番組を最後まで聞けば分かりますから、お楽しみに!!

ある意味、今回のメインイベントと言える
「そして生歌!!
僕はミュージシャンなんですけども、あんまりラジオで
生歌やってないんでーちょっとやっときましょうってこと
で、歌わさしてもらいます!」
昭仁さんの弾き語りの放送は、
尾崎豊さんの『I Love You』、
新藤晴一さんへのバースデーソング
『S・H・I・N・D・O ハッピーバースデー』
(あくまでpinkの仮タイトル)以来ですよ。
これがねー、一番楽しみですね、今回。
何を歌ってくれるのか?
生の弾き語りのよさっちゅーのがあるからね。
ワクワク!!

「そして僕全然知らなかったんですけども、
大物アーティストから100回目のお祝いコメントが
届いてるんですか?はぁ~誰でしょうかねぇ。
大物コメントですかぁ・・・
たぶんあの人じゃないかなってのは僕あるんですけども。
もちろん嬉しいんですけども、すごく予想がついてる
ところが嫌なんですけども。」
う~ん、もうあの人しかいないでしょうね(笑)
F山M冶さんでしょうね(笑)
答え合わせはのちほど!!

「いいですね、
何か今日100回目で何かすごいお気楽だわぁ~!
お気楽っていうか何かめでたいことだからぁ、あのー
なんつったらいいかなー?
僕を祝う会なので、すごく気楽にやらせてもらおうかと
思ってますよ、はい。
もうゆるゆるで行こうかなと思ってますんで~。
もう今、クラッカーのパーンってやった紐をこう
結びながらしゃべってるからね。」
いいっすね。ゆるゆる~お気楽。
100回重ねてきた貫禄も?(笑)
放送開始のガチガチ感はもう遠い昔(笑)

さて、昭仁さんは鯛を何匹鯛を釣ったのか?!
大物アーティストコメントは誰からなのか?!
そしてそして生歌は?!

もうドキドキでしょ?
気になるでしょ?

そしたらね、
突然、伊勢の話になったんです。

「昔の人は何を感じてあそこに神社を建てたんだろうね。」

う~ん、何でじゃろね~

う~ん

う、ん?

んんんん?!!!

そりゃ先週の話やっ!!

またしても・・・!!!!

やられた!!!! アタシのカセットテープ(新品)!!

チーン・・・      ウワワワーン!!(大泣)

2009年3月16日をもちまして、
アナログは終了いたしました。
2009年3月24日からはデジタルでお楽しみください。

さようならアナログ!!
もうpinkは(やっと今更)カセットテープから卒業します!!
録音タイマー機能が全くあてにならなくなっちゃった
コンポからも卒業します!!

次回からは、誕生日に買ってもらった
デジタルメディアプレーヤーを駆使して、
最先端でレポートをお届けします!!(誓)
(何だコネクターでつなげばAM録音できたんじゃん、
とこの一件で気がつきました・・・今更・・・
100回目前に気がつけ自分!バシッ)

ということで、
めっちゃ凹みまして救いの手を求めて
ナツキさんやらMioちゃんにいろいろ

教えてもらいました。見事な連携プレーでして
その節はホントにありがとうございました!!
(なっちゃん気になってたでしょ?何のことか。
このことでした・笑)

でもあきらめられないので、
記念すべき100回目の放送レポします。

記録としてどんな放送だったか残しておきたいので!!
もうツギハギ情報だけども。
全部、~だったらしいっていう情報だけども(笑)
ま、みなさんご存知の内容だろうけども(笑)

昭仁さんは、
鯛をなんと釣り開始から1分で釣り上げたらしい!!

これはさすがカリスマティック!
さすが10年目の中堅アーティスト!!(褒め言葉か?笑)
趣味は釣りと言ってるだけあるし、お父さんが昔
海釣りしていたスパルタ教育の甲斐もあって?
もしかして100匹余裕のよっちゃんイカだったんでは?

昭仁さんの釣果  以上 だったらしい!!

1匹?!(笑)
さすがそこら辺もある意味カリスマティック!
中途半端なぐらいなら1匹のほうがマシじゃ!的な?
まぁ狙ったわけでなく・・・
ぶっちゃけ普通に釣れなかったんでしょうけども(笑)

次に気になる大物アーティストからのお祝いコメントですよ。
やっぱり・・・

福山さん!  だったらしい!!

火曜日に移行してから、昭仁さんがだいぶ羽根を
伸ばしているというチクリ報告をちょいちょい受けている
模様の福山さん。若干不快感も表しつつ、100回を
快く祝ってくださったらしいです。

で、今回一番のお楽しみイベント!生歌は・・・!!

『ROLL』!! だったらしい!!

ねー!
これは聞けました、何とか。 ん?(笑)
こういう一番重要なところってのは
何とか聞けるもんなんですね、今のデジタル社会(笑)
これはねー、いや~

いいっ!!

若干ねライブでお疲れのシャガレ声です。
リアルにリアルにライブ感!!
か、かっちょいい~!!
か、かっちょかっちょいい~!!

いや~ホント失礼なこと言いますけども、
たまにANNのレポやってるとですね、
ラジオの昭仁さんとライブの時の昭仁さんとが同一人物だと
繋がらなくて。ホント同じ人だっていうことを忘れて
しまいそうになるんですよ。
あまりにもしょーもないことや下ネタ言ってる時、特に(笑)
そのラジオの場でこうしてミュージシャンとしてやって
くれるとですね、もうねすんごい尊敬します!!

下ネタもしょうもないトークもおもしろい上に歌もうまい!!

っていう、どっちもできるじゃんスゴイ!
っていう意味で(笑)
ということで、是非SPの時はまたやってほしいですね。

ということで、
こんな感じで100回目の放送、
まともにレポできなかったのが悲しいですが、
次回からはデジタル駆使したレポート(?)ですので、
これからもどうぞご贔屓に~!
あ、放送日自体を忘れた場合はデジタルであろうが
なかろうが太刀打ちできませんので(苦笑)
とにかく火曜の夜はぬかりなくっ!!
pinkの挑戦、記憶の壁!(笑)

あ、そうだ!
ロイスーでHOTなさいたまスーパーアリーナの皆さん!
今宵も楽しんでくださいね~!
あ、帰ってきたホヤホヤなコメントもお待ちしてます~!

ではバイバイバス!

| | コメント (15)

3/9、晴一さんはジューシー豚肉派でとろ~りチーズ派

3/9、晴一さんのカフェイン11。
三重、福岡・・・そしてさいたまスーパーアリーナへ
いよいよ今週上陸です!
放送の晴一さんはまだ2月、若干の時差ありですが。
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「WBCの日本ラウンドはもう終わってんのよね?
この2月中にしゃべってるラジオの時間の俺がくやしい。
結果が知りたい・・・
勝ったよね?勝ったのよね?!日本代表・・・!」
ぐふふ~、かわいいハルちゃん。
結果はね、ムニョムニョ・・・
2月26日現在のラジオの国のハルちゃんは知るよしもなく、
知るすべもなく・・・ムフフ

「結局、ホワイトデーは何返しゃーいいん?」
愛!(笑)
クッキーだろうがマシュマロだろうが
そこに感謝の気持ちがほちーの!

いつも晴一さんが聞くラジオで英語でしゃべるDJさんの
「バンド名とか曲名が聞き取れんの!
で、俺はred jam、レッドジャムって聞こえたの。
で、レッドジャムですごい検索したんよ。」
でも違ったそうで。

「で、とうとう見つけました。
俺のこの聞き取りの能力の低さっ」
自虐ネタ(笑)

で結局こちらでした。

♪Ram Jam『Black Betty』

番組で流す曲についてナツキさん感想のほうもどうぞ~
http://nakky77.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-77a7.html
ついつい、感想あげちゃってるところがミソです(笑)
忙しい忙しいと言いつつも書いているところがミソです(笑)

・・・フリートーク・・・

リスナー(岡山県・ユメコさん)
「私は初対面の広島出身の人に会ったら、
『あー広島といえば、
紅葉まんじゅう、お好み焼きですね
つーかポルノグラフィティですね~』
というのが定番になっています。広島の人は
10割ポルノグラフィティのファンで盛り上がります」

「10割がポルノグラフィティのファンなわけ
ないけど(笑)」
「例えばこう、俺たちがラジオのキャンペーンとか
で行ったりしたらさー、担当の人とは打ち合わせ
したりするじゃん。で、『そうそうあそこの席のあの
経理の子、この子呉の出身の子なんですよー』
とかって。
因島は広島県じゃし、呉も広島県なんじゃけど
意外に遠いのね」
「『あ!そうなんすかー!呉なんすかー!
造船ですよね・・・』っていうぐらいの会話ぐらいしか
ないんよ(苦笑)」

因島は岡山寄り、広島市はもっと西寄り。
「むしろ岡山の人と話すとー
例えば、『初デート、倉敷でしょー?』とか、
『鷲羽山ハイランドでしょ?』とか、あるんですよ、
鷲羽山ハイランドっていう遊園地が。
そっちのほうが話せるんじゃけど、
広島県人とは話にくいんだよね。」
あら、意外なカミングアウト(笑)

広島県出身の人に
「『紅葉まんじゅう、お好み焼き、~じゃけぇって言う』
一連の会話。
これを言われても広がらんのよ話は!」

「今浪くん福岡じゃろ?」
「めんたいこ、ラーメン、じゃろ?
って言われても・・・」

今浪サン「あ、食べますねー・・・」

「以上じゃん!」

仙台、『あ、牛タン?』っていうやつか(笑)

じゃ、どうしたらええ?
「カープの栗原、WBC残念でしたね~、ぐらい
言うと、ぐらいの深さ、それ1歩踏み込んだぐらい
なんじゃけど、そこくらいまで行ってほしいよね」
結構深いよ、それ(笑)

♪『Aokage』
因島と言ったら、青影トンネルですよね?
ぐらい深く(笑)

