« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

ロイヤルストレートフラッシュ的な

いつものCDショップに行き、

アレを買おうと。

今日発売とは言え、DVDだし、
ひっそりと「ポ」の段に置いてあるんだろう。

入荷数も2つ。多くて3つぐらいだろう。

ここのCDショップ系列店は、
ポルノのことあんまり特集してくれないからなぁ。


さて、「ぽ」、「ぽ」・・・

ポぉーーーーっっっ!!!

(・・・昭仁さんと晴一さんが
元気いっぱいライブをしている様子を
しばしご想像ください・・・)

にゃ~ん!!!
TVモニターの画面にライブ映像が流れてるし!
根岸さんだ、真助さんだー、
CDショップでこんにちは!
何かポスター(?)的なものも貼ってあるし!
DVDが7、8枚以上も陳列されてるし!

嬉しいよぉ(泣)
ありがとう、
〇クラム〇谷ジャスコ店の店員さん(笑)
これを見て喜んでいるファンがひとり、
ここにおります。
たぶんこの時、
(´▽`)←漫画みたいにこーゆー顔して笑ってました(笑)

アニマロッサの時もどうぞよろしく(笑)

DVD中身についてはまた今度。(←だって見てないモーン

| | コメント (18)

ライブはショーじゃない

さっきお風呂に入って考えごとしていたら、
溢れ出る思いでいっぱいになって
記事をあげたくなったpinkです。


ライブパフォーマンスを「ショー」と表現する
アーティストについて。

(将来ビッグになってほしい思いは100パー
あるからあえて、このことを言いたい。
でもアーティストの固有名詞は言わない・笑)

完全に自論。
ちょっと今日は熱いZE(笑)

ライブとショーって違う。

ショーは見せるもの。
見せる側が入念に準備をしてそれを発表する、
それがショー。
観客を魅了する、それがショー。

ライブは生の感覚を味わうもの。
見せる側と見る側が一体になって作り上げる空間。
見せる側が入念に準備をするのは
ショーと同じだけど、
それを観客に見せたときにその反応によって
変わっていくもの。
インタラクティブ。

だからショーとライブは違うって思う!

「今日の俺を見てくれ」

そりゃ当たり前じゃ。
観客はわざわざ見に来とんのじゃ!(ツッコミ)

「特別な思いはない。最高のステージにするだけ」

特別で最高なステージを作り上げようよ、一緒に。
お客さん一人ひとりは
特別な思いでライブに来てるよ。
この時世、お金ないのに来てる人、
一人で勇気出してきた不安な少年、
友達が好きだから連れてこられてノリ方が
分からないけど実はコブシをあげたい女の子。


ポルノグラフィティは
いつもライブをやるために頑張ってるって言ってる。
彼らのパフォーマンスは間違いなく
「ライブ」!!

いつも最後に言ってくれる

「今日は来てくれてありがとう」
「また会いましょう」

いつも言ってくれるけど、
そこにはいつも「特別」な気持ち、感じます。


・・・ということで

明日は

10thライブサーキット、
ロイヤルストレートフラッシュ
DVD発売日です!(←宣伝かっ!)

よっしゃ!
購買意欲がめっちゃ上がってきた、自分!(笑)
熱い二人を見なきゃ~
(ちょっと正直言うと買うか、買わないか
迷ってたんだよね・・・
だって11月、モノ入りでぇ~・・・!
でもやっぱり買うZO!!!)

さて、すっきりしました。
ありがとうございました(笑)
今夜はよく眠れそうです(´∀`)zzz

あ!!ANN録音せな!

| | コメント (3)

紀元前の遺産

今日はググっと寒かったねー!ブルブル

今日はポルノとは全くカンケーなく
しっとりと大人の話題です。ふふふ


鑑賞の秋。
県美術館で公開中のトリノ・エジプト展、
見に行ってきました!

091024_192143





紀元前の遺産が信じられないほど
美しく残っていることが驚きです!

古代エジプト人は
いろいろな動物をモチーフに神として崇めていたんですね。

例えば、はやぶさ、ジャッカル、猫、トキ、ライオン・・・


人間の美的センスって

紀元前の頃から

何千年経った現代でも

あんまり変わってない気がしました


091024_191828








おー
う、美しいフォルム・・・







091024_191855








うちの醤油入れも、なかなか!(笑)チャンチャン♪

| | コメント (8)

10/12、晴一さんが選ぶポルノグラフィティの映画の配役は

10/12、晴一さんのカフェイン11。
いぐさんからいただいた情報で
いても立ってもいられなくて
久々にカフェイレレポートします。
ナツキさんはまだ戻って来ないのでしょうかぁ?
お~い!(呼) ←無邪気に呼んでみる(笑)
荒削りですが、
ではではいつものように~
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「今日は体育の日でしたね」
(観客)そーですね ←どっかで見たフレーズ

「僕の変化に今浪くんは気がつきましたか?
ポルノグラフィティ、ギター晴一です」

今浪サン「変化に?アイテムとかじゃなくて?」

「アイテムとかです」
「今見た見た目ですよ」

「・・・メガネ?」

「メガ・・あー当たりですね!
この微妙な間違い探し(笑)」
「はははは!(笑)」
メガネ、メガネ、メガネ(←浮き足だってる)

「メガネする人分かると思うけど、
新しいメガネって意外に、こう、嬉しいんじゃけど、
あの~・・こう、冒険できない自分もいるわけよ。
で、今回のメガネは、メインのメガネを踏んづけて
しまったから、だからメインのメガネを買うときに
ホントひとつも冒険できずに、もう、
フツーなわけ!
『フツーのメガネください』って言ったぐらいの」
「(笑)」
「だから、新しいのに気持ちが盛り上がらない。
でもメガネってさー、
ちょっと特長的なんやると、メガネキャラになっちゃう
じゃないですか」
アラレちゃんとか、のび太くんとか(それはアニメキャラ)

「ちょっと笑瓶さんみたいな」
あ、そっちの(笑)

「だからメガネキャラにならないように、
オシャレキャラでっていうのが
非常に難しいとこなんじゃけどー。
今回はそういう意味では大失敗してる」
「あ、失敗ですか?(笑)」
「フツーすぎてね、おニューの嬉しさがないっていうね」

・・・フリートーク・・・

「ビールの次に何か別のお酒を飲めと言われたら、
日本酒熱燗なポルノグラフィティ晴一が
お届け中のカフェイン11です」
え、そうなの?
日本酒も似合いますね~

最近アトリエで仕事をするのに煮詰まりぎみの晴一さん。

「じゃけ、代表格は伊坂幸太郎さんがずーっと仙台の
コーヒーショップまわる~っていう、」
スタバとかで書いちゃってるそうですね。
仙台で見かけたことナッシングですが。

「で、それをやってみたの」
カフェで。それはヤバイですね(←何が)

「今やってるのよ、ずっと」
えー!もったいない・・・
その素敵なお姿をデッサンしにそのカフェに行きたい(笑)

「あの~、近くの、・・カフェ?
カフェでも目が届くカフェだと、店員さんの。
長いことおるけぇさ。水とか換えられたらやなわけよ。
水とか換えられないタイプのカフェ」
セルフサービス的なカフェ的な?

「それは難しいサジ加減なんじゃけど、
例えばスタバとかじゃと、ちょっとキャピキャピした
雰囲気があるじゃん、分からんけど(笑)」
えー、そっかなぁ??(笑)

今「はいはいはい(笑)」

「そういう雰囲気もいらんのよ(笑)
ずーっと2時間そこに行ったら書くしかないっていう
時間がほしいわけだから。
で、たまたま見つけたんがー、」

「あの~・・あったんよ」
ええ、どこですかね?(メモメモ)

「入り口でコーヒーだけ買うたら、全然、
ほっといてくれるっていうか何もしてくれんっていう。
でもそこはすごくやりやすくて」
そりゃどこかは内緒です(メモメモ)
・・・やっぱりぃ?(笑)

「昼間通いよるけぇ、わし。
だから仕事もはかどるんじゃけどー。
なかなかそういうところにずっと居座ることがなかったけぇ、
おもしろいね~、カフェおる人ね。いろんな人おるね」
そうそう、おもしろいですよね。

「英語勉強しよる人、個人レッスン受けよる人も多いし~。
例えば、
隣りすごいずーっとカウンターみたいな席があって

隣りに写真立てが立っとるわけ。
その写真の内容は、コックさんの記念撮影みたいな。
コックさんが10人ぐらい並んで腕組みしてる写真を
立てながら
中国語勉強しとる人とかー、
この人は何でこれを立ててるんだ?!とか、
そんな中でやっぱりこう、
俺盗み聞きしよるわけじゃないけども

やっぱこう、なに・・微妙な距離感の男女の会話って
やっぱ耳に入ってくるやんか」
あー、自然とダンボになる(笑)

「昨日か、行った時に後ろで、男女がいたわけですよ。
もうどっちも距離を詰めるに詰められない状態。
ロシア語をやる人らしんじゃけど、
先輩とロシア語の何か関係の後輩」
むしろしっかり聞いてる(笑)

「で、2時間もおると、最初後輩の女の子がね
ですます調で、
『ロシアに行かれたら、ナントカ大学のあの先生
ご存知ですよね?』
『ああ、知ってる知ってるよ。
すごくこういうクセがあって』とかそういう話」

「客観的に聞いてくと、
明らかに女の子のほうが気があるわけ」
「恋は盲目じゃないけど、
第三者が聞くと丸分かりなんね、あれ。

やっぱ声がちょっとピンク色なわけ」
やっだん、きゃははははーん、バレました?(笑)←ピンク色

「先輩じゃけー、ずっとですます調なんじゃけど
1時間ぐらいわし仕事しとったら、
ちょいちょいタメ語が入ってくるわけよ(笑)
たぶん気持ちも通ってきたんじゃろね(笑)」
「なら男のほうも先輩の立ち位置を守ってるのに、
ちょっと降りてくる瞬間があるわけよ」

「あの恋の進み方って~、
やっぱこう客観的にみよるとーおもしろいし、
本人達は分からんのやろね」

「とにかくカフェは人間模様がおもしろくて
とにかく刺激になっていいなーと思っています」
次回作は
ロシア語か先輩後輩の恋心が
歌詞の中に入っちゃいそうですかね?(笑)

・・・月刊音話・・・

リスナー(埼玉県・うちの犬をまゆげ犬にしたことのあるなつさん)
「晴一さんに聞きたいのはギタリストあるあるです。
私は、
思い切ってピックを投げたら思ったより飛ばなかった
があるあるかな~と思っているんですけど、
どうですか?」

あ、ここのところが今回レポを書きたい衝動に駆られた
部分です。いぐさん、タイムリーな話題提供ありがとう
ございます(笑)

「それがかっこ悪いから俺は投げないです」
えー、そんなネガティブぅ~!!ブウブウ

「やっぱね、あれどうだろ。
やっぱ練習せんといけんけ、あれ」
じゃあしてよぉ~!しようよー練習。
っつーかいつも投げたら慣れるからぁ~(←しつこい)

「しかもさ、日本には消防法っつーのがあって」
やだぁ、そういう難しいこと言い出すの、
何かどっかのオジサンみたいじゃーん(笑)←コラ

「客席から何メートルかあけんといけんみたいなのがあって。
特にハードルが高いわけ。
ドームとかでそんな客席までピック届かそうと思ったら
おもりつけんといけんよ、あれ。
粘土つけて投げんといけんぐらいのー、
じゃけなかなかピックは届かんけぇね・・・」
じゃ、粘土つければいーじゃん☆(笑)
やだそしたら、指紋もついてくるね、うふふ(←ポジティブ)

リスナー(福岡県・ゆういちさん)
「晴一さんはギターをたくさん持っていらっしゃいますが、
墓場まで持っていきたいギターはありますか?
僕は料理人なのですが父にもらった包丁を墓場まで
持っていきたいと思っています」

「今ギター作ってるんですよ、僕」
おお!そろそろおいとましようかと思ってたけど
こりゃレポート続行だ(笑)

「個人ギタークラフト工房ってのがあるんじゃけど、
そこにいってこういう・・ジャズマスターをオーダーして
色もオーダーして作ってるんですけども」
ほー!!

「墓場まで持っていきたいっていうか
あるんよー、わしも。
レスポールの古いのも持っとるしー、
ストラトも持っとるし、あのマーチンの古いのも
持っとるし。けど、マーチンの古いのなんて、
アコースティックギターなんて、
ホンマによう燃えそうじゃけど、棺おけとか入れたら。
あの・・どういうんじゃろ・・
墓場まで持っていっちゃいけないと思ってんの。
やっぱこう、古い楽器ってのは数が少なくなっていくし、
それは誰かが大事に弾いてきたけー、
50年前のギターが今わしの手元にあって
わしが弾けるわけだし。で、
改造されたり色塗られたり何か知らんけど棄てられたり
みたいなんが絶対いっぱいあるやつん中で、
大事にされてきた楽器が今残っとるわけで。
で、わしが大事にして、ま、・・死ぬか、?
もう絶対ギター弾かんって決めるか、?分からんけど。
そういう時にはまたそん時のギタリストにそういう
古いヴィンテージ、
もう二度と生まれないヴィンテージ楽器は

渡さんといけんと思ってんの。
じゃけ壊すべきではないしー、
コンディション悪くするべきではないしー、
わしがお金出して買って、わしのもんじゃけど、
でもやっぱ今は預かっとるっていうイメージが。
そのヴィンテージ楽器に関してはすごくおっきいですね」
はぁ~、いい話聞けたなぁ。よかった~。
そうか、すばらしいね。
ヴィンテージものの話だけど、普段使ってる楽器も
より一層大事にしよう。

「で、持っていきたい、一本ぐらい天国に俺がいく時に
持っていきたいとしたらー・・あ~ん・・・
ま、最初に買ったギブソンのアレかな、
黒いスタンダードのレスポールかな。
まだあの、当時の彼女にお金借りて買って
まだネックの半分ぐらいのお金しか返してないんじゃけど。
ふはははは(笑)大丈夫かな?(笑)」
まだ、って返すつもり本気でないでしょ?(笑)
大丈夫かな?ってどういう意味で・・・?(笑)

「でもそうやって
最初にギブソンのレスポールを買うってのは

14万円ぐらいなんじゃけどね、
で今使ってるレスポールから

考えるとやっぱすごいボディも重くてさ、
コンディションも悪いんじゃけど。
やっぱそれ、かな?
それを天国まで持っていって、
琵琶でも弾いてるお釈迦様と
セッションでもしてやるぜ!」

天国ロックンロールだぜ(笑)

♪『It's on my mind』

・・・リスナーの辞書・・・

テーマは
「11年目のポルノグラフィティにお願いしたいこと」

リスナー(ゆりのさん)
「ファンを海外に連れてって」
一緒に行きたいねー!

晴一さんがライブを海外でやるとしたらどこに行きたい?
「ハワイ!」
じゃ、決定(笑)
南の島でMアワ、NaNaNaサマーガール、賛成!(笑)
マネージャーさん、マジでうまいこと組んでくださいよ。
晴一さん本人ノリノリ乗り気なんで。

リスナー(まほさん)
「映画になってほしい」
ポルノグラフィティの半生記的な映画がイメージだそうで。

「俺役の平岡祐太あたりがやるんだろうねー」
思い切って爽やかなイケメン選びましたね(笑)

「よーし、晴一行こ~う!っつって、
昭仁役の温水さんあたりがーついてくんじゃろうね!」
ぬっくんか!(笑)
ぬぬぬ☆ぬっくんガールとしてはスルーできない(笑)
昭仁くんがぬっくん・・・全く共通点が見えてこないし!(笑)

今「平岡さんと温水さん?!(笑)」

「あんな感じじゃったけねー、昭仁高校時代ん時ね」
あんなに産毛でのっぺr・・(笑)
映画『ハンサムスーツ』みたい(笑)
高校時代が温水さん風だったらどんだけ変貌とげたんだ、

っていう話だから(笑)

「問題は温水さんが(出演依頼を)受けてくれるかっていう。
祐太は大丈夫やと思うけど」
そんな仕事の依頼があったらお願いです
ぬっくん、・・・受けないで(笑)

・・・ちょっと報告・・・

「今週14日はうちのボーカル昭仁くんの
バースデーの
ようですけども、
僕はこの日仕事で一緒になるんでしょうか?

久々に餃子の王将でもおごりましょうか?
(間)・・・はい、
では次は時間までこちらを紹介しましょう!」←完スルー
(笑)
っていうか、
本人曰く14日に生まれた節もあるって話だけど

誕生日は15日ですよね(笑)

・・・もっと面白い話ないん?・・・

リスナー(たけままさん・36)
「晴一さんはゲームのやめ時っていつでしたか?
最近小学2年生の息子がゲームにハマり始めて
1日1時間って約束なのに、あとちょっとって言って
続けてしまうので困っています」

「確かにね~、1日1時間じゃとね~・・」
晴一さんは、
ゲームのやめ時をまだ迎えていませんもんね(笑)

「わし22時間ぐらいやるけぇね。ハマると」
そりゃ、・・・ヤバイ。
アタシはすぐに飽きちゃうな~ゲームって・・・。
ゲームが終わった時、今までの時間
もったいなかったなぁって後悔するなー。


レポートは以上です!

(エンディング、
何て言ってるのか聞き取れませんでした)

「俺が・・15日は・・アレが・・」

って言ったような???(笑)

でも今回おもしろい話聞けてよかった~。
ピックを投げる話、カフェの聞き耳立ててる話、
ギターの話、映画の配役の話やら、ね(笑)

| | コメント (12)

ロッカトレンチライブで取れ(ん)ちった~

昨夜行ってきました、

ロッカライブ in Sendai Club Junk Box

そして・・・アタシんところに飛んできました

何と、ピックがぁー!!!

091018_133607








ひょえええええ!
今までこんなのGETしたことなんてないZE!
いやん、めっちゃうれC!!(笑)

ギターの豊田さんのデス。

091018_133346








これが晴一さんのピックだったとしたら・・・
頬ずりペロペロ級です(←コラ

いや、ロッカトレンチの豊田さんのピック
誠に嬉しいです!(笑)
ホントーにホントーです!
ラララ☆ラッキーガールです(笑)

そしてライブは、楽しくて素敵な夜でした!
ハイレベルハイテンションです。

位置的には6列目ぐらいのドセンターで、
背の高い男子の後ろの谷間を何とか確保して見れました。

それはど真ん中・・・

つぶらな瞳で柴犬のように黒目がちな
ボーカル山森くんの目線がバチバチ(笑)
あまりにもずーっと見つめられるもので、
途中で、もしかしてこれはアタシのためにバラード
歌っちゃってくれてんの?と勘違いするぐらい(←コラ

これがもし昭仁さんだったら・・・
即、担架で運ばれてしまうか、
妊娠してしまうかもしれません(笑)

いやいや、十分、
山森さん素敵でした、ごちそうさま(←何が?

ベースの河原さんは、何と広島県出身。
時折、”じゃけぇじゃけぇ”言ってました(笑)
ポルノの広島弁ほどこてこてな感じではなかったけど、
朴とつな感じがポルノのかわゆさとダブりました(笑)

広島カープのブラウン監督が、
今後楽天の監督になることが決まっていますが、
世の中的に思われているほどひどい監督じゃないから
温かく迎えて欲しい、と言ってました(笑)
広島の人ってやっぱ広島カープのことになると
えらい熱くなる(笑)

ROCK'A'TRENCH はとても盛り上げ上手でした。

音楽もノリも超ハイレベルで、
MCでも
「ずんだもち」と「楽天」でお客さんを鷲掴み(笑)
今後どんな風に展開していくのか
めっちゃ楽しみなバンドです!(←上から目線?

欲を言えば、・・・
”色気”ですかね!(笑)

ま、でも

色気はポルノグラフィティにまかせてください!(笑)

| | コメント (10)

意外な共通点

Mステで鼻歌検索サイトmidomiをピックアップ。

オードリーの若林さんが微妙な音程で

Kinki Kids『硝子の少年』を鼻歌で歌ったら、

なんと、

『ハネウマライダー』が一番に検索されてきたよ(笑)

え、どこら辺が・・・?(笑)


さてさて

明日はライブに行ってきますよ!しかもライブハウスですよ!

ROCK'A'TRENCH(ロッカトレンチ)の!

8月、仙台七夕のイベントライブで見てから

いいねぇとなりまして。

今回仙台でもワンマンライブをやるというので飛びつきました。

『メイちゃんの執事』でもお馴染みの、

会いたくぅて~ 会いたくぅて ♪ の『My Sunshine』

作詞作曲はロッカトレンチのメンバーなんですが、

編曲になんと あの 我らのアイドル的存在(?)

本間昭光さんがたずさわっているんですよ!

知らんかった。

あら、こんなところでお会いするとは!本間さん顔が広い(笑)


ポルノの周りの関係者ってすごく顔が広い人が多いですよね。

森ハヤシさんは、月9とか『世にも奇妙な物語』
やるぐらいの脚本家だし、

今浪さんは福山さんのFMラジオ番組でもかなり活躍されてるし、
(どーゆーわけか福山さんのライブにも出ちゃったって?笑)

あとは本間さんでしょ、根岸さんもすごいし。

一流は一流を呼ぶっちゅーことだね(笑)チャンチャン♪

| | コメント (7)

かわゆい昭仁さん、35歳おめでとう!

昭仁さん!
10月15日、
35歳のお誕生日おめでとうございまーす!

PVクリップで振り返ると
10年前、25歳の岡野昭仁さん、
かわゆくてかわゆくてしょうもなかったですが(笑)、
年齢を重ねて魅力が増した昭仁さんも
変わらず素敵です!

体型は是非そのまま維持していただいて(←失礼)
ずっと素敵でいてくださいネ!
あ、
今後万が一、マラドーナ的な変貌を遂げたとしても
昭仁さんの持つかわゆさが変わらなければ
ついてゆきます!!(笑)

お誕生日なので昭仁さんのかわゆいエピソードを
かわゆいポイント付きで挙げていきたいと思います。


ライブ中、よく社会の窓が開いている(90かわゆい)
晴一さんをアータと呼ぶことがある(92かわゆい)
伝説のライブで背中に痛いほどの雨を浴びた(97かわいそ)
時々かわゆいことを意識してブリッコする(45かわゆい)
鴨せいろばっかり食べている(65かわゆい)
ドMだ(95かわゆい)
勝負事になると本領を発揮する(85かわゆい)
モミアゲを気にする(70かわゆい)
「自信持っていけー!」
と言っておきながらMCに自信がない(90かわゆい)
お父さんの話をよくする(97かわゆい)

やっぱり晴一さんが好き(100かわゆい)

あと他にもたーっくさんあるよねぇ!(笑)
あーこれ、晴一さんのお誕生日でもやればよかった!!
ら、来年にでも(笑)

| | コメント (10)

9/8、晴一くんが昭仁くんのANNにキターーっ!④~リーダーはどっちだ?~

9/8、昭仁さんのANN。
まだやっていましたこのレポート(笑)
一ヶ月以上前のラジオ、
旬もやや過ぎつつあるのを
感じつつ
張り切ってレッツラゴー!

9/8、晴一くんが昭仁くんのANNにキターーっ!③
からの続きをどうぞ~

・・・ジングル・・・

♪BGM『Mugen』

昭「ポルノグラフィティ、デビュー10周年スペシャル、
  岡野昭仁とぉ~」
晴「新藤晴一!」

昭・晴「ポルノグラフィティのオールナイトニッポン!」

息合ってるじゃん!(笑)

・・・

だいぶ前のことだからちょっと忘れていましたが(笑)、
そうそう二人はリーダーの座を争って一応対決してました。

第2ラウンド、
「ゴルフパッド対決」です!

なんと、ラジオで見えないことをいいことに
スタッフが用意したゴルフパッドは
紙に穴らしきものが書いてある程度の手作り・・・
穴が開いていないので、近くまでボールを寄せられたほうが
勝利となるそうです。

では、先攻の晴一さんです!

晴「さくら風に行くね」(←声がすごい遠い)
昭「上原・・上原じゃないわ(笑)、横峰さくら風に、はい」

コン

昭「あー、早いんですよ!」

でも結局壁に当たって跳ね返ってピッタリだそうです。

昭「はい、ではマイクを晴一に渡します」
晴「へぇ~、何かいいね、こういう悪ノリっていいよね」

昭「AMレーディオでしょ?」(←声がすごい遠い)
晴「何か、マイク渡されてね(笑)」

昭「行きまーす!」

コン

晴「はい!打ちました。
  お~お~おーーー、お~?お」
昭「あー、また微妙なとこ、これ?」

晴「俺のを追い越したけど・・・」
昭「俺のほうが勝ちらしいわ!」
晴「なんで??」
昭「ふふふ(笑)シノが言った。
  新藤のは跳ね返ってきたやつじゃけ、
  だめらしいんよ」
晴「別に、べーつに、
  ゴルフで横の斜面に跳ね返って
  返ってきたって~!!」(←かなりご立腹)

昭「はい!ということでここは岡野昭仁の
  勝ちということで~す」

パンパカパーン!(効果音)

昭「あ、ここでCM行くんだ・・」

晴一さんの反論するスキなし(苦笑)

・・・ジングル・・・

♪BGM『ミュージックアワー』

昭「全国36局ネットでオンエア!」

昭・晴「ポルノグラフィティのオールナイトニッポン!」

・・・

昭「あの~、うちのマネージャー高橋大輔くんが今日
  着ているTシャツ見ました~?
  天然ですよ、あれ・・」
晴「そうよね」

「え、”Don't listen to the radio.” っていう・・」
「ふふふは(笑)」
「今日はTシャツを着て(笑)、」
「パンクだよね、アイツ(笑)」
「ふはっはっはっはっは!(大爆笑)
ふうぉふぉん(咳き込み)」

相変わらずやばい(笑)

「すごいよね、天然で着てくるっていう・・
Don't listen to the radio・・・
まぁま、いいですわ。
そんな感じで10周年記念でやっとりますけども」

ここまで来ると
本当に天然なのか、若干疑わしい(笑)

 
リスナー(愛知県・みやびさん)
「どちらかがリーダーになったら、
もう片方は役職はないんですか?
ゆずみたいに、リーダーとサブリーダーみたいな」

晴「ゆずはリーダー・サブリーダーみたいなんがあるんだ。
  EXILEみたいに、
  完璧なリーダーみたいなんじゃなくて?」

昭「HIROさんみたいな感じ?」

「あー、リーダーなら、どうせならああなりたい!」
「そうやね、あそこまでね」
「あそこまでなりたい!お前の給料決めたい!」
「へっははははは!(笑)
俺、決められるの?
俺、絶対勝つでー、そんなこと言われたら!」

そんなの同級生どうしでやったら、
間違いなくトラブルのもと(苦笑)

「それぐらい力あるじゃろー?HIROさんは!」
「そうじゃろねぇ。
減らした分は自分に回せるみたいなん?」
「違う違う違う!新しいメンバー」
「新しいメンバー?(笑)」
「ポルノのボーカルオーディションの予算にするの」

だぁめ!

「なに、そういうプロジェクトも立ち上げてしまう権限を
持つリーダー?」
「そうそうそう」
「こりゃ負けれんじゃない」(←ちょっと元気なくなった)

晴「イケメンが足りないから」
昭「はっは!(笑)ホンマやね。あと2、3いるやね。 
  総入れ替えみたいなもんやね」

総入れ替えしたら、やだし。
イケメン担当、二人でしっかり頑張ってよ(笑)

リスナー(おいものいもこさん)
「煮たまごの話をしている時とか、
昭仁さんが完全にアウェイになっていましたよ。
昭仁さん、晴一さんに番組乗っ取られないように
頑張ってください」

晴「煮たまごに関して言えばね、」
昭「はい、煮たまごに関して言えば、ね」

「でもこれ八角入れるかどうかで、」
「は、八角??」

ほらまた、煮たまご大使に乗っ取られるよ(笑)

「おうおうおうおう・・・」
「八角入れるとおいしいよね~」
「そうなんや」

ほぉら~!もう乗っ取られたよわー!(笑)

「八角って、からいの?」(←無邪気すぎる)
「からいっていうか独特な香りがあるよね」

「八角って中国のものですか、あれは?」(←?)
「たぶん・・・」
「僕の小中高の友達に
”にかくクン”っていうのがおったけど」

「はははははは!(笑)」
「どーでもええですね(笑)
それぐらいしか思い浮かばんかった、広げること」

あ、話を何とか広げようとしてたのね(笑)

「四角い話を、まぁるい仁鶴(にかく)が
まぁるくおさめる~」
「あれ、仁鶴さんね(笑)」

それを言うなら、
「四角い仁鶴がまぁるくおさめまっせ」
でしょ(笑)

「へぇ~ええ。
仁鶴さんって、その仁鶴さん??
なに言うてるかよう分かりませんねー(苦笑)
はい、えーそんな感じでー」

ど、どんな感じ???
グダグダグラフィティじゃん(苦笑)

さてさて
晴一さん選曲のポルノセレクションは
『サウダージ』

昭「なぜ、この曲を選びましたか?」
晴「まぁ、思い入れがあるでしょう!」

「思い入れ?」
「説明するほどのものか?」
「説明しましょうよ(苦笑)」

どんなやりとりやねん(笑)

「ま、100万枚売れたしね!」(←そこぉ!?笑)
「あは、まぁね(笑)」
「よく売れたね」
「売れたね、安心したね、そうだねぇ~」
「これでお前もあれじゃろ?船買ってやったんじゃろ?」
「船買ったね、これでね」
「あのMステのMCまぁまぁ反響あっただろ、あれ」
「あれね、でも言われた」
「金額まで言うちゃったけねー」
「そうそうそう、いやらしいって言われた!」
「なかなか普通金額まで言わんくてー、」
「いやっ、いやっ、
俺1000万円の買ったんじゃないけぇね!
1000万もするから勘弁してくださいっていう
意味じゃったけぇね!」
「じゃあ、中古じゃったらー、」
「それみんな半額ぐらいって思いよったでしょ?」
「うん、まぁまぁ、500万ぐらいなのかなーって」
「ちゃうちゃう、違うー、全然違いますよ!
もっと安いですよ!」
「・・・なんぼやったん?」

そこまで話したら聞きたくなるよね~

「まぁ、いいじゃないですか、その辺は!(笑)」
「やらしい!(笑)」(←ピーコさんみたい・笑)
「ふへっへ(笑)」

やらしい!(笑)(←おすぎさんみたく・笑)

はい、やらしい話の後は
真面目な曲紹介です。

「アポロの時もしっくり来たな~と思ったけど、
このサウダージも特にこれは書ききれたなと思った」

という曲です!

晴一セレクション
♪『サウダージ』

・・・ジングル・・・

♪『ラビュー・ラビュー』

・・・

はい、第3ラウンドは、
「聞き耳対決!」です!

3つの楽曲が同時に流れるのでその曲名を
先にすべて当てたほうが勝ち。

昭「どうですか、自信は?」
晴「まぁ~ポルノの曲だったら大丈夫だと思うよ」

ではスタート!

(音楽が流れております)

ストップ!

晴「あ~・・・1つしか分からんかった」
昭「俺も一つしか分からんかった(笑)」
昭・晴「はははははは!(笑)」

アタシもこれ聞くの3回目ぐらいだけど、
1つしか分からんかった(笑)

ではもう一回、

(音楽が流れております)

晴「ふうんふうん(←歌ってる)
  あー、二つ、二つ目分かった」
昭「俺も二つ目分かった!(笑)」

アタシも二つ目分かった!(笑)
誰もぬきんでる人がいない・・・(苦笑)

昭「1こずつ分かっていくと思う!(笑)」

ではもう一度

(音楽が流れております)

ストップ!

晴「ん?」
昭「あ?」

「でー♪ってなんなん?」
「えー?!ちょっと待って、ホンマに分からん。
分からん、二つしか分からんのじゃけど」

「ちょっともう一回聞かせてくださいよ~、最後」

(音楽が流れております)

昭「ええええ?!
  何か絶対レベルが大きいけぇ、いっこだけ!
  ちょっちょっちょっちょ、もう一回!」

(音楽が流れております)

昭「何かね、いっこバラードなんよ~」
晴「テンポが遅いの」

「そうそうそう、そうよね!」

そうなんです(笑)←知っているから余裕な人

昭「これ2つは分かっとるけぇ、ね?」
晴「じゃけぇ、ま、一緒やと思うんやけどー」

「ハネウマ?」
「ハネウマとー、えっとー、
かっらーだーをチャ~チャチャラチャラチャ♪ってやつ」
「まほ、まほろばやろ?」
「まほろばか」
「まほろばマルペケ」
マルペケ?(笑) ふふふ、赤ペン先生か(笑)
「マルヤマ(〇△)か。
マルペケじゃないわなー、ふっふふ(笑)
マルペケ、へっはは~(笑)←自分で言って自分でツボった
ふっへっへ、ふへっへへ
えーっとぉ~(笑)」
晴一さん答えに夢中で、
この恥ずかしいボケ拾ってあげれてないよ(笑)

晴「なんじゃろ~?」
昭「なんじゃろーな~?
  え、どうしたらええですか、
  このてん末はどうしたらええですか?
  もう一回だけお願いします!」

(音楽が流れております)


自分の曲、さすがにもうそろそろ当てないと、
逆にかっこ悪い系です(笑)

昭「絶対分からん!」
晴「分からん!(笑)
  え、そっち側はみんな分かってんの?」

「大輔、また見て!
あのまた~、”Don't listen to the radio”を着た人間が
ホンマに分かった自慢気な顔して!(悔)」
「ふははは!(笑)」

「なんなの・・このヘッドフォンがちょっと・・・」
「そうなの、俺もそうなんよ・・
片耳じゃけね・・・。
ちょっとこのスピーカーから出してもらおうよ!
ホンマにホンマに!」
大丈夫ですか、
自らそんな痛いハードルを上げてって(苦笑)

(音楽が流れております)

さすがにもう分かるベアー!

昭「えええ?!ホンマに分からん・・・」
晴「がはははは!」
ただの酔っ払いか?(笑)

「全然分からんよ!え、なに?」
「そっちのスピーカーがええんじゃないの?!」
からみだした厄介な酔っ払い(笑)

「はい、ということで(笑)
聞き耳対決は・・・!(笑)
これいつまでやっても分からんと思う。
引き分けでいいんですか?」
完全に引き分けですね(笑)

答えは・・・
『ハネウマライダー』『まほろば〇△』『ヴォイス』
でした~!

昭「ということで残念な結果に終わりましたけど、
  リスナーの皆さんは分かりましたでしょうかぁ~?」
晴「えーー!じゃあちょっとも一回聞かしてよ~!」

ホンマしつこい(笑)

(音楽が流れております)

「・・・うん、うん、
分かった・・・」(←さすがに分からないから諦めた)
「ホントに時間が無駄なコーナーでした・・」

ポルノ10番勝負、3ラウンドを終えて
昭仁さん1勝、晴一さん0勝、
2引き分け(ゴルフも引き分けにしたのね)
になったということです。

では曲紹介。

まだお金がなくて壁の薄い部屋に住んでいた頃、
事務所の一室を借りて曲作りをしていたそうで、

「今日も朝になっちゃったわ、
今日も頑張った俺!と思いながら作った曲です」

昭仁セレクション
♪『愛なき・・・』


リーダーが誰になるか⑤に続く!

| | コメント (7)

メンテナンスの秋

10月に入って、7日経ちましたよ。
一週間。
気がつけばまだ今月更新してませんでした(苦笑)
ポルノグラフィティが新曲を出すっていうビッグニュースも
あったってぇいうのに!(笑)
アニマロッサ!ロッサロッサ!(笑)

アニメBLEACH、
仙台では放送が土曜の朝5時だとか、6時だとか、
いう噂です、ウワサ(笑)
んな時間に見れるかいっ!(←ヤケ


秋って、夏の暑さも落ち着いて頭が冷静になってくるの?
何か最近そわそわして眠れない(笑)
ま、そんな時もあるかー

寂しい季節よね。
アヤちゃんも、朗人くんも、
そして我が心の友、
ナツキさんも
ひっそりとお休みに入りました。
いつも励ましてくれた人たちが隣りにいない寂しさ、
感じてます。
でも充電期間や一度しっかり立ち止まる、
自分の生活時間を大切にするってとっても大切だと、
自分がブログをお休みした時、感じました。

「今、逆に絶好調!元気モリモリ~!!」
っていう人、むしろ見かけないね(笑)
いいんです、そんな時もあるんだ。
それぞれ悩んでいるんだ。
そしてポルノグラフィティの曲を聞いたり、
友達と話をしたり、
家族と話したり、
一人で悩んだり、
そんな時間が大切なんだ。
無駄な時間なんてないんだ。

ポルノグラフィティだって、
今しっかり充電して、
新しいものを作り出してくれているみたいだしね!


ギター的にはいい季節になりましたよ。
湿気もね、落ち着いてきたし(といっても台風くるけど)
冬になると今度「極度の乾燥」という
見えない恐怖と戦わないといけないからね(苦笑)

練習もはかどります。
でも梅雨の湿気にやられた反りをメンテするために
ちょっとの間、クラシックギターちゃんとは
お別れです。
弦高(げんこう)っていって、
弦とボディの間の高さが、最大5.5ミリもあるんです。
ハイポジションがアホみたいに弾きにくいんです(苦笑)
メンテの間、アコギのマーティンちゃんといちゃつくから、
元気に行ってらっしゃい!(←コラ

みんなは何かメンテナンスしたいこと、してることはありますか?

・・・なんかうまいこと「メンテナンス」につながった
お話しましたけど、
ナツキさんみたいに風情な感じは出せないね(笑)

そうさ、
それぞれ役割分担があんのよ!(笑)


p.s.

アニマロッサ、
メリッサ、

もう一曲作って
「ッサ三部作」を作ってほしい(笑)
もちろんアニメのテーマソングとして(笑)

| | コメント (20)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »