オールナイト(E2009.4-6)

6/2、広島カープを熱く語る!むせる!風邪っぴき昭仁さん

6/2、昭仁さんのオールナイトニッポン。
2週間前の放送ですが、
えっちらおっちら掘り出しました(笑)
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「あのねー!もうあれよ!」
早速冒頭からキレ気味?

「地味とか何とか言わせんよ!
世の中のプロ野球ファンの人がー、あのよく言う。
広島東洋カープは地味だとか、
地味な球団ですねーとかいうことをね、
よく言うんじゃけども、
もう言わせんで!
7連勝!!」
おめでとうございます

チーム打率がワースト1位にもかかわらず、
防御率が1位だそうです。

声がめっちゃでかい昭仁さん。
興奮してます。←冷静レポ(笑)
若干ガラが悪くなっちょります(笑)

こうして昭仁さんが普段、カープカープ言っているので
アタシも少しは興味を持って見るようになりました。

でも・・・
すいません、
知識が乏しいので野球のことはレポできませんぎゃ・・

がしかし、”昭仁さんのお父さん”が出てきた。よし。

「これは今年はくるぞーーー!カープが。
でね、今ねカープだけではないんですよ、
広島が盛り上がってると言えば!
サンフレッチェも6位です、リーグね!
ええサッカーしてます。
そして!あの~僕ぁね~、
正直この番組で全然話してなかった、

あの~親父にも何かこの話を聞いたことある。
『実はー、
因島には因島出身のプロゴルファーがおるんど』

って、名前は聞いとったんじゃけども、
あのいよいよですよ。

優勝しました!いの(噛)・・因島出身のー、
兼本こうじさん、あ、ちょ間違った!たかしさん!」

「聞いてたわ、親父から。
『兼本がおるんどー』言うて。
『ゴルフののぉ~、世界のプロがおるんじゃ因島に』って」

「プロ17年目で初めて優勝です!
みちゅびしダイアモンドカップ優勝しまして」
ああ、ニュースで見ました!泣いてましたね。男泣きして。
みちゅびし(笑)

「僕その最終日見てましたけども、
あれこの人、聞いたことあるわー、
って思ったらアナウンサーが広島県因島出身つってね!
わーこれ応援せにゃいけん!って。
僕も無責任なもんですよ、優勝の場面だけみて、
こんなこと言うのも何かすごく無責任じゃけど、
嬉しかったですねー!」

「因島の人間がこれ優勝ですよ!!
東ちづるさん、
そして・・ポルノグラフィティ~入れてくれますか?
ポルノグラフィティ!そして、兼本さんと!
因島からスターが続々と生まれてくるね~
嬉しいですね~!
ホンマに嬉しい!!!!」

広島カープの活躍、兼本さんの優勝と
めっちゃテンションが上がっている昭仁さん。

「のっけからすごくーアレです。
あのー・・・あの・・(笑)・・・ ←言葉が浮かんでこない
ろれつが回ってます!」
回ってないじゃん!(ツッコミ)

「ろれつが回ってるはおかしい(笑)
語気が強まってます!」

じゃその勢いではりきってタイトルコールを・・

「今日もいってみたいと思います!
ポルノグラフィティ岡野昭仁の、
オールナイトニッポn

ゲホゲホゲホゲホ
ウェーッホ・・・

だ、大丈夫すか?!は、張り切りすぎた?(笑)

♪ビタースウィートサンバ(ANNオープニング曲)

ゲホゲホゲホゲホ(咳)
乾燥してまんねん、この部屋がぁ!!!(怒)
ポルノグ、ラフィティ岡野昭仁のオールナイニッポン
最後のほうが言えんかったわー!(怒)
グッホン!もおおおお!」
呼吸音がヒューヒュー言ってるし・・・

「もうカリンカリンで、この部屋!」
カリンカリンルーム

一生懸命さっき話したカープの話を続ける昭仁さんですが、

「ウェーッホ、ウェーッホ、ウェーッホ!(咳)
もうね、これも、ウェホ・・カリンカリン・・・
もうテリー伊藤さん怒っとんじゃない?!
こんなカリンカリンだったらぁーーー!(怒)
ええ?!!ちゃうの?!」 ←柄悪い
ラジオ放送、テリーさんと同じブース?
カリンカリンブース

「ま、そんな感じで、ジュルル(鼻水)
無理やり怒っていこうかなと思うんですが・・・」

「もうねー、ゲホッ(咳)
皆さんどうですか?体調は・・エッホエッホオホ(咳)」
昭仁さんの体調が心配です・・・(苦笑)

最近の天候不順で、

「僕ぁ、分かりやすくねー、風邪ひいたよ!
ツアー終わってから。緊張感の・・・なに?
弛緩というものがおきてね、風邪ひいたわ!」
あらら!

ツアー中は気が張っていたせいか、
「風邪の菌が入ってきたのが分かる瞬間がある!
ホンマに研ぎ澄まされとって!

そん時は漢方とか飲んで退治するというぐらい、
ツアー中は研ぎ澄まされてたんですけどー、
さすがにツアーが終わると、そのセンサーがちょっと
退化するね。今回は風邪の菌が入って、わりとこれは
悪化するなっていう段階で分かったもん」

「なんのことない話してますよ。ええ。
どうしたんですか、それが?」 ←キレキャラ

どうぞお大事にしてください。

今日は6月2日、ということで・・・無二の日。
メールテーマは「あなたの持っている唯一無二なもの」

曲のテーマは「傘を差しながら聞きたい曲」

♪『天気職人』
大好き。
アタクシの天気職人の勝手なイメージはNAOTOさん(笑)
NAOTOさんが、

ほら、こっそり雲の上で明日の天気考えてんの(妄想)

・・・広島カープの話の反響・・・

広島県リスナーや全国カープファンから、
昭仁さんがカープの話を取り上げてくれて
嬉しいというメール続々!

あとはANNのお知らせ。
6月9日はパフュームがゲスト。
この模様はたぶん次回レポートします。

あとは6月16日は生スペシャル!
生歌とか!
リスナーのリクエストに答える「生ホニャララ」

「生牡蠣を食べるとか、
生でポロリとかねー・・・
生でポロリかぁ~・・・・
俺が見せれるもんつったらアレしかないもんな」
ええ?!(笑)

・・・メールテーマ「私の持ってる唯一無二なもの」・・・

リスナー(福島県・なっすんさん)
「去年のクリスマスの食べ残しのターキーが私の部屋の
タンスの裏にたぶんあります。あの時のヨシユキとの
思い出は唯一無二です」
ひょっえーーー

「えええーーー?」
「なんでタンスの裏にターキーが行くの?
えらいことになっとんでーこれぇ~
今の時期に一回それを見ようとするのは間違いですよ。
もっと乾燥した冬場にもう・・もう1年経たせよう
そのターキーを!
はぁぁぁ!こわいわこれ・・・
ヨシユキとの思い出なんだろね、これ(笑)」

・・・ファンタジスタおかのん・・・

リスナー(東京都・なつおさん)
「PJと、呼ばれているがなぜPJなのかは誰にも
分からないクラスメートの吉野君」

「ファンタジスタ」
「なに?PJって!
ピーチジョン?ってない?下着メーカーね」

「俺も”なにJ”って呼ばれたいわ。
俺、AJがええ!はいAJとった!」

「俺のことをこれからAJって呼んでくれない?
わっはっはー(笑)わーサブいわ(笑)」
ドンマイ、AJ(笑)

リスナー(熊本県・ふぁーだいさん・15)
「シェークスピアをブリトニー・スピアーズ的な流行のアイドル
だと思っていた、私の好きだった人」

「ファンタジスタ」

「いややね、もう、こんなバカさ加減!」
「100年の恋も冷めますよ」

下ネタが増量してきたファンタジスタ。
聞きたい人は是非放送をチェックするのじゃ~(笑)

・・・記憶の壁!・・・

「僕はね唯一無二の天才なんで、もう3回も
パーフェクト出てます」

第1問目 理科
「最高気温が摂氏30度以上の日を何という?」
簡単なのでとりあえずボケまくる昭仁さん(笑)

「真夏日」
ピンポーン

第2問目 英語
「I am → I'mなどの省略で使う記号のことを何という?」

「ツーッチョンチョンツーチョンチョン。
昔、キンキンが言ってたよね?」
知らん(笑)

「アポストロフィー」
ピンポーン

第3問目 国語
「次の漢字を組み合わせて文字を作りなさい。
耳、口、王」

「王貞治」
ブーップー

「いーっひっひー!
これは難しいんじゃないかい!」
頑張れ、AJ!(笑)

「聖という漢字だね!」
正解

第4問目 社会
「次の言葉から連想する歴史上の人物は?
織田信長、木下藤吉郎、大阪城、
泣かぬなら泣かせてみよう不如帰」

「え、めっちゃ易しいじゃん、これ」

「とよた真帆!富永先生!」
ブップー
だ、誰それ?

「豊臣秀吉」
正解

あらあら、これパーフェクトいっちゃう?
でも・・・簡単すぎる問題だー(笑)

第5問目 国語
「数字から始まる四字熟語を3つ答えなさい」

五里霧中、一石二鳥、十人十色、一触即発、一刀両断・・・
いっぱいあるよね!

「ごめん、問題ぜんぜん聞いてなかった!
ごめん、もう一回!」
4問正解で浮かれAJ(笑)

「えーっと、えーっと
えーっとえっとーえーっと(考え中)」

「千差万別」
正解

「えーっえー・・・千・・・」
「ちょ待ってー(苦笑)
一が多いはずだな、えーいちかけ・・・いち割る・・・
十割蕎麦!違うな(笑)」
蕎麦好きだけにね(笑)

「十人十色!」
ピンポーン!

「百、百人一しゅ・・」

カンカンカンカーン!

「え?!何で急に終わるの?1分経ったから?
そんなルールどこにあるの?」
シーン

「これはご褒美をくれない陰謀だね!!
CIAですか、キミらは!!陰謀ですか?これは?」
陰謀=CIAですか?

・・・広島カープの話・・・

リスナーさんがカープのデータを送ってくれたり、
カープが苦手意識のある中日の話だったり・・・

ズームイン熱血情報!ぐらいのアウェイ感(笑)

続いて、
メールテーマの唯一無二なもの。

テストで同じ点数が9枚もあるというリスナー。

そっから数字の下ネタを発想する昭仁さん。
・・・正直さすがに書けんわ(笑)

・・・なんじゃろな・・・

「なんじゃろなーーーー!(高)」
めっちゃテンション高い(笑)

「困った顔しとるじゃん、ふっふっふっふ(笑)
ヘヴィメタルな感じでいこうと思って(笑)」

コーナーに対するやる気のない昭仁さんへ
リスナーの応援メッセージから始まるコーナー。

「ゆがんだ形になってきてますね、このコーナー」

リスナー(岡山県・りなさん)
「洋食工房という看板のお店があります。
でも下に小さく和食のお店と書いてありました。
一体何なんでしょう?」

「わーこれすごいね、矛盾が一瞬にして分かる。
真逆なことが分かる」
「シェフが外国人なんですよ!
外国人から見たら、和食は洋食になるんですよ!←断言
へ?!
ちゃうねぇ、ちゃうねえ・・・
えっ?!
違うね・・・」

「シェフがね、
『私オランダ人でーす、オランダ人でーす。
日本でいろいろ勉強しているうちに
和食が大好きになりました~』

そういう洋風のシェフの私ですが、
和食の店なんですよっていう」

「それかぁ・・ヒロシ(洋)さん、
洋 食(よう しょく)さんの工房・・・なんだ
ちゃうな?
洋 食(ひろし くう)さん・・・
違うな、分からんな、これな。
全然分からんな。それが答えだと思いまーす←やる気0
パンパン(手)
手だ素手(笑)
あのラザニアを持った手で(笑)

リスナー(三重県・ちいさん)
「うちの周辺に『変質者、痴漢に注意』という大きい看板が
あるのですが、痴漢のフリ仮名が全部『ちかぁん』に
なってるんです。ちゃんとした看板業者が作っている
ようなんですが、何故『ちかぁん』になったんでしょうか。
ちょっと色っぽい感じがして逆に危ないのでは?」

「っふっふっふ(笑)そうなんじゃ」 

「『チカン!』っていうと何かあった時、人に届きにくいので、
『ちかぁぁぁぁん!』って言ってくれたら周りの人は
届きやすい」

「それが答えだー!
ギャランギャラン・・(ギター音)」

「はい、淡々と出来るようになりましたけども・・・
羞恥心みたいなんはなくなってきたんですけども
いいんすか?
カロリーもだいぶ使わなくなってきたけどいんですか?」
むしろ「ダメ!」と叱られたいですか・・・?(笑)

・・・ポルノ情報・・・

「東京トーム・・・東京”トーム”って。
東京ドームで
11月28日にスペシャルライブをやるので楽しみに
しててくださーい!」
東京トームは規模が小さそう(笑)

♪『Winding Road』
キツネとタヌキが・・・

・・・メール・・・

さっきの下ネタで疑問が湧いた昭仁さんは
リスナーに答えを要求。そして答えがきて語ってます。

「え、そうなの?
って、めっちゃ女性陣の多いなかで聞きよるけど(笑)」

・・・エンディング・・・

リスナー(仙台市・学生さん)
「唯一無二なものそれは僕のニックネームです。
バリスタ、っていうんですけど、めっちゃかっこよくないすか?
しかも由来は誰に聞いても何となくなんですよ。
バリスタっていう意味を調べたら、古代から中世にかけて
欧州で用いられた大きな兵器みたいです。
僕全然強くないんですよ。
このかっこいいニックネームは唯一無二です」

「最高にかっこええじゃん!!
俺もバリスタって呼ばれたいわ、ホンマに!!」
ついさっきはAJって呼んでくれつってたよ(笑)

「来週はパフュームが来てくれます!
そういうことでバイバイバース!!」

今日の放送は生スペシャルですよ!
お聞き逃しなくー!

| | コメント (11)

5/26、ロイスーの裏話&昭仁さんの伯母さんの話

5/26、昭仁さんのオールナイトニッポン。
代々木公演が終わって2日後のホヤッホヤの昭仁さんが、
ロイヤルストレートフラッシュの全公演終了記念として
ライブの裏話を解禁!!
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「ポルノグラフィティ岡野昭仁のオールナイトニッポン、
ツアー全日程終了、ザッツオーール・スペシャール!!」

「久しぶりにー、何じゃろなー、
タイトルコールをこんなにテンション上げたかもしれんね」
そうですねー。最近釣りの話からひっそり入ることが
多かったですからねぇ。釣りの話でもせんとテンション上がらんわ
ぐらいのご様子でしたから(笑)

「終わりましたー、終わったねー」
本当、お疲れ様です!

1月8日からリハーサル、そういった準備期間も含めると
半年に及ぶ10thライヴサーキット。
今日はやーーーっと、ライヴの話が解禁。

ちょっと待って、その前に
ライヴって言いにくいからライブに改めさせてもらうわ(笑)

リスナー(山口県・ミカさん・19)
「私は福岡と名古屋に参戦しました。どちらも大満足でした。
私は不況の中、必死に就職活動中です。
でも昭仁さんの『胸張っていけ!自信持っていけ!』を
忘れずに、就職活動頑張ります!
次は東京ドーム行きます!」

「東京ドームやるんよ!」

「あのー、国立代々木第一体育館の最終日に一番最後に
発表しました。11月28日、土曜日にワンデイの東京ドーム。
10年経って10周年を迎え、10年を越えてからまたみんなで
もう一回お祝いしようじゃないかと。
1日だけみんなに集まってもらって、東京ドームに。
で、みんなで盛大に祝おうじゃないかとということで」

「まだもちろん内容とかってのは、全然決まってないし
でも何かこの東京ドームに最近決まったんじゃけどー、
もう決まった瞬間からいろんなとっからいろんなアイディア
出てきてるし。ま、僕自身の中にもありますし。
非常に、まぁ、1日だけあんなところをね、えー、あんな
大きいところを、1日だけという形ってすげー珍しいと
思うんじゃけどー、でも1日だからこそ、やりきれる。
もう、なに、次の日の明日があると思うな!と。
明日これ例えば2本やって、
1日目があって、その修正があるから2日目で直して、
2日で完成さすみたいじゃなくて、もう1日でいきなりで
ドーーン!!って。
もう泣いても笑ってもみたいなことを、もうできるけね」
ひゃあ。
やっぱ1日しかやらないんだぁ、っていう複雑な思いと、
1日しかできないことをやるっていうワクワク感でドキドキ!
じゃあ、じゃあ、ジャニーズの子みたいにやぐらで会場一周とか
ワイヤーで吊るされちゃったりとか、そんなドームっぽいこと
やってみますぅ?(笑)

リスナー(練馬区・お嬢サン・25)
「私が今回のライブで一番感動したのは、昭仁さんのトークの
出来のよさです。昔はあんなにも痛々しかったのに・・・
ラジオで培ったトークの努力の賜物ですかね」

「ふっはっはっはっは!やかましわ!(笑)」
確かにここ数年の間にMCまとめ上手になっていく様が
手に取るように分かりました(笑)

「え?(このラジオ)何年やってるの、今?
1年?
2年以上やってるんですか、僕。
今何でこの記憶が抜けよったのかよう分からんけど。
俺、今何歳?34・・・?今年35になる?へっへ(笑)」
何歳か分からなくなるの、やばいべー(笑)

リスナー(秋田県・ヒロキさん)
「男4人で参戦しました。すげーかっこよくて感動しました。
バリバリ初心者の俺がツアーに参加するために秋田から
東京まで運転したことです。高速で往復18時間かかるのですが
高速に乗るのも初めて。代々木まで行き着くのに四苦八苦。
でもポルノのライブを見てそんな苦労も吹き飛びました。
秋田までポルノのアルバムをかけまくっていましたが、
秋田に着いた時の曲は『クリスチーナ』でした。最後の言葉
が気持ちよくて何回も叫びました。
いつか男限定ライブとかやってほしいです。これからも応援
していきます」
クリスチーナの最後は『最高!』だったね。男青春旅行だね~

「嬉しいですね~。男4人で来るんよ~!」
「今回男同士で来てくれる子が増えた」
バンドをやっている限り、男にも訴えられて嬉しい!と
昭仁さんは言ってましたよん。

本日のメールテーマはライブをやりきった!ということで、
やりきったことを大募集。
題して「やりきりガール!やりきりボーイ!」 

「何か・・・なんじゃろ・・・90年代初頭のにおいがするね(笑)」
「やりきりガール、やりきりボーイ!
何か気に入っちゃったな、これ!」

♪『ギフト』
ライブ2曲目だったこの曲。あのワクワク感、思い出して。

・・・ツアー裏話 ~ライブ公演本編終了から代々木まで~・・・

名古屋の本編が終了した後の話。5月3日から20日までの間。

「この2週間がね、ホントにすごく、うーん
いろんなことがあった2週間。17日間じゃったんだけどもー。
結果的に僕はこの17日間がすごくよくて」
何があったのかなー

先日、ボイストレーニングに行っていい話をいただいたという話
覚えていますか?もう一度、ボイトレの先生のところに行った
そうです。そしてまたいい話を聞いたそうで。

もう一度行った際、
「その、Michiko先生っていうんじゃけどー、
『今の時代もそうなんだけど、頑張っても頑張っても
なかなか確かに結果がでない時代なんだよね。
時代的にも。でも頑張ってきたこと、結果がどうであれ、
頑張ってきたことに対して、頑張った時間とか、頑張って
きた気持ちをね、そこを忘れ去ってしまったら絶対だめ
なんだよ。だから頑張った自分は絶対に褒めてあげなさい。
自分で頑張ったの分かるはずだから』って言われて
すごい俺、なんか救われた気持ちになってー」

「そういう余裕のある言葉ってないんよね、最近ね、
巷を見とっても。俺が感じるとこはよ。何か不況だとか
とにかくもう緊張感を与えるような
風潮になってしもう
とるけぇ。
じゃなくて、頑張ってるなら頑張ってる。いろいろ結果は
出んかもしれんけど、じゃあ頑張ったじゃーんっていう
ようなことをもう一回この世の中言っていかないといけんし
頑張って自分を褒めてあげれると、余裕が出てきて、
絶対人のことも褒めてあげることができるし、
人に対しても優しくできるじゃん。
そういうことが世の中の基本として起きていくと
絶対世の中よくなっていくじゃん!ね!
頑張ったら褒める方式をちゃんとやらにゃいけんと思ってね。
自分自身を褒めようと思った瞬間に
すっごい気が楽になってさ。

周りのことが許せるようになっていくんよね」
完璧を求められる時代、あちこちシビアなのが疲れちゃうよね。
自分に優しくすることは人に優しくできることなんだね。

「実は19日の日に、(追加公演)初日の前日に、
俺のすっげぇちっちゃい時からお世話になったね、あのー
母のお姉さんが亡くなったんですよ。
もう全然・・ビックリして。
去年の夏に調子が悪いというのでその伯母さんのとこにね、
一回お見舞いにも行ったんじゃけど。それからちょこちょこは
気にはなっていたけども、久しぶりに伯母さんの話を聞いた
のは、亡くなったっていう話を聞いて、もうすっごい俺ね
後悔したんよね。もっともっと気にかけてあげればよかった
とか、あのーいろんなこと思って」
そんなご不幸があったなんて・・・

「20日の1日目終わった次の日が中日で1日空いとったけ、
告別式じゃっていうので因島に帰ろうかな、と、思っている
最中に、ちょっとまあうまいことこの話が表現できるか
分かんないけども、ちょっと待て、と思って。俺、今、言い方
悪いかもしれんけど、弔う気持ちはある、と。伯母さんに
すごいお世話になったけぇ、弔う気持ちはあるけど、
今俺が葬式に帰って、何ができるんだろうと思ってしまうんよね。
もちろん気持ちがあって帰っていろんな手伝いはできるかも
しれんけど、ライブの途中に移動するってこと自体が
リスキーじゃし、目の前にあることをそのリスクを背負いながら
帰るってどうなんだろうって考えてね、で迷いがあったんだけど
ちょっと待て、と思って。いや、今目の前にあるライブを絶対
大事にせんといけん」

「先週母の話を俺したでしょ?
で、母ちゃんが死んだ時もそうやったんよ。
考えてみたらいろいろ母ちゃんにしてあげればよかったなぁとか
そういう後悔が残って母ちゃん死んでいったわけよね。
で、伯母さんが死んでいったのもそれやった。
ああ、もっと何かしてあげればよかったなっていうことを
思いながら。俺ってホントに恩返しができん人間なんだなぁ
とかっていうことで一瞬落ちかけたけど、でももしかしたら
生きるとか死ぬってことは、こういうことなんかな、と思って。
いつもどんなにお世話してあげとって、どんなにこう
その伯母さんにね付きっ切りで看病してあげとったとしても
亡くなった瞬間に絶対にその気持ちは出てくるよね。
もっと何かしてあげればよかったみたいなこと思うじゃろうし、
じゃあ死んでいった人がおって、もうこの世にはいない。
でも僕の中にいっぱい思い出はあるわけじゃしー、
ホントにいろいろお世話になった。
箸の持ち方も教えてもらったしね。
広島、都会に伯母さん住んどったけ、その当時はね。
僕がちっちゃい頃行った時にこうやって都会はバス
乗るんだよとか、お年寄りが来たら席を譲るんだよとか
すごいいっぱい教えてくれて。
そのことは俺の中に残ってるわけで。
その感謝の気持ちがもう一回そこで、変な話、亡くなったから
かもしれんけど、変な言い方よ、そこで思い出した時に、
ホントにありがとうという気持ちが出てきてね。
でもその感謝の気持ちプラス、じゃあそれを、
生きている僕は、ちゃんとしっかり他の人に伝えれるように
頑張らんといけんわと思ったんよね。
何かこういう伝える職業もやってるし。
っていうことがすごく・・人の死ということじゃったんじゃけども
まぁ、前向きにすごく捉えれた・・きっと伯母さんも帰ってきてね
というよりも次からあるライブで伝えてあげなさいって言っとん
じゃないかなという気がして、何かね、その~、・・うーん
そういう風に、なこともあったんじゃけども、
すごくいい気持ちでこの代々木に向かえたんだよね」

「無力さを感じることは多々あるけども、死に対して。
でも残されたものとして、そのお世話になった人から
受け継いだものをもう1回世の中に残していくことが
ホンマに大事なことなのかなっていうことをすごく改めて
ライブ前に思いましたね」

・・・ANN告知・・・

6月9日はパフュームがまたゲストとして登場!
そして他にもスペシャルなゲストありだそうです。

そして6月16日はみんな大好き生スペシャル!
生歌、やってくれるそうですよ!必聴ですよ。

・・・メールテーマ;やりきりガール、やりきりボーイ・・・

リスナー(ねこまつさん)
「昨日シャワーを浴びようとお風呂のドアを開けたら、
そこにカエルが一匹。
触らないようにしてシャワーで誘導し、『さあ、お逃げ』と
野に放つことに成功。
今日、お風呂場のドアを開けたらカエルが2匹。増えていました。
意を決してカエルを素手でつかみ、窓の外に逃げていただき
ました。ものすごい達成感でいっぱいです」

「お前、これカエルの恩返しじゃ、絶対!
わ~何を織ってくれたんじゃろねー」

「『ここにはおいしい苺がなってるから来なよ~!』
ってことじゃったのかもしれんよ~」
め、メルヘン?(笑)

リスナーさんが指毛が気になってしょうがないので
抜いてやったというメールに対して、

「今、鼻毛が気になって気になってしょうがない!
シノがいなかったら思い切りここで抜いてやるんだけどなぁ!」
ラジオブース内でブッチー鼻毛抜く昭仁さん、やだな(笑)

・・・ファンタジスタおかのん・・・

リスナー(高知県・しおりさん)
「校長先生に、『気合でカバーはできません!』と
全校生徒の前で言われた陸上部の『気合でカバー』の
バックプリントTシャツ」

「はっはっはっは。ファンタジスタ」
「ちょっとヤな校長先生やね?!」
「そういうのを何か否定しちゃいけん気がするけどなぁ!」

・・・記憶の壁!・・・

「昭仁、1もんめへの、え、(噛)・・ちょ、ちょうせ~ん・・・」

「2時になったのに、全然しゃべれ~ん、
なにこれ、も~お、ホンマに~。。。
ラジオぬ(噛)、はぁ~(ため息)
ラジオの前のアータが実際に経験した
模擬テストなどを送ってもらって僕がガチンコで答える
このコーナー」

「3回パーフェクトを、出しましてる(噛)、
”出しましてる”っふっふっふっふ(笑)
出してる、うふふ(笑)、俺。
天才、おかのふっふっふっふっふ ←ツボった
たぶん世の中の今までの歴代の(※)てるさい(噛)の中に
噛む、言葉がしゃべれん天才っておらんじゃろうね」
(※)「てるさい=天才」
噛みのネ申(笑)
ろれつがまわらなすぎてある意味、心配(苦笑)

1問目 
国語「口、口、十を組み合わせた漢字は?」

「えー何?」×約10回
「この問題、後に回してええ?」
だめだ、アタシも分からん~

2問目
社会「ITは何の略?」

「インターネット、テルオ!(笑)」
「インターネット、テロンテロン」

答え「インターネットテクノロジー」

「え?言わんかった、俺?こら、遠藤!(笑)」

【追記】
ちょっと待ったぁ!
ITは「インターネットテクノロジー」じゃないっす!ブップー!
「インフォメーションテクノロジー」です。
出題するほうの答えが間違えとるがな~!です(笑)

3問目
国語「その道の名人でも失敗するということを表すことわざは?」

余裕のボケ後、
「弘法も筆の誤り」
ピンポーン

4問目
地理「次の言葉から連想する国名は?
   ボルタ川、ゴールドコースト、アナン元事務総長、カカオ」

「これぐらいは、岡野昭仁、簡単に言いますけどぉ~
オーストラリア!」
ブップー

「え?!違うの?」
さっきの自信たっぷりの前フリが痛い・・(苦笑)

「え~いやだぁ~・・バカ丸出しだわぁ~」

答え「ガーナ」

5問目
社会「世界3大穀物を答えなさい」

「小麦!」
ピンポーン!

「とうもろこし」
ピンポーン!

「小麦、とうもろこし~、
麦?!
違う、小麦で麦言うとるじゃん。
もうええ、腹立つ~!くきくき~(悔)」

ラジオブースの向こう側で助け船が・・・
「向こう側で『コメ』って言うてる・・(笑)
(笑)
そんなこと許されるわけないじゃないかぁ~!
そこまでのヒントいらない!
めっちゃアイツの口が、ヒントでコメ、コメ言うてたけぇ(笑)」
カンニングぅ

1問目保留分もギブ!

答えは?

「固」

「はぁ~なるほど、そういうことかぁ!
その発想はなかったわ~・・・」

「今日ひどいね~。ホンマすいません、リスナー!
こんなんに10分、15分も使ったらひどいわ!」

成し遂げた時に聞きたくなる曲というテーマ。
♪『プッシュプレイ』
スタジアムライブって感じ~

・・・メールテーマ・・・

リスナー(ジョニーさん)
「私はハンバーガーはテリヤキしか食べないということを
やりきっています。っていうか、ハンバーガーはテリヤキ
しか考えられません」

「それ、俺も賛成!最近とんと食べてないけど、
ハンバーガーはテリヤキでしょ!」

ハンバーガーつったらチーズでしょぉ?!
チーズバーガーでしょぉ?! ←どうでもええ反抗

・・・なんじゃろな~・・・

昭仁さんのやる気のないコーナー。
やる気のなさがもうウィキペディアにまで載ってしまっている
というコーナー。

「ウィキペディアに載ってるのぉ?!」 ←ちょい嬉しそう

やる気のない昭仁さんに応援メール多数。

リスナー(ゆかさん)
「なんじゃろなのコーナー、
聞くたびに何だかせつなくなります。
社会に出たらやりたくない仕事もせないかんことも
あるのやな~と昭仁さんを見てつくづく思いました。
このコーナーの昭仁さんを見るたびに私も仕事頑張ろう
って励まされます」
だはは

「ふとしたことでみんなを勇気づけてることってあるんだ!
こんなに適当にやってるのに!ゆるくやってるのに!」
だから頑張ってください(笑)

リスナー(北海道・もとちくさん)
「ある町にある看板です。いつも電車でそこを通るのですが
『もっと頑張る町 〇〇市まで4万キロ』と書いてあるんです。
ちなみに〇〇市までは2キロぐらいのはずなのに。
昭仁さんこれはどういうことなんですか?」

「これ、分かった!これ俺すごいと思うわ。
そこまで、とある市までは2キロなんじゃけども、
でももっと裏返してみると、もっと頑張る町、
地球を逆から回ってみると・・・
4万キロなんですよ! ←してやったり感
4万キロで済む? ←自問自答
地球1周、何万キロ?37万キロ?17万キロやったっけ?
なんかあるよね、うん。・・・
・・・どこ経由?なんかな・・・」
経由とか?(笑)
※ちなみに地球1周は約4万キロだから推理としては
 当たってますよ、昭仁さん!

「地球1周、逆からして・・・
”急がば回れ”っていうのを言いたいんですよ!
”急がば回らない町”、っていう意味です!
ベンベーン、ジャラ・・ラ・・ (ギター音)
が答えじゃ!」

「・・・はぁ~(深いため息)
ひどいなぁ、ホンマに・・・(ボソ)」

リスナー(宮城県・あやかさん)
「私は髪を切ったのに必ず『髪伸びた?』と言われます。
絶対伸びてないのに・・」

メールを2回読みなおします。こんな時はたいがい不可解な
回答をする昭仁さんですが・・・

「なんじゃろね、
これはもう”髪伸び顔”なんかな」

顔のせい?

「パーマ、知らないうちにお母さんがあてよるんじゃない
夜中に。どういう意味なんじゃろね、それは」
パーマは自分で出した話だけども、逆にどういう意味?(笑)

「パーマをあててるからって髪伸びたって聞かれるって
おかしいよね」

「これは・・・初めて分からんかもしれないなぁ」

「へぇ~!伸び・・・
切ったのにね! が答えです。 ←投げやり
ジャララ~ン(ギター音)

「これでやめれるじゃろ、このコーナー。
やめれんの?」
シーン・・・(笑)

なかなか辞められないなんじゃろなのコーナーですけども。

「またこれ帰りの車の中でアミューズで会議が始まるわ。
『”なんじゃろな”、あれどうするんですか~?』みたいな。
『あれ、昭仁さん答えにくいんじゃないんですか?ちょっと
一言言っておきます』みたいな会議が始まるんで、
どうせ、えっへっへ(苦笑)
あの会議が一番いやじゃっ!ってワシも!
あの会議が一番心苦しいっ!っていう、ホンマに(苦笑)」
完全に心が折れちゃってる昭仁さんを褒めてあげてください~

・・・ポルノグラフィティに関する情報・・・

新曲について、

「今ねレコーディング中じゃったりするんですけどもぉ。
まあ10年経ってみてですね、もう一度音楽というものの中に、
僕らがちっちゃい頃から触れてきた音楽というものの中に、
どんなものを込めれるのか。それが気持ち、魂みたいな
もんなのか。僕と晴一の中で改めて話し合った、
話し合った、というかね意思統一をして、えー曲の中に
詰め込もうという、そういう作品になってますので
楽しみにしててください!」

ap bank fesについて、

「すごく意義のあるイベントに3回も出させてもらってね。
すごく大御所ばっかりのねミュージシャンの中でやるけぇ
超緊張するんじゃけど、今年3回目ぐらいは
今までと違うぐらい気楽にできるんじゃないかなと思うけ、
いろんなフェスのすばらしさを体感できると思うので
是非来てみてくださいね」

♪『A New Day』

・・・エンディング ~ツアーの話~・・・

リスナー(山梨県・なみこさん)
「ライブお疲れ様でした。
代々木公演はスタンド2階から、ステージ、アリーナが
すべて見える席でした。
ポルノとファンの一体感は本当にすごいなぁと感動しました。
今回で400本のライブを達成したんですね!
ポルノは私の一番の支えです。
幸せをありがとうございます」

「イベントとかポルノ名義やったものをね全部数えていくと
400本ちょうどやった!これは奇跡のような・・・
俺ら知らんでサプライズ演出で、
スタッフが数えてくれて映像作ってくれたんじゃけど」

「MCもね、すごく悩んだんです。今回もね」

「2日間ライブやって1週間の残りの5日間っていうのは
体力を喉を回復さすための5日間でそれをずーっと
4ヶ月間やってきたけぇ、何か時間の感覚もおかしくなったし、
あと通常のツアーだったら地元ネタとかも言うんじゃけど、
今回はね申し訳ないけども、それを行く時間もなかなか、
ネタも集めれんかったりしたんじゃけどもー。
で中には何回も来てる人がいてMCを変えてくださいって
アンケートにちらほらあったんじゃけども。ま、でも今回は
ちょこっとマイナーチェンジはあったけども、MCで言って
ることは初めから10周年っていうこともあったけぇ、
もう決めうちで同じこと言ってたかもしれません!
もしかしたら何回も来てる人にとってはね。
でも僕達が言いたかったことは、本当にああいうことだったんで
それをしっかりこの29本か、全部ちゃんと伝えないとなっていう
のがテーマでありましたんで、ね。
こう、わき目もふらず全力でやる!っていうことが
今回の
テーマだったんで」

「メドレーとかもやったけ。まあ、いろんな意見があるんだろうな
って思ってた。でも、こうね、今回10周年目にしても
初めて来るっていう人もいるっていうのもあったり、
10年だからこそたくさんある僕らの曲をみんなに聞いて
もらいたいなと思うのでね、メドレーという形も初めて挑戦して
やったし」
アンケートでそういう意見がたくさん出てきたのね、きっと。
でもMCもメドレーも伝えたいことを一貫してるんだなって
すごく感じられましたよ。

リスナー(愛知県・かおりさん)
「代々木最終日参戦しました。
8年前の代々木も参戦したのですけど、あの頃と違うというか
別人に思えるぐらいすごかったです。私はこの10年、何も
成長してないのに、ポルノは常に成長・進化し続けていて
見習わないなと思います。11月の東京ドームには
アタシも1歩先に進めるように頑張ります。
本当にお疲れ様でした!」

「かおりちゃんも成長してますよ、絶対にね。
何も成長してないなんてないです。
この8年前、これもMCで言ったんですが、
同じ代々木体育館。

その時ねCupidっていうツアーでやったんじゃけどもー、
でかくて代々木が。
こらぁ僕らの今の感じだとでかすぎたな、と。

ちょっと負けちゃったなと思ったんですよ、正直。
今考えるとね。で、その代々木のライブを終えて、
アンケートの中にもねあったんです、そういうのが。
僕らの年上の人が書いとんだけど、『まだまだキミ達、
まだまだだね』みたいな。『とあるアーティストはこの
代々木を走り回って、アナタ達より上のアーティストは
もっともっと走り回ってこの代々木を一つにしてましたよ』
って。俺も代々木に負けたなっていう感もあったし。
悔しかったんと、すごい言えてるなっていうんですごい
心ん中に残っとったんよね。思い出として」

「で今回1日目にMCで言ったんよ。
じゃあ、その人が次の日のアンケートにいたんよ!」

「『8年前に言ったのは私かもしれません。
でも大きくなってポルノは帰ってきてくれましたね』
みたいなん、言ってくれてねー!
すげぇ嬉しかったよね」

「もちろんあまり厳しくアンケートされてしまうとあれだけど、
でもこういう一言が僕らを大きくしてくれたんだなと思って」

「本当にね、僕らを成長させてくれるのはみんななんですよ。
このライブのツアーをやって改めて僕、思ったことなんで。
ね、お互いこうやって成長してるわけですから、
またいろんなイベントとかドームとかで
お会いできたらいいなと思っとります」

はい、今週もたくさん素敵な話ありがとうございました。
ライブお疲れ様でした!
こういう謙虚なところとか、
いつも飾らずストレートに表現してくれるところとか
大好きです。自分も見習って謙虚に生きていきたいです。
ポルノのお二人も
少し休憩して鋭気を養って、またライブでお会いしましょう。

「はぁ~!やりきったー!レポやりきったー!」
って毎回この2時間のANNレポート書くたび思うわ。
やりきりガールじゃ!ふひ~・・・
もっとその週の放送にタイムリーに追いつきたいんだけどね、
そこら辺はごめんなさいね。2時間の放送という壁が大きくて・・・

でもそのレポをいつも読んでくれてる
やりきりガール、やりきりボーイの皆さん、
いつもありがとうごじゃいます!ではバイバイバス!

| | コメント (14)

5/19、東京タワー、おかんと昭仁さん

5/19、昭仁さんのオールナイトニッポン。
今回はおかんの話が盛りだくさん。
代々木行く前に途中まで書いていたレポートなので
中身のツッコミに若干時差がありますがご了承ください。
代々木のレポートはなかなか進まないんだよね~(笑)
まぁ、そちらのほうは気長にお待ちください・・・
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「