・・・ちょっと質問・・・

「福岡マリンメッセでのステージを控えてる
ポルノグラフィティ晴一がお届け中のカフェイン11」

「ちょっと質問。
キミは福岡に行ったら何をして遊びますか?」

「どこだろうねー福岡。
ま、でもホント好きやわ~!
飯うまいしねー!あのー、力技の飯が。
素材を活かさない」

今「おいしくなるまで味付ける(笑)」

「そうそうそう(笑)」

「でも福岡のね、人のね、ま俺たちが関わってる人、
ま今浪くんもそうやしー、章太郎もそうやしー、
ま、あっちのスタッフとかもね、みんな明るくてね。
俺の印象で言えばね、数少ない会った人じゃけー
全体論ではないけども、俺の印象では大阪の人
よりも福岡の人のほうがノリがいい感じがねすごい
する。
はい、福岡のキミ!
ライブ盛り上げるけん、待っとってー!」
いいな~福岡のこと晴一さんベタ褒め褒めじゃん!
地域によって全然ノリって違うんだろうね~
福岡できっと晴一さんはりきってロックンロール
しちゃうんだろうなぁ!
(追記  ・・・で、しちゃったようです・笑)

・・・晴一の辞書・・・

リスナー(愛知県・グッジョブさん)からのお題。
「携帯電話とは・・・?」
「防犯のために小2の息子さんに携帯を持たせている
のですが、自分の部屋からリビングにいる私に電話
してくるのです。」

「携帯電話とは、ナニナニである・・・
あーそー・・オッケー」
もう晴一先生には言葉が降りてきちゃったんですか?
早っ!やっぱり神?(笑)

『携帯電話とは、今や住所である』

「俺、携帯電話の番号、10年ぐらい変えてないのね。
メールアドレスもそうじゃけど、もっとかな?」
「ま、今はDoCoMoなんじゃけど」
Softbankにして一緒にタダトモになりましょうよ~
ってCMの及川ミッチーばりに口説いてみたりして(笑)

「やっぱねー家の住所はいっぱい変わっていくじゃん。」
「で、引っ越すと家の電話も変わるじゃん。」
で、いろいろ引っ越しを繰り返していくうちに
段々連絡が取れなくなってしまう。

「でもどこに行こうが俺を辿れる住所になるわけよ」
あー、そういうこと!頭いい!やっぱり神?(笑)

リスナー(千葉県・イオリンさん・17)
「失恋とは・・・?」
「今、失恋してすごく落ち込んでいます。
姉は10代のうちにいっぱい失恋しなさいって
なぐさめにもならない言葉をくれました」

『失恋とは、チャンスである』

「女の人でよう言うんじゃけど
『絶対キレイになって見返してやる!』とかさ、
『絶対いい男見つけてやる!』ってのそうじゃしー、
失恋だけじゃなくて何かが終わることって
始まりである。始まりと終わりってどっちが先か
分からんよね」
もうこうなったら哲学?philosophyだよ。深!

「失恋とはもしかしたら恋愛の始まりかもしれんし」
恋愛ロマンチストの哲学。むふふ

リスナー(千葉県・シュビッツさん)
「緊張感とは・・・?」
「晴一さんのライブには比べものにならないのですが、
私はギター教室に通っていて、先生の前で
演奏するとき、つい緊張。1回緊張すると、緊張感
がさらに増してしまいます。晴一さんにとって緊張感
とは何ですか?」
わ、分かる~!全く同じ状況になります、アタシも(汗)
家ではうまく弾けても先生の前になると、
アレレレな経験・・・
先生!晴一先生!教えてください!

『緊張感とは、あがるとは違う言葉である』

「”あがる”ってのは舞い上がる。
と緊張感とは違うと思うんよ。
じゃけたぶん、このシュビッツはあがってんだと思うのね。
で、緊張感ってのは、こう集中してる状態を示したり、
興奮している状態を示したりすると思うのね。
じゃけライブでやるときも緊張感は絶対あるのね。
だけど、それが準備不足だったりしたら、あがる、
舞い上がってしまう、浮き足立ってしまう、うーん
頭が真っ白になってしまう。
じゃけ、あがらないように準備して、緊張感を持って
物事に取り組むっていうことなんだと思うし、
この緊張感は俺自身は大切にしとる。
その物事を楽しんでないと、緊張感ってのはでんし、
一番いけんのは、あがるんはもちろんいけんけど、
一番いけんのは、なんじゃろなー、だれてる?」
「ライブもそれは俺は弾けるんよ、ギターは。
家でギター弾いたら。弾けるか弾けんかってったら弾ける
んだけど、それをよりこうエモーショナルに弾くためには
絶対緊張感は必要なんよ!」
「あがらないためにはちゃんと準備はしとく」
先生!ありがとうございます!
とにかく練習!

・・・ちょっと質問・・・
「春からの新生活に向けて今一人暮らしの家を探している
キミ。物件探しは順調ですか?」

「これね~だいたい多分じゃけど、
東京でいうとワンルーム
7万円ぐらいじゃけどね。」
「7万円ぐらいだとしようや。
ワシは7万円ぐらいで最初、10年前探したけさ。」
「あるじゃんいろいろ。
ガスコンロがいいだとかさ、
えーっとフローリングがいいだとかさ、」
物件の希望条件ね。

「俺で言うと5こか6こぐらいあったんよ。」
上京したて男子のわりには結構あったんだな(笑)

「7万円の家賃だとこれが3つぐらいなのに、
これが6千円ぐらいあげたら、5つぐらいまでいくのね。
で、1万円あげたら全部いくのね。」
「これってさー15万円ぐらいんとこ行っても、
一緒なの。」

「あと2万円ぐらいあげたら全部あるな、っていう
永遠の悩みがある、これ」

「人はねー、物件探しだけじゃないけど、
欲深いもんですよね」
さりげなく深い話だな、これ(笑)銭ゲバ的な。

・・・キミのポトグラフ・・・

リスナー(東京都・ユミさん・20)
「『元素L』を聞くと、
中学の頃好きだった人を思い出します。
思いを伝えることができずに卒業してしまったので、
歌詞の中にある、『好きな人に好きというだけでなぜ
こんなにも大変なのだろう』がいつも心に響きます。
言葉にするにはとても大きなエネルギーがいると
『元素L』を聞くといつも思います。」

「の?
これ自分の歌詞にいちゃもんつけるわけじゃないけど、
『好きな人に好きというだけでなぜ
こんなにも大変なのだろう』って、
『好きな人に好き』っていうけぇ、大変なんじゃろね」
言えないだよね、ホント。声が出なくなるんだよ、
好きな人の前だと「好き」っていう2文字が・・・
なーんて思い出した(笑)
個人的に『元素L』すごい好き。好き好き大好き
キュンキュンだし、この曲なんでシングルに
ならなかったんだろうって不思議に思うぐらい好き!

リスナー(和歌山県・まあやさん・17)
「『NaNaNaサマーガール』を聞くと、恋も部活も友情も
勉強も何もかもいっぱいいっぱいだった14歳の夏を
思い出します。朝から部活で練習をして夕方汗だくで
帰ってきて時に、よくラジオから流れていました。
私は毎日部活なんやから海の砂でGカップを
作るなー!と曲の登場人物に嫉妬していました。
なのでこの曲を聞くと青春真っ盛りの頃にタイムスリップ
します。」

「高いテンションで何もかもがおもしろんよたぶん。
何もかもがおもしろくて、しんどいこともあるけど、
部室で着替えよる会話しとる一つ一つがめっちゃくちゃ
楽しかったり、何やかんや浮かれとる時代なんじゃろね」
浮かれてたな~!
14歳の時なんて、ほーんとアホだったよ。
『やきそばバゴーン!』って言うだけでおかしくてゲラゲラ
みんなで笑ってたもんな・・・意味不明だな(笑)
ま、今も十分アホですけども(笑)

リスナー(名無しさん・高校生)
「私は『そらいろ』を聞くと中学の時の友達を思い出します。
高校に入ってから友達はできたものの、中学の頃のことが
恋しくなることがあるんです。本当の意味で無邪気に友達
と打ち解けたのは中学の頃だと思います。今では表向きは
友達という人が多く、心に穴が開いている感じです。
そんな時に『そらいろ』を聞くと中学の頃が甦り、みんな
必死にもがいてるんだ、頑張ってるんだ、私はなんで
後ろ向きになってるんだろうと大切なことを思い出させて
くれます」

「高校でもうあれなんだ・・・」
「俺たちの中では小中高と一緒じゃったしー、
そこの友達ってのはやっぱ無邪気に分かり合えた友達
って感じがするけど」
「アイツらも頑張ってるから俺らも頑張ろうと思えるのが
友達なんだと思いますね。そういう友達は何よりも大切
じゃけ」

♪『そらいろ』
そらいろ・・・と言ったらそらちゃんでしょ?

・・・カフェイン歌の会リターン・・・

番組で上の句(五七五)を読むので、その後に続く下の句(七七)
をリスナーが考え、晴一さんと全く同じ下の句だったら、その時々
で旬なものをプレゼントという新コーナー。
晴一さんの考えることを当てるなんて奇跡またはよっぽどの
マニアじゃないとできなさそう・・・あ、晴一さんマニアはたくさん
いらっしゃるから意外と軽々クリアしちゃったりしてね(笑)

では早速お題です。

「卒業式 別れの季節 楽しみは」(上の句)

晴一さんができるだけオーソドックスなことを書いてくだされば

ヒントは、
「別れる間際だから、みんなで!
みたいなことなんじゃろね」

全然わかりましぇん~

・・・もっと面白い話ないん?・・・

リスナー(東京都・アイリさん・19)
「どうでもいいけど熱く話してしまうことってないですか?
この前友達と『うどんとそばどっちが好き?』かで
ひとしきり盛り上がってしまいました。その子は福岡出身
なんですけど、そば屋さんよりうどん屋さんのほうが多い
そうです。広島はどうでしたか?
ちなみに私は目玉焼きはソースです。
レストランでコーヒーは同時に頼む派です。
電車は出口に一番近い席が好きです。」

「コーヒーを同時に頼む派・・・えーっと
俺、後派だな」
今浪さんは先派だそうで。
先に頼む人なんかいるの?って思ったけど、
あ、ここにいたんだ・・・へぇ~(笑)

「この間、
俺が熱く語ったのはお好み焼きの話なんですけども」
「(大阪焼きの場合)
ホットケーキみたい(な生地)になった上にベーコン、
ベーコンじゃないわ豚肉おいてひっくり返す。
これカリカリ豚肉派。
俺はー、ジューシー豚肉派だから、
(生地の)3分の2ぐらいをクレープみたいにしてー、
そん中にはさんで、さらに3分の1をこう上やって
ひっくり返すと中で、カリカリじゃないじゃん。
これも派閥があるのね。」
カリカリ豚肉派か、ジューシー豚肉派か・・・
あんまりお好み焼き食べないしなぁ、普段。
カリカリしか食べたことないからなぁ、・・・無派閥。
西の人は特にこだわるポイントなんでしょうかね?

「この間衝撃的だったのが、
とろ~りチーズ派とカリカリチーズ派があって、
普通お好み焼きにトッピングにチーズすると最後に上に
たらして溶かすじゃん。それをね、うちの近くの店はね、
一番下にいくっていう!・・・カリカリチーズ派」
ポッカーン・・・

はっ!

めっちゃ熱い晴一さんに衝撃を覚えたんですけど(笑)
今の話の一体どこに衝撃があったのか・・・、
ちょっとポカンしました(笑)

「俺はね、とろ~り豚肉、とろ~りチーズ派じゃけどー、」
さっき、ジューシー豚肉派っつってたよ(笑)
さっそく派閥名変更かっ(笑)

「一番下にひいてカリカリなんじゃんチーズも、
それもね、まあまあ派閥としてはね俺は認めていいね」
とろ~りチーズ派代表、晴一公認のカリカリチーズ派を皆様
どうぞご贔屓に!

「はい!ではお好み焼きの歌をいきましょうか!
そんな歌ないですね。
ポルノグラフィティで『Please say yes, yes, yes』」
どうもこうもツッコミようのないその曲紹介のノリ(笑)
ポッカーンっす(笑)

・・・エンディング・・・

「広島県人同士では、やっぱ広島焼きには
やっぱオタフクソースっていうこれスタンダードですよ。
ミツワソースっていうね、またこれもね、大きな主流として
あってね、こっちもね、捨てきれんね」
熱い、熱いっす!(笑)
やっぱ岡山よりの広島県人とか言いつつ、
結局熱い熱い広島人っす!
今度いつか広島人に出会ったら、
カリカリ豚肉派かジューシー豚肉派か
とろ~りチーズ派かカリカリチーズ派か
オタフクソース派かミツワソース派か話してみよう(笑)
盛り上がりそう?

あ、牛タンもねそういうのあって、
カリカリ系か分厚い系に分かれるんだけど、
断然分厚いほうがおいしいから!
仙台来たらぜひ食べてみて!
もうじぇーんじぇん違うから!
あの、焼き肉のタンとはまーったく別の料理だから!

はっ!

熱くなってしまった・・・
こ う い う こ と ・・・?(笑)

| | コメント (13)

3/10、昭仁さんが、松坂牛・伊勢エビで贅沢三昧晴一さんに喝ーっ?!

3/10(火)、昭仁さんのオールナイトニッポン。
14、15日は福岡でライブ~!
オホホなナツキさんと美少女なっちゃんが参戦中だとか!?
普段やりとりしてるのが言葉だけなので
イメージと現実って分からんもんですね~。
およ?失礼なこと、言ってないですよね?大丈夫?!
ギリギリアウト?(笑)
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「コンポルノ!
え~本日の放送がですね、99回目ということで、来週は
記念すべき区切りの100回目の放送ということで、ま
盛大な100回目の企画が待っているわけでして」
どんな企画かはのちほど。
99回目!
すごいすごい。1回1回重ねて、
次回でついに100回に
なるんですか!
100回×2時間=合計200時間も岡野さんとラジオで
過ごせちゃってるという単純計算になるわけですね。
(初回から聞いてはいないけど。
途中も抜けたりしたけど・笑)

いやー、積み重ねはすごいなぁ。
晴一さんのカフェイレ300回に続いてくださいね。

さて卒業シーズン真っ盛りですが、
「卒業式ねぇ、今から考えるとアホじゃけさぁ、
その~まだ卒業しても、中学なり高校を卒業しても、
友達の進学先とか、高校出るならどこに住むとか大体
知ってるから、、ま、卒業してもいつでも会えるじゃん的
な感覚でおったもんで、現実的に学生生活が終わって
どうこう、悲しいみたいなんか思い出は何かねぇ、
なかったんですよね。
わー卒業するから悲しいわぁ、
もうこんな時間は戻ってこなんだとかは、
全然思ってなくて。アホじゃけ、俺。」
「今になってもったいない、噛み締めておけばよかったな
と思うんですけどねー」
そうなんだよね~。そんなもんなんだよね、その時は。
卒業の別れはその時ピンとこないもんなんですが、
今年卒業式を迎えた皆さん、人生の先輩昭仁さんが
こんなことを言ってたな、と心に留めておくといいかも
しれませんよ。

さてさて、ポル様ご一行はロイスー真っ最中ですね。
先週末は三重県へ。
「(名古屋から)車で行きよったんじゃけど、
その高速道路沿いにサンアリーナが見えるんです。
でも見えた瞬間に、ん?これ周りに何もないぞ、と。
ポツーンと急にでっかいアリーナが現れ、
周りにその何、住宅街とか街的なものもないし、
ホンマに人、集まるんか?というすごく不安もありながら、
ま、2日間たくさんの人が来てくれたんです、ホントに。
ま、言い方悪いですけど、田舎ですよ。
ま、ワシらも田舎出身じゃけぇ、こらえてくれや。」
毎回そういうところ行くと不安がるよね、ポルノ(笑)
大丈夫、十分にチケット売れてるでしょ?

で、ライブが終わった次の日に伊勢のほうへ
晴一さんとゴルフに行き、
「ま、日曜日だったってので人も多かったんですけど、
そこに来てたゴルファーの人たちに、年配の人もいますよ。
そんな若い人はいないですけど、結構な人数にね?
ライブ行ってましたーとか、そこの従業員の人にも、
ライブ昨日見に行ってましたー、とか。俺ら来るって
分かっとったみたいなんだけど、何か知らんけど。
ライブ見て昨日感動しました、みたいな話をね、
ゴルフ場ん中だけでもホント、5、6人にされて、何かね
嬉しかったんです。ある意味、今回のツアーん中では
一番、そんな大都市ではないところでライブをやっとん
じゃけど、そんなアーティストが来てライブとかやらん
じゃろうね、やらんのじゃろうけど、それがあるってなったら
いろんな人が集まって来てくれてそこに、ほんでま、
ゴルフしとるだけでそんなに会うんじゃけさ、で
感動したって伝えてくれるんが何か、嬉しくてですね。」
「感動でしたね、あれはね、はい」
地方のよさですね。
是非、今度は細かくツアー回って、
うちの近所の公民館あたりにもきてください。
あ、それは小規模すぎ?(笑)
公民館のトレードマーク、”スリッパ”でライブ!(嫌)

伊勢神宮まで足を伸ばしたポル様。
「昔の人っていうのは何を感じてあそこに神社を立て
たんじゃろうね。不思議じゃないですか?」
また~、深い疑問が
湧いてきちゃったんですかセカンドステージ?(笑)

「伊勢神宮、僕、2回目だったんですけど
何か感じますよね、あそこはね!
特別な!
ここには神がおるんじゃなかろうかと思うぐらいの
雰囲気ありますよね!」
「昔の人はそこにもう作ろうとしたってのは何か
感じたから作ったわけでしょ?すごいですねー
何か、深いですねぇ~」

「このー・・・深いですよ~・・・
これしか言えんけど、感想が(笑)」
ええ、・・・深いですよね~(笑)
伊勢神宮、まだ行ったことないんですけど、
いつも話を聞くたびそそられます。いつか行きたいな~!

話は戻り、今回のライブ会場のお客さんについては、
「独特ですね」
初めて来た人が多く、始めは恥ずかしがっている感じが
あり、のってくるとはじけてくれたそうですよ。

リスナー(三重県・アサさん)
「先日は三重にコンサートをしに来てくださって
ありがとうございます。母と行きました。
初ポルノだったのですがめちゃくちゃ楽しかったです。
ところで晴一さんが、『赤福食べに来たんじゃねーぞぉ!』
っと言っていましたが、実際は食べましたか?
伊勢市民にとっては気になります。」
あら?晴一さんったら挑発的(笑)ロッカーだね。
一瞬、伊勢市民を敵にまわしちゃった?(笑)
でも超へヴィなロッカーは「赤福」ってまず言わないだろうから
そこら辺地元に媚売った感ある(笑)

「ほら、これですよ。”三重にコンサートをしに来て
くださってありがとうございます”。ねぇ、いえいえいえ、
こちらこそありがとうございます。」
「赤福食べてないっすねー、今回。
忘れてましたね。」
ららら、昭仁さんもさっくりと伊勢市民を敵にまわした(笑)

「伊勢エビはもちろんのこと、
魚介類はぎょうさん食べましたわ」
「”ガシラ”という魚がいるんですよ、分かんないでしょ?
いわゆるカサゴのことです。」
関西ではガシラ、瀬戸内海ではホゴ、一般的にはカサゴ
だそうです。黒ガシラを召し上がったそうで。

「松坂牛とか晴一が調子乗って食べとったな!
たっかいモンばっかり食べとった、アイツは!
伊勢エビも俺は遠慮して頼まん、俺が先に行っとったん
じゃけどー、『遠慮して高いからいいです』、
って言ってたの、晴一は来たとたん、
『伊勢エビ!伊勢エビ!伊勢エビ!
ありったけの伊勢エビください』つって!
ホンマああやってねアイツは予算をいっぱい使うんです、
ああやって贅沢をしてね。
ホンマにアイツはひどいヤツや!
っていうことを僕は一言言うときたいんですけども
・・・へっへっへっ!(笑)」
とか言いながら思わず噴き出しちゃってますけど(笑)
大抵ね、昭仁さんがこう言ってる時って裏があって、
晴一さんに反論させると、何だ昭仁さんも全然遠慮して
ないじゃんっていうオチになるんですよ、いつも。
でも昭仁さん側からの話だと、
大体晴一さんはかなりの悪者で終わるわけです(笑)
相当無邪気な34歳ですね、お二人、ともにね(笑)

・・・タイトルコール・・・

今回のライブはめちゃくちゃ体力を使うと言ってましたが、
で、先々週ぐらいかな、ちょっと僕体力的に一回ピーク
来ましてー、」
2/27・28の広島終わった後に
ドーンと疲れが来てしまったみたいで、

「(先週の)火水木、3日間か。ずーっと今来てくれてる
マッサージのホカリくんってのがいるんだけど、
そこのホカリくんが働いとる店に行ってね、
酸素カプセル入ったり、針打ったり、マッサージしたり
お灸すえたり、何かいろいろやってね。」
「一回こうやってズドーンと下を、一番コンディションの
悪いのを一回やるとですね上がるしかないのでね、
何とかこの三重の2日間やりまして、必死ですよ!」

「ほけーっと何か
俺がマッサージしてんのを遠巻きに見ながら、
ほけーっとタバコ吸いながら、何かビール飲んで
飯食っとったけど、アイツは(笑)」
さて、問題です。
アイツとは誰でしょう?
ヒントは「ほけー」です。

そうですね答えは、ポルノチームで一番ほけーっとした
イメージピッタリの大輔さんですね(笑)

「ライブに来てくれてこんな嬉しいって、
初めて来てくれて
嬉しいって言ってくれるんじゃけぇ、
こっちも全力を尽くさないとねぇ。
ま、基本的にマゾヒストなんで基本的には、
ドMなので、
こりゃやらなきゃいけんぞっていう気になりますよね」
ドMはこういうとき頑張れるもんなんですか??(笑)
相当、ハードなんですね、今回のライブツアー。
一体どんなことになっちゃってるんだろう?!
昭仁さんがとうとう飛ぶとか?
晴一さんがとうとうバイクに跨って出てくるとか?
あ、勝手な妄想上の話です(笑)

泊まったところがサウナ付きの宿泊施設だったそうで、
疲れた身体を癒すためある人とサウナへ。
「これまたぁ、根性がないっ!」
あ、大輔さんの話です(笑)
サウナで、8分1セットとして入るのに
10分用の砂時計の半分行ったところで
もうくたばって
しまう大輔さんに嘆く昭仁さん。

そんなハードなライブツアーですが、
「今まで以上に体のコンディションを整えるとか、
こんなんプロだったら当たり前だ、
お前言葉にすんな!
って言われたらそうですけど、
そうやってるのがね、自分的にも嬉しくて、
そんだけライブに来る人の意気込みも感じてるわけ
だから
、そういうのも喜びですね。
皆さんありがとうございます」
いやいや、すばらしいですよ。肉体作りとか一生懸命
やってるところを隠さず言えるのもね、昭仁さんの
いいところですからね。そんな素の顔を見られるのは
ファンにとってはたまらないことで、
ANNで生声で語ってくれるのは
とーっても嬉しいことなのです。こちらこそありがとうですよ!
んじゃ、こっちも体力整えて臨みますね、ライブ!

今週は男気を感じる歌
♪『Name is man~君の味方~』

・・・フリートーク・・・

めでたく来週100回目を迎える昭仁さんのANNです。
番組再編の波を乗り越え、100回を迎えられるということは
かなりすばらしいことみたいです!
で、来週何かやっちゃうみたいですけど、一体何を?!

「岡野昭仁、鯛を釣る&生歌!」
めでたい?鯛?シャレ?(笑)

「100回目にちなんで100匹釣ってこうようかなと鯛を」
鯛だけでー?
あ、いろんなお魚をね。
大海原に漕ぎ出しちゃうんですか。
大丈夫かな・・・天気とか。雨バンド代表だけに(笑)

「僕が釣り上げた鯛なり何なりの魚拓を皆さんに
感謝のお返しとしましてプレゼントしますんで!
いや別にいらんわっていう声も聞こえてきそうやけど、
いや、もろうてくれこれは!!」
うん・・・魚拓ねぇ・・・(苦笑)確かに記念になるかー!
あ、昭仁さんの顔拓なら間違いなくめっちゃほしいっす(笑)
40年の歴史あるオールナイトの中でも
初めての試みの海釣り企画だそうですよ。
生歌のほうも楽しみですね~!!
まだ歌う曲は未定だそう。あー、ドキドキ!
個人的には、スガシカオさんの曲とかまた歌ってもらちゃうと
とろけますね~トロロン

・・・メールテーマ「私、僕が考えるいい男の条件」・・・

リスナー(北海道・ヒロさん・20)
「僕がいい男は、
割り箸を使った後に片手で2本ともへし折るれる男です。
それを自然とできる人に男気を感じます。」

「あ、そ~ぉ?(笑)」

リスナー(神奈川県・アカネさん・13)
「私は髪の毛がふっさふさしている人が好きです。
ふさふさじゃだめです。
ふっっさふっさぐらいがカッコイイです。」

「あー。
今、例えが全然出てこん。あの人、
さとう・・佐藤ガジロウじゃないわ・・(笑)佐藤浩市さん。
誰が佐藤ガジロウじゃ(笑)ふっっさふさでしょ?」
「大泉洋さんはどうなんかな?
そう意味では大泉洋さんのほうがすごいかー」
ガジロウって・・・誰?(笑)

リスナー(大阪府・いーちゃんさん)
「カジロウ・・あ、・・・」
また、ガジロウって言いそうになった?!
なったよねぇ?!今!(笑)
「カジキマグロを素潜りで捕まえられる人はいい男だと
思います。」

「これおらんと思いますよ。」
いたら前人未到のビックリ人間ですね(笑)
カジキマグロ釣り名人の松方弘樹もビックリ(笑)

・・・ファンタジスタおかのん・・・

リスナー(青森県・チータロウさん)
「どっちが眉間にシワを寄せていられるか
対決をしていて、『お兄ちゃん普通の顔に戻らないよ、
助けて!』と泣き出した弟」

「ばっかばかしい対決をしてるもんですね、これはね。
でも楽しそうですね。で、
泣き出した弟がファンタジスタかどうかといいますとー、
・・・
ファンタジスタ、ですね!!
基準なんてあってないようなもんですから。」
今、迷ったよね?
完全に迷ったけどファンタジスタ認定です。
基準、ないです。カンです、おかのんの勘!(笑)

リスナー(山梨県・オケイさん)
「ドライブスルーで注文しているのに『こちらでお召し上がり
ですか?』と言ってのけた某ファーストフードの女性店員」

「元も子もないことを言いますね」
「これはファンタジスタでは・・ないですね」
「ドライブでスルーしたいはずなのに、
その自分のコンセプトを曲げられてしまいますと、
すごくA型にとってはいやですねー」
A型って・・・たまに意外なポイントで繊細よね(笑)

リスナー(広島県・ローズさん・14)
「来る人来る人に、『とりあえず洗ってあげたら?』と
言われるうちの犬」

「ファンタジスタ!」
「うちの、おったんですがー、ミニチュアシュナウザー、
ダイアナっていう名前の犬だったんですがー、
それがちょっとその辺でね、子どもができてしまいまして、
あのー野良犬と・・・(笑)どっかの飼い犬と(笑)
で、生まれてきた子どもが、生まれてきたときはかわいい
ですよね。俺、大親友のどいやんにあげたんです。
じゃあ(笑)、もう、半年ぐらい経った時点で、
お母さん(ダイアナ)の2倍くらいある犬に成長しー、
始めはかわいい名前をつけてたんですけどー、
その名前にそぐわないってことで改名しましてー、
『クマゴロウ』という名前になったんですけど、
お母さんが見たら火が出るくらい吼えるんですけど、
そのぐらいおぞましい、真っ黒けっけの何かね、
それこそ洗ってあげたらって言いたくなるような、
非常に醜い犬が生まれてきたっていうねぇ」
わが子なのに、わが子なのに(苦笑)

・・・記憶の壁!昭仁、第1問への挑戦!・・・

さてそろそろ5問パーフェクトを獲っちゃってください~!

第1問目。
リスナー(高知県・ラッキーコトノさん)からの出題。
中学2年生 実力テスト 理科
「『昆虫記』で知られるフランスの昆虫学者は誰でしょうか」

「これは分かるよね。ジョン万次郎!」ブップー
「イソップ!」ブップー
「ファーブル!」ピンポーン!
一応、ボケつつ正解です。
ボケ自体としては正解かどうかは微妙ですが(笑)

第2問目。
リスナー(福岡県・なおさん)から
中学1年生 3学期実力テスト 国語
「相手のなすがままで逃げ場がないことを、
『~の鯉』といいます。~とは何でしょうか」

「料理される手前ってことですね?
どうしようかなー、ええっと・・・
マッドプレイをされるがままの鯉」ブップー
「え、まな板の上の鯉?」ピンポーン!
ボケに関しては完全にブップーですね(笑)

第3問目。
リスナー(大分県・タクさん)から。
中学2年生 1学期中間テスト 国語
「米寿とは何歳、
または何歳のお祝いのことをさすでしょうか」

「これはねぇ、・・・八十八・・?」ピンポーン!
ボケる余裕がなくなってきたよ。

第4問目。
「ちょっとプレッシャーかかってきたなー!」

リスナー(岡山県・ヨシミさん)

中学3年生 1学期中間テスト 社会
「インドでみられる階級制度を何というでしょう」

「おーーーし!!」
ごめんなさい、テープがリバース!ちょうどきれてました。
カースト制度で当たった模様。ピンポーン!

第5問目。
リスナー(長崎県・アオイさん)
高校3年生 卒業試験 社会
「政党や候補者が選挙の際に政策の数値目標や
実施の手順、時期などを明示する政権公約のことを
英語で何というでしょう」

「あーこれはねぇー・・・えーっとえーっとねぇ
えーとどうしようかなー!マゾヒスト!」ブップー
「もうこれすんなり、マニフェスト!」ピンポーン!

パンパカパーン!!

「やった~~!!パーフェクトぉ~~~!!」
思ったより長い道のりでしたね(笑)やりました!

「天才ですね、僕、わっはっはっは!」
わっはっはー(笑)

・・・メールテーマ「いい男の条件」・・・

リスナー(広島県・シュレリンガーの猫さん・18)
「私の考えるいい男の条件はおじさんです。
30過ぎの男性の顔のしわが大好きです。
通学中の電車でチラ見をしています。」
あーめちゃくちゃ分かる。この年頃って、、、
何だか知らないけど、そうそう、そういう時期あるある。
オヤジフェチ(笑)

「あー、これね僕も昔ね勝手に、
あーこの人いい男だな
っていう条件をつけてたのが、
布施博さんっていたでしょ
笑うと笑うジワがよるでしょ、」
「父性を感じるというかー、」
「今でいうならミスチルの桜井さんとか出ますね。
目尻に。あれがいい男の条件なんですよ」
あー、分かる分かる~。

・・・なんじゃろな!・・・

リスナー(セツさん)
「私の実家は何を隠そう因島なんです。
で、気になる看板があるんです。それは因島総合病院の
前にあるメガネ屋さんの看板なんですが、
『9割引きより安い4割引きの店』とあります。
一体どのぐらい安いのでしょうか?」

「もう!なんじゃろねー、これね(困)」
「これは、難解な・・さすが因島じゃね」
「これはねぇ・・・無理です!
これはワケが分からん!が答えです」
ホント全然意味不明~!
これは探偵ナイトスクープ級のお題だな~。
セツさん、そっちのほうに是非ご依頼してください(笑)
解決してほしい、是非!!

・・・ポルノグラフィティに関する情報・・・

福岡でライブ真っ最中のポルノグラフィティ。

男気を感じる曲紹介、
「ポルノグラフィティで、いなじゅま、・・・へへへ(笑)」

♪いなじゅま 改め 『稲妻サンダー99』
おーーージャピャーン!

・・・アキヒトグラフィティ・・・

♪THE YELLOW MOKEY 『JAM』

「(インディーズの頃)一番目標になるようなバンド」
「吉井さんのね、その存在感よね、長身の。
スタイルもいい、ロックというのを体現されてる吉井さん」
「すごく憧れたですけども」

「ロックをやるうえで、
どっかで少年っていったらあれじゃけども

そこは賢くなくていいんだと、そのまま素のままでいようと、
自分の思うままでいようというところを残していようと、」
と思わせてくれたのは吉井さんだったそうです。

・・・エンディング・・・

たくさん受験合格の吉報も入っているようです。

「これまたキュンとする季節じゃね、この新生活が始まる
18歳からね、親元を離れて暮らす人生の大きな転機です
からねぇ」
受かった人もいるけど、一方でそうでない人もいますからね、
別な意味でもキュンとしますね。
アタシは浪人したことあるので、落ちた人の気持ちも分かるよ。
うん、頑張れば絶対報われる!今回ダメだった人は来年、
その気持ちを忘れずに頑張って!

ちなみに来週の100回目に向けて、
な、なんとこの放送が終わったら海に直行されるそうで!!
果たして100匹釣れたのか?!
次回の火曜日、
是非お聞き逃しのないように!!(←自分に言い聞かせ

| | コメント (10)

3/2、ジャカァーン!ガシャーン!ハルイチスイッチ(ON)

3/2、晴一さんのカフェイン11。
花も鼻も敏感に感じる春。
キレのないコメントがオンパレードするかもしれませんが
ご了承ください(苦笑)
ズルズルになりながらも晴一さんに癒してもらいましょうか。
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「もう3月ですから、多少寒い日があろうと、
もうどう考えても春ですよ!
これは浮かれていくところですよ、春っていったら。
ここ浮かれなくていつ浮かれるんですかっていう話ですよ。
浮かれていきましょう!」
浮かれ気分でロックンロール!
(マスク着用中。全然浮かれてないけど・笑)

まずは10thライブサーキット、ロイヤルストレートフラッシュ
の話から。

「まだ前半も前半ですよ」
いろいろ手直ししつつ、日々進化中のライブの模様。
週末、三重参戦の侑ちゃんは、
ホッヤホヤのライブを体験してきたみたいです!
きっと湯気出とります(笑)

・・・フリートーク・・・

「あのね、別冊宝島を読んだのね」
ららら! 
こちらでも取り上げますか、宝島の話を!
どうでしたか、ご本人のご感想は?

晴一さんは自分で本屋で手にしたわけでなく、買ってきて
もらったそうです。
さすがスター?(笑)
昭仁さんのよに、立ち読みしてニヤニヤしたりはしてないそうです。

「おもしろいのね」
やっぱり?

「人のことだったら面白く見よったんだけど、
で、自分らのが出とって。
ま、本人が読むと違うなぁ!っていう情報も入っとんのね。
ま、インタビューした人が記憶違いなのもあったし、
ま、それで読んでもね、面白いね。」

「このカフェイレの発言とかってのも載っとったり、
引用されて載っとったりするんじゃけど」
引用はされてたけど、昭仁さんのANNみたいに
コーナーで取り上げて欲しかったなぁ、カフェイン11!

「無理くり感はある!」
「それはだってー、よう俺の歌詞が村上春樹がどうだかって
こう書いてるけど、まーそりゃー、
この村上春樹っていう、キーワードがやっぱね、すごく
みんな引っかかるんよね。俺が言うことじゃなくて
『村上春樹の影響下にある』とか『読んできた』とか、
すべてハルキストになるわけよ。何か知らんけど」
音楽ジャーナリストよりもハルイチストが分析したほうが
もっともなこと言うかもしれませんよ(笑)
普段のカフェイレも全ての音楽活動にも、
じーっと晴一さんに寄り添ってるからね、
音楽ジャーナリストよりも格段にハルイチストのほうが(笑)

「ここまでピックアップされて村上春樹って言われるとね、
どうかなーって思うよね。」
と、そこんとこはキッチリ反論してました。

♪『アポロ』

・・・

ウィークデイは東京で製作モード、
週末は地方でライブが続く晴一さん。
「どうしてもスイッチがオフになってしまうわけよ。
ライブモードではない製作モードになったりするけぇ、
やっぱね、ホントにシラフでステージ立てんのよ。」

「精神的にねぇ、そのスイッチがね、パチンパチンって
入るもんじゃないじゃん。なんじゃろのーどれぐらいの
スイッチじゃろのぉ?
たぶん背の丈ほどある、
ジャカァァァァーーーーン!ガシャーーーーン!
みたいなたぶんスイッチだと思うんだけど
それはねぇ、そう簡単には・・・
オフにはパチンってなるんよ。
ふっふっふふふふ(笑)
上げるにはね、
ギギギギギギギギギ・・・パチン!
ぐらい。」
ギギギギギギギギギ、パチン、ガシャーーーーン!
ジュカァァァァーーーーン!
というのが今回のライブの課題だそうです(笑)

・・・月刊音話・・・

リスナー(茨城県・アキホさん・13)
「ペダルエフェクターを買おうと思っているんですけど、
ブランドとかナニナニ系とかはどうすればいいのですか?」

「ペダルエフェクターってのは
床に置くエフェクターだね。」

ペダルエフェクターは1種類の効果音を作るのに対して
マルチエフェクターは多種多用の効果音を作り出すことが
できます。
ギターにケーブル(線)でアンプをつなぐと音は出ますが、
ギターそのものの音。ロック特有の歪みやディレイ
(遅らせる効果音)、コーラスなど様々な音色をつけるのが
エフェクターの役割です。

「ギャーンっていう音、
歪むディストーションとかオーバードライブとかっていう
歪む音は、まぁロックギターの基本の音。
って考えると、アンプで歪ませて歪ませるやり方も
あるんじゃけど、レコーディングではアンプの歪みが
一番スムースだし、 (スムーズね「ズ」!)
自然だからアンプの歪みで歪ますことが多いけど、
やっぱライブとかだとクリーンな音も使いたい、と。
アンプを歪ませたセッティングにするわけにいかんのよ。
そういうときにー、特にアマチュアとかはね。」
「やっぱり歪み系のエフェクターがまず1つですね。」

「オーバードライブはアンプの歪みをシミュレートした
スムースな響きで (スムーズね「ズ」!)
ディストーションっつーのはもうちょっと機械的、
っていうかもっとヒステリックな音、っていうー言われ方が普通」

「もう一個買うとしたら、ディレイだね。」
「この番組でもよく使う、声が遅れてこだましてくる、
声が ! コエ コエが!
これ!」
あ~あ!いっこく堂の?
声が・・コエガ・・ 遅れて・・オクレテ・・ 聞こえてくるよ・・
とか言わないの~(笑)はぁ~あ(呆)

で、晴一さんがオススメの必須エフェクターを
真面目にまとめます。オススメメーカーはBOSS

ディストーション(歪み)
オーバードライブ(歪み)
ディレイ(遅れ)

「マルチエフェクター、
2万円ぐらいだったらもうそん中に20種類ぐらい
エフェクターが入ってるっていうものもあるけぇ、
まあそっちでもええんじゃないかなと思う。今の時代はね」

リスナー(千葉県・カズシさん・25)
「この前ニュースでaikoさんのシングルが初めて1位をとった
ということを聞いてすごく意外に思いました。何度もとって
いると思っていたからです。そこで質問です。晴一さんは
オリコン1位についてどんな印象をお持ちですか?」

「そう俺もyahoo!で見た!初めてなんじゃね!
俺もこのカズシくんと同じ感想だった。」
晴一さん、aikoちゃんのシングル1位は昭仁さんのANN
に出たお陰だってのは知ってましたか?
昭仁さんが言ってました、意気揚々と(笑)

「なったらなったで嬉しいよ。嬉しいけど・・・」
「それよりも、2週、3週、売れよるってほうが、
俺たちもやっぱ今は嬉しいね。」

「やっぱポルノの曲だから買ってくれるってのも嬉しい
し、プラス、この曲がいいからって買ってくれる人が
おるってことだ。2週目、3週目にチャートん中に
入っとるってことは。」
ロングヒットが一番嬉しいってことだね。

・・・キミのポトグラフ・・・

「ポルノ+フォトグラフ=ポトグラフ」
ポルノの曲で思い出す景色やシーンなどを紹介する
コーナー。今回お初でございます。

リスナー(愛知県・チハルさん・27)
「私のポトグラフは『Mugen』です。
初めての就職先。働き始めたころ。
グループごとに分かれて小さな部屋で仕事を
していたのですが、私が所属していたグループは
みんなサッカーファン。日韓ワールドカップで盛り上がって
いたのですが、サッカーに興味のない私は話を合わせて
いました。気がつけばみんな試合観戦で1週間お休み。
その間一人で仕事に。寂しく仕事していましたが、持ち込んだ
小さなテレビからポルノグラフィティの『Mugen』が流れる
たび、大丈夫頑張ろうと自分を励ましていました。」

日韓ワールドカップ、
「2002年とかぐらい?」
NHKのテーマになった『Mugen』は、やっぱりインパクト
ありましたよね。そのときはファンじゃなかったけど、
やっぱりキャッチーでしたし、口ずさんでたなぁ。

「そのお祭り騒ぎん中でね、『Mugen』っていう曲で
参加できたっていうのは、何か自分らもすごく思いでに
なってますね」

リスナー(ショウタさん) ←あの?違うか?
「僕の思い出の曲は『あなたがここにいたら』です。
僕には中3から付き合ってる彼女がいます。
(っていうか今中3だもんね)
その彼女は高校進学と同時に引っ越してしまい、
遠距離恋愛になってしまいました。
遠距離恋愛したての頃は彼女に会いたくて会いたくて
仕方がありませんでした。
その時、ポルノの『あなたがここにいたら』が当時の自分と
だぶって物凄く心に染み、彼女がどれだけ大切な存在か
改めて実感しました。ちなみにその彼女とはまだ付き合って
いて、もうすぐ2年。僕の影響で今じゃポルノの大ファンです」
ポルノを通じて繋がる遠距離恋愛、いいですね~。

リスナー(横浜市・ノゾミさん・14)
「私には小さい頃からずっと心に残っている曲がありました。
誰の曲かも知らず、それが『サウダージ』だと知ったのは
去年のことでした。
大好きなポルノグラフィティの曲で感動しました。」

「14歳だから『サウダージ』が2002年とか、
2001年ぐらいかな?

2000年ですか。9年前だからノゾミちゃんが・・・
イチュチュ!イチュチュ!ですかー・・・
そうですかー、そうなりますよね」
そうですね、そうなっちゃいますぅ?(汗)
場合によっては懐メロになっちゃうね。

♪『サウダージ』

・・・

WBCを気にしている晴一さん。
監督になりたい晴一さん。
WBCを熱く語る晴一さん。
結果2位通過でしたよ、晴一さん。
あまりにも熱く語るからスルーはできなかったけど、
精一杯、こんぐらいしかレポートできませんでした。
ごめんねごめんね~。もう時間がぁ・・・(泣)

「ホッントに楽しみ、ホッントに楽しみ」
ホントに楽しみなんだね。それはよく分かりました。
9割割愛しちゃったの、ごめんねごめんね(笑)

♪『ベアーズ』
野球の曲作るぐらいだもんね。
ゴルフの曲もそのうち作るかな?
パー!とかファー!とかキャディーとか出てくる歌詞(笑)

・・・エンディング・・・

「次のWBCはテーマソングやりたい。
ホッントにやりたい!」
ホントに好きなんだね(笑)

そんな生晴一さんを次に拝めるのは・・・
福岡ライブ!
ナツキさーん!なっちゃーん!
よろしく頼んだよ~!盛り上げてきちゃってよ~!

| | コメント (13)

2/24、『別冊宝島J-POP批評ポルノグラフィティ』に大喜びの昭仁さん

2/24、昭仁さんのオールナイトニッポン。
油断してしまいました・・・
3/3のANN、録り忘れましたーー!
ひな祭りの昭仁さんは元気にしてたんだろうか?!
とりあえず、2月末の昭仁さんは元気でしたので
その模様をお送りします~。
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「こんばんは!
あ、こんばんはじゃないや、コンポルノ」
あ、こんばんは(笑)

「aikoちゃんが出した曲『milk』が11年目にして
初めてー、オリコン1位をとったっていうね、ことですよ。」
おめでとー!初めて?意外!

「まあ、僕のお陰でしょうね、完全に(笑)」
その堂々たる所以は・・・一体。
印税の一部をもらう気、さらに厚かましさが加速(笑)

リスナー(北海道、ナツキさん) ナツキ違い(笑)
「ポルノグラフィティのオールナイトニッポンスーパー、
aikoのオールナイトニッポンのリスナーだった私には
aikoさんがゲストというのはたまりませんでした。
二人のドフリートーク最高でした。」

aikoちゃんがゲストに来てくれた反響は絶大だったよう。
恩恵を受けてるのはむしろ昭仁さんのANNのほう
だったりして(笑)

・・・タイトルコール・・・

「知ってますか、みなさん。
『J-POP批評、誰も書かなかった 何とか』みたいなんで、
ポルノグラフィティで出たんですよ!」
お!昭仁さん自らがここに触れるとは全く思ってなかった
だけにビックリ!

「僕は本屋でこれを見つけた時に、テンション上がって!
わっ!
だってね、その本は一冊まるごとポルノグラフィティ特集
なんです。数々いろんなこと書かれてて、ほんで
僕はいろんなバンドのいろんなを見てきて、で、あ、
ここに書かれるようになったらホントに僕は一流の
証明だな
って思ってたんでー。」
え、本屋で?!
ポルノのところには連絡がなかったんですか?
じゃファンと同じ状態で手にしたってことですね!

「勿論ね、いいことばかりじゃなくて、
たまには辛辣なことも書かれてたりするんですよ。
でも、客観的にポルノグラフィティを批判してる
雑誌とか物って
書籍とかってあんまりないんですよ。
どっちかっていうと、取材依頼が来て僕らの許可があって
こんな感じで出しましょう、っていう関係性で
出してる雑誌
がほとんどなのに、
あの雑誌の場合は一切、
取材をしますとか
書きますとか一切連絡がなく
出されてる本なんですよね。」

そーなんだー!
今回は本当に許可なく、好き勝手に書かれたんだ。
禁断の(?)Tamaちゃん脱退の理由にも言及してたし
(あくまでも憶測の範囲だったけど)
ロマエゴのアルバム批評した人はホント好き勝手、
ボロクソ言い放題でしたしね(苦笑)

確かにあんなこと音楽誌は書かないです、ある意味(笑)
でも1冊まるごとポルノグラフィティでしたから、そんな
批評もぶっとぶ価値ありました。

「もう、
『見つけた瞬間やった!!出た!!
ポルノグラフィティが出とるー!!』
って思うて、嬉しゅうなって本屋で!
人目をはばからず思わず立ち読みしてしまいまして、
その後買ったんですがー、俺が読んでる時も
何人かの女の子がそれを手にとったりをして、

それもちょっと嬉しかったし、
ま、その本人がここで読んでる感も恥ずかしいけ、
すぐ本投げ捨てて隠れたりもしたけど(笑)」
それを手にする人、間違いなくポルノに興味があるわけで、
そこで本人がまさか立ち読みしてるとは思わないよね(笑)

「すごいですよ、あの雑誌!
僕の親戚の写真とかね、僕の親父のとかね(笑)
そんなんがね、僕ら知らんかったしー、
出るまで知らんかった。」

岡野家の親戚のオンパレードでしたからね!(笑)
っていうか因島総出で
島中の人にインタビューした感じでしたからね(笑)

「すごく興味深く読ましてもらいましたよ。
あのー、
『昭仁の書く曲にこれから伸びシロを感じたりする』

とかね、言われたりしらたね、何か、ニヤっとしてしまう」
ニヤニヤっとしながら立ち読みしてたんだろう(笑)

「ある意味、
これはアーティスト本人が言ってしまうのは
どうか知らんけど、おもしろかったなと思いますよ!」

ただし、
「もし買って読まれた人は興味を持って、
うちの実家とかー、うちの写真屋さんとかに行くのは
やめて欲しいんですよね。実は。
やっぱり商売をしてるってのもありますし、
実家は実家として、やっぱプライベートな場所なんで、
そこに訪ねて行かれると、僕自身も困りますし、
見られたくないもんありますしね。
で、その周りの写真屋さん以外の親戚がやってる
料理屋さんみたいなとこもありますんでー、・・・
まあ、分かります!興味があるのは分かりますが、
なるべく、行かんほうが、
行ってくれんほうが嬉しいですねぇ・・・」
ですよ。
皆さん、ここんとこは守りましょうね。

♪『そらいろ』
今夜は卒業式で聞きたい曲。

・・・フリートーク・・・

HEY!HEY!HEY!600回スペシャルを見たそうで、
ダウンタウンと松山千春さんや泉谷しげるさんら
大物ミュージシャンとの掛け合いを、
「おもしろい!」
と大胆に批評(笑)

「あのね、(大物)ミュージシャンの、
簡単に言ったら、えらそう具合?
あの辺がかっこいいなと思って!」
「ああいう破天荒なっていうか、いっちゃってる人って
いないでしょ、今!」
アタシも別の番組見ていて思ったんですけど、
昔のアイドルやミュージシャンもかなりいっちゃってる人
多かったなぁと思って見てました(笑)
プライベートも結構いっちゃってる人多かったですね。

「僕に求められたら無理なんで、僕はー
因島から出てきた普通の人間なんでー(笑)、
なかなかそこから抜け出すことはできないんですけど」
とりあえず自分は置いておいて(笑)

最近のミュージシャンは昔に比べて、
「マジメというか、平均的というか、何かみんな飛びぬけて
いきたくないというか、うまくまとめたいみたいな」

泉谷しげるさんがトーク中客席に向かって口に含んだ
ウーロン茶をブーっとかけるような、破天荒感。
「サプライズみたいなもんは、
このエンターテイメントの世界に
いる人間としては
起こしていかないといけないなと
思いましたけどね。」
J-POP批評、岡野昭仁氏(笑)
じゃ、いよいよ・・・
生放送でズボンを下まで下ろしてみます?(笑)

♪Kiroro『Best Friend』

・・・メールテーマ「アキデミー賞」・・・

ちょっと変わった自慢話。

リスナー(兵庫県・ユウコさん)
「私は最優秀舌回し賞です。私は舌が180度回ります。
友達に見せたらかなり引かれました。
最近では三つ折りに挑戦してます。」

「はぁ・・・15歳!
もうちょっと年とって彼氏とかできたらもっと
役に立つかもしれんね!」

リスナー(大阪・リーチさん)
「最優秀ニコラス・ケイジ賞です。
中学の時、ニコラス・ケイジに似てると言われていて、
高校で初めて会った人にも似てると言われました。
ニコラスっぽい哀愁を持ってると言われました。」

「はぁー何でしょう?(笑)
現ニコラス・ケイジですか?
まだ髪の毛がふっさふっさしてるときのかなぁ?
どっちなんねー?」
現ニコラスなのか、旧ニコラスなのか、
そこ、とっても大きい問題ですね(笑)

では曲紹介を・・・
「レミオロメンで『3月3日』。間違えた、『3月9日』」
昭仁さん、ちょっと、ちょっと!(笑)
そこ、とっても大きい問題ですよ(笑)

♪レミオロメン『3月9日』

・・・ファンタジスタおかのん・・・

下ネタのオンパレードになりつつあるファンタジスタ。
今宵は大丈夫でしょうか?

リスナー(静岡県・イチゴさん)

「旅行に行ったとき、
予約ミスでホテルに泊まることができず、
家族でラブホに泊まることを決断したうちのお母さん」

「お母ちゃん・・・
これは行ってみたかった的なことでしょうね。
家族でなら、こういう理由でならば行きたかった、
ディズニーランド的なことやないですけど、まだ見ぬ
夢の世界みたいなところに公然といけたっていう」
そうかぁ?!
家族とラブホなんてイヤよね・・・

・・・記憶の壁!昭仁1問目への挑戦!・・・

唯一マジメ路線のこのコーナー!(笑)

リスナー(福岡県・最後まで秘密兵器さん)から
第1問目。
高校2年生 2学期中間テスト 物理
「パトカーや消防車が通った際、音源が移動することに
より音の高さが違って聞こえる現象は何でしょう?」

「100パー分かりますね!」
「ドップラー効果ですね」
ピンポーン!

リスナー(福井県・メロコさん)から
第2問目。
中学校3年生 確認テスト 理科
「めしべの中頭に花粉がつくことを何というでしょう?」

「えーーー!!めしべの中頭に?ええっ?
交尾的なことか?!」
「交尾!」
ブップー!
「チョメチョメ!(笑)」
ブップー!

いろいろあがいたけども、
「・・・スイマセン、ギブです。」
簡単すぎて分からなかった・・・?

「答えは受粉」

「受粉?!
絶対分からないわ・・・習った記憶もないわ・・・」
ええっ?!交尾は知ってるのに?!(笑)

リスナー(茨城県・ショウジさん)から
第3問。
中学2年生 中間テスト 国語
「家計がとても苦しいことを、何の車というでしょう?」

「何の車?イタリア製の車?」
ブップー (シーン・・・ボケたの?一応?笑)
「火の車」
ピンポーン

リスナー(青森県・ショウタさん)から
第4問目。
中学1年生 1学期実力テスト 英語
「英語の動詞goの過去形は何でしょうか?」

いろいろボケたところは割愛(笑)
「えーっとね、went」
ピンポーン!

リスナー(名古屋市・モンモンさん)から
第5問目。
中学2年生 1学期中間テスト 社会
「名前に島がつく県、5つをすべて答えなさい」

「得意の社会!」
「九州のほうから行きたいと思います。鹿児島県!」
「広島県!」
「福島県!」
「島根県!」
「あと一つ、へ?っへ?徳島県!」
ピンポーン!
やったね。
でも・・・正直、今回簡単すぎると思う・・・(笑)
次こそはパーフェクトで、
そろそろクレバーな昭仁さんを見せてください!!

♪ゆず『栄光の架橋』

・・・メールテーマ「アキデミー賞」・・・

リスナー(練馬区・エンドウさん)
「私は最優秀人違い賞です。
すれ違った人に『あれ?藤沢さん?』と言われ、
100円ショップでは『荒井さんですか?』と言われ、
携帯の留守電には『中田さん、まだ?』とか
『中田さん、ごめん行けなくなっちゃった』とか
入ってました。私は遠藤です。」

「これも不思議じゃね。」
すごい人違いを引き寄せる体質?(笑)

♪荒井由美『卒業写真』

・・・なんじゃろなー!・・・

「最近イマイチ手ごたえがあるのか、
ないのか
分からないこのコーナー」
本人も感じてた?

リスナー(神奈川県・モモさん)
「家の近くに『趣味の店』というお店があります。
そこには、『一見さんお断り・常連さんお断り』と
書いてあります。一体誰が入れるのでしょうか?
疑問です。」

「こうなってくると、考えることは、
2回目か3回目まででしょうね、行ける人は(笑)」
そういう意味では、お店をやっている人の
そういう趣味の店ってこと
なんですかね(笑)

♪コブクロ『桜』

・・・ポルノグラフィティ・・・

10thライブサーキットツアー中!

以上(笑)
あう~・・・貧ポル状態になってきた~
妄想ライブで予行練習だ!(なにそれ?笑)

♪『あなたがここにいたら』

・・・アキヒトグラフィティ・・・

♪浜田省吾『I am a father』

同じ広島出身だそう。
fairlifeで一緒に活動しましたね。

「ほっとさせてもらえるというか、ふっと背中を
押してもらえるというか」

昭仁さんが悩んでいる時、浜田さんから、
「とにかく歌い続けなさい」と言われたそうです。
「歌い続けていくことで、のちのちそういうことだったんだ
と分かる時があるから」と
「ホントに心に突き刺さると言うか、
勇気付けられる言葉をくれるんですよ浜田さんは」

昨日初めて昭仁さんが歌うfairlifeの『冬休み』って曲を聞いた
ですが、ポルノとは全く違う面の昭仁さんが見られました。
ああいう優しさ全面の昭仁さんもいいなと思った。

『I am a father』

昭仁さんも、もう実はfatherだからね。
そのうちこういうタイプの曲も出てくるのかなぁ。
なんて思った。変化してくってのも続けていくには
必要なことだし、いいのかもね。

・・・エンディング・・・

「今週は地元に行って、ライブをするということですね。
またまあ、毎度のことながら親戚達が大挙として
駆けつけるわけでございます。なかなかですね、
そりゃもちろん来ていただけるのは嬉しいんですよ勿論。
ライブが終わった後、一応ねみんなに会って挨拶みたい
なんするんだけど、そこに向けてのね、体力がまた
必要ですからぁ・・・
ええ、毎回あのサインの山。
『これ、はい書いといてー!』みたいな」
何かこーいうの、ほんと微笑ましいというか、
普通の素な感じがいいですよねぇ。
アーティストだからツンケン!みたいなのが全くなくて(笑)
因島魂、これは都会育ちのすかしたアーティストには
ない面で、絶対マネもできない。
こういう田舎くさい親近感、最高!(笑)
ポルノファンにはそう感じる人、きっと多いでしょ?
あれ?田舎フェチ?
スガシカオさんと同じ嗜好?(笑)

「でまた(ライブの)両日、1日目に来た親戚が、
サイン色紙を預けていくんですけどー大量のね。
『あ、時間ないけぇ、ちょっと書けんわー』って断ったら、
『大丈夫!明日また違う親戚くるけ、書いといて』
みたいな」
親戚に言いなりの一流アーティスト(笑)

以上、ANNレポートでした!
冒頭にもお伝えしたとおり、3月3日のANNレポは・・・
ありません、ごめんなさい~!
ANN聞いた人から情報を収集して各自で復習するように!
そして録り損ねたpinkは反省しておくように!
では、本日はこれにて解散っ!!(笑)

| | コメント (18)

初めての~バトン、キミとバトン~♪ウフッフフ~

バトンって、間違いなく10代対象の質問なんですー。
だから、今までやれなかったんですー。
何をいまさら、そんなことを聞かれてもさー的な(笑)
キュンキュンとか甘~い!とか全くないんです(笑)
でも最近誕生日を迎えた妄想ロッカーさんに名指しされて
正直ドキッとしたんです。
で、ナツキさんとこに行ったらまんまとやってるし(笑)
だから、初めてのバトン、pinkもやっちまいますよ。
リアルサーティスリーのバトンですよ(笑)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

【自己紹介バトン】
・3日以内に書く
・嘘偽りなく
・アンカー禁止
・回した人はちゃんとそのひとがやったか見に行く
・書いてない人には罰ゲーム

■回す5人

5人?
なっちゃん、アヤちゃん、そらちゃん、Mioちゃん、侑ちゃん、
19さん、いぐさん、ちょびぐろさん、
ギイさん、朗人くん、・・・とかって
思いつくままに、
人の名前挙げたりするのは反則なんですよね?(笑)

やりたい人はやってみんしゃい!自主性におまかせ!

■あなたの名前

pinkです。

ponkとか、oinkとかそういうコブタちゃんチックな
名前ではないです、はい。
たまに”pinkもどき”というナゾの人が出てきて
勝手にコメレスをしてくれたりします。
いひひぐふふと言って去って行くので、
大体、正体バレテーラ。

■呼ばれ方

”pinkさん”とか。
朗人くんには、”おい、pink!”って呼び捨てされました。
きっと彼、将来大物になると思います(笑)
あ、”おい!”とは言ってない?

■あなたの年齢

リアルサーティスリーです。
もう隠したりしません。
最近になって自分が30代だとやっと認識できたので(笑)

■好きなもの

すんごいザックリな質問(笑)
鳥さん、ポルノ、ギター、そして一番はダーリン!
こんな感じでいいすか?(笑)

■今現在恋人は?

いたらリアルに問題ある(笑)

■好きなタイプ

性別は越えて、
人生に深みがある人が好きです。
この人、努力してるなーって人も大好きです。
年齢も関係ないです。

■嫌いなタイプ

努力せずに文句ばかり言う人。

■好きな映画

ロバート・デ・ニーロの映画は学生の頃、よく見ました。
あとは『ニューシネマパラダイス』とか。

■好きな音楽

ポルノグラフィティ。
Mr.Children。

年齢とともに変わるんだなぁ、って最近思います。
小学生の頃はチェッカーズと徳永英明。
中学生の頃はTMネットワーク。
高校生では、古い洋楽。
大学生の頃は、小室音楽からミスチルへ変換。
20代は、もっぱらミスチル。
そして今、ポルノグラフィティ。

■送り主を色にしたら?

妄想ロッカーさん?
そうねぇ・・・
全身、黒いロックな服、着てそう。

■回す人を色にしたら?

お、思いつくまま名前挙げただけに、めっちゃ多い(笑)
名前出てない人いたらごめんなさい、ホント思いつきで・・・
色は見た通りです。

なっちゃん(若い、元気なイメージ)
アヤちゃん(赤い蜥蜴なイメージのまま。)
そらちゃん(もうそのままよ。いつもすがすがしい!)
Mioちゃん(←白。何かね、根が純な感じ)
侑ちゃん(ちょっと反骨的なかっこよさ)
19さん(クール、でもちょっとマニアック)
ちょびぐろさん(ドMなんだけど、明るいドM)
いぐさん(ちょっと繊細&シャイ、でも熱い)
ギイさん(いつもひょっこり、出てくると安心感)
朗人くん(好きでしょ?赤)

え?ナツキさんもやってほしいの?
ナツキさん(透明。ないと困る空気や水のような存在)
どう?色がついてないからドラッグしないと見えないよー。
むしろ恥ずかしいから見ないほうがいいかもよー!(笑)
ホントはね、イメージはオレンジですね~。
何か自然色、っていうかー、天然っていうかー(笑)

■好きな食べ物

お寿司、スイーツ、イタリアンとか。(全部ざっくり・笑)
おいしいものをちょこっといろいろ食べるのがいいね。

■三日以内に実行しなかった人の罰ゲーム

じゃあね、ご自身が参戦するポルノのライブで、
『Love, too Death, too』か『ジョバイロ』が出てきたら
まったく違うところで、手拍子をして 浮く (笑)
周りの人に、
「この人、ちょっとリズム感やばくね?」って
顔されたら完了!(笑)
上の2曲が出てこなかったら、
『Mアワ』の変な踊り「よーこよーこ、たーてたて」を
逆にして「たーてたーて、よーこよこ」にして 浮く (笑)
もう何の曲でもいいから、浮いてくれたらそれで結構(笑)

以上です。
はあ~、大変だな、やっぱり。でもおもしろかったよ~!

ナツキさんのバトン! ↓ ↓ ↓

http://nakky77.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-3e63.html
自称、永遠のセブンティーンだとか。
自称、大和ナデシコ七変化だとか、言ってますけど(笑)
かわゆい夢見るウサギちゃんには間違いないデス!

| | コメント (34)

2/23、『晴一の辞書』カーニバルな50分

2/23、晴一さんのカフェイン11。
そうそう、今日3/1は宮城県では公立高校の卒業式でした。
今年はうちの二人の弟も、大学・大学院を卒業。
とうとう社会人に。
今年ご卒業される学生の皆さん、おめでとうございます!
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「今日のコーナーの数々を見ていくと、すごい
俺に求められるハードルが高~い回じゃね、今回ね」

確実に春が近づいてきているのを感じるということで、
「あのねぇ、やっぱね、観葉植物とかもさ、
アイツら春感じるじゃん、家ん中に全然おるのに。
日当たり悪いとこにおってもさ。
やっぱ、こう、アトリエとかにある観葉植物とかね、
アトリエに詰めとるからよう分かるんじゃけど、
しかもアトリエで作業しながら、あーだこーだ、
気分転換、っていうかウロウロすることが多いけぇ、
むしろ観葉植物を見たりするわけ。
ホントに芽がちょいちょい出てきてね。」
うふふ、バリバリのロッカー新藤晴一さんったら
観葉植物をちゃんと観察してるなんて・・・
微笑ましいっ!(笑)
ナニナニ?アトリエに詰めてる?
ほほう・・・曲作り?ましゃか?近々?ワクワク?

♪『タネウマライダー』
ヒッヒン!

・・・フリートーク・・・

「最近ね、打ち上げがすごい楽しいのよ。」

ライブ終了後、メンバー、スタッフで食事会は、
「ちょっとね、惰性になっとったとこもあった。」
「やっぱ慣れてくるもんじゃん。
あんなに最初の頃は、
ライブが終わってそのままガンガン飲んで
ガンガン盛り上がってっていうのが、段々、こう、
慣れてくる、なくなってくる」

でも最近楽しくなってきたのは、
サポートミュージシャン達のお酒の楽しみ方。
それが勉強になるということです。

特に、またろうさんや根岸さんのこだわりで、
「お店の生ビールの銘柄にもこだわるのね。」
「俺もビール党じゃけど、そこまで気にせんのよ」
何か、昭仁さんがよく言うセカンドステージ的な話ですね~。
ひとつに深くこだわるってところが。

「お酒を楽しめるけ、楽しいっていう、飲み場が」
「毎日毎日、当たり前にある場も楽しめるっていうのは
何か、大人の余裕だなぁ、って感じがして」
お酒を楽しめる、大人か。
場合によってはただの、のんべえだったり・・・・?(笑)
お酒好きな人のブログ行くと、ホントお酒の瓶(銘柄)の写真
ばっかりだったりするもんね。
誰とは言わないけど、サポメンさんで(笑)

・・・晴一の辞書・・・

ご本人にとっては毎回ハードルが高く、
リスナーにとってはとっても好評のこのコーナー(笑)

リスナー(兵庫県・チバさん)からのお題。
「ツアーとは・・・?」

さて晴一の辞書では・・・
『ツアーとは、カーニバルである。』
あら、カーニバル?
踊り踊らされてカーニバル?(笑)

「何か、移動も含めて、何か浮かれてる。
それこそ打ち上げも含めて浮かれてる感じ。」
「ライブやツアーはロマンチックなもんである。」
ロマンチスト晴一さんらしい(笑)
リアリスト昭仁さんだったら、何て言うのかな、なんて
思ってみたりなんかして。

リスナー(千葉県・植木の鉢子さん)からのお題。
「二日酔いとは・・・?」

『二日酔いとは、元より承知である。』
確信犯だ。

「これを怖がってたらね、酒は飲めないよ(苦笑)」
「飲みすぎたら一緒!(笑)
もう、ちゃんぽんせまーが、どれだけ水飲んでも、
飲みすぎたら二日酔いになるっ!」
何か、タモリさんみたいに悟ってるね(笑)

リスナー(群馬県・ミルコさん)からこちら。
「デビューとは・・・?」

『デビューとは、階段の一段である。』

「俺たちが言葉でこだわるのは、10周年って言葉
だけじゃなくて、”デビュー”10周年って絶対付けるのよ。」
「やっぱその前のインディーズの3年間とか、
高校からの何年間か、」
「そういうのも含めて今じゃけぇ。」
下積み時代にも階段は上り続けていて、
そこに”デビュー”という名の一段を登ったということですね。

♪『アポロ』

・・・まだまだ晴一の辞書・・・

リスナー(千葉県・マリさん)から。
「プロ野球とは・・・?」

『プロ野球とは、超超豪華なショーである。』

「年俸はその人の評価じゃったら、
そこに3億円の、野球だけよ、3億円の価値のある人が
ファースト守りよったりするんよ。じゃん?
それってさ、何かのミュージカルみたいなんがあると
するじゃん、そん中になかなか3億円のギャラもらって
る人おらんよ。」
3億円が1年でもらえるって、よくよく考えてみると
今の時代に全く反してますね。ありえない(苦笑)
夢の夢の夢、ドリームですね。
何か不思議だなぁ・・・

リスナー(埼玉県・ミッコさん)
「引っ越しとは・・・?」

『引っ越しとは、直感である。』
うまいね。
あるある(笑)直感、大事。

「と思わん?ま、物件にだけどね。」
「物件にも、ちょっとスピリチュアル入るのかなぁ・・・?
ここだ!ってとこあるよねぇ?」
あるよねぇ・・・
何かここは嫌な雰囲気だな~とか、
ここは何かシックリくるなぁ、とか。
物件、実際行ってみてあるよねぇ。

「はい、続きますか?まだぁ~・・・」
結構、だいぶ絞り出しました、晴一さん(笑)
お疲れのご様子。

息子さんがマンガに夢中でお困りの
リスナー(広島県・カオリさん)から、
「マンガとは・・・?」

『マンガとは、ルール無用のアトラクションである。』
一瞬意味が分からないけど、晴一さんの説明で納得。

「もう何でもええんじゃもん。
宇宙戦争を描くにも、映画とかだったらめちゃくちゃ
予算かかるんよ。」
「マンガってもう描きゃあ!ルール無用じゃもん。」

「はぁ~・・・・。(深いタメ息)
晴一の辞書、今週は以上です。」
お疲れ様でした(笑)養分、吸い取られたよう?

・・・ちょっと質問・・・
「キミは一年で何回ぐらい、飛行機・新幹線に乗りますか?」

ツアー中の晴一さん、
「何かよく移動してんなーと思って(笑)」

ご当地弁当の話になり、
「やっぱね、崎陽軒のシュウマイ弁当なんよ(笑)」
あら、意外。めちゃ王道(笑)

「あれもおいしいね、マスの・・鱒寿司」
おいしいね。たま~に、急に食べたくなるね。
青魚嫌いのアヤちゃんは、無理かにゃあ?

・・・もっと面白い話ないん?・・・

リスナー(福岡県・マコさん)
「10歳の息子(現在11歳)が当時『didgedilli』を
練習中だったというメールを覚えていますか?
その時、晴一さんは『すぐできるようになるよ。そんなに
難しいことしてないけ』とおっしゃっていましたが、
10歳の子供にはかなり大変でした。
某テレビ番組に応募したくて、練習を始めました。
もしもテレビに出られたら、憧れの晴一さんの目にとまる
のでは?という淡い期待を抱きつつ。
何ヶ月もかけて練習し、何とか形になってきたのですが、
練習から半年後、その番組は応募を待たずして終了。
テレビには出られませんでしたが、その報告だけさせて
ください。まだミスもありますが、息子の『didgedilli』を
YOU TUBEにアップしました。もし気が向いて、
見ていただいたら嬉しいです。」
YOU TUBEで”didgedilli”と検索すると一発で
出てきました!すごいなぁ!かっこかわいい(笑)

「さっき、YOU TUBEで見さしてもらったんじゃけど、
ちっちゃいね、11歳で。
レスポールっていうギターが、335っていう俺たち
大人が持つデカイ、ギターに見えるもんね。」
335って昭仁さんがよく多用する、
エレキだけどボディに空洞のあるギター。
ジャズでよく使われる、セミアコっていうギターです。
っていうかレスポールもめちゃくちゃ重いから、
よく小学生が持って演奏してるなーってそれだけでも
すごいと思うもん(笑)

「でも頑張っとったよ。
まぁ、確かにちょっとまだミスはあったけど、
こんなん12歳になったら、
俺より全然うまく弾けるんではないかと。」
ふふふ、前回の
『すぐできるようになるよ、そんなに難しいことしてないけ』
とか、
『12歳になったら俺より全然うまく弾けるんではないかと』
そんな所々、ギタリストとしてのこだわりと対抗心を
チラチラ感じるのはアタシだけでしょうか(笑)
テクニック的に難しいことはしてないと言えども、
小学生にとって
間違いなく簡単ではないわな。

ちなみに、晴一先生からのアドバイスは、
「もっと簡単なポジションがあるんよ。」
弾きやすくてかっこいいフレーズっていうのを入れているので、
ギターとして音がいいポジションのほうがいいよ、と。
一回お手本見せてほしいよねぇ~。弾いてほし~の(甘)
ネットライブカメラだったら見られるねぇ~!
はっ!YOU TUBEでアップしてもらうのもいいな!
『晴一のギター講座』!
今度そういう企画もいいねぇ~!(一人で盛り上がり・笑)

「ではポルノグラフィティで、俺が弾いてる(笑)、
『didgedilli』」
あ、また感じてしまった(笑)
俺はギターのプロなんで、お世辞でも褒めないゾ的な空気(笑)

♪『didgedilli』
うん、確かに、全然違います。先生!

・・・エンディング・・・

「papyrusに最終回が載っている、ハズです!!」
大丈夫だったみたいです(笑)
読んでないけど、目次にはありましたから。
読むときゃ一気に読みたいので、
いつか単行本の発売、楽しみにしてますからっ!
そして夢のサイン会も・・・

| | コメント (16)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »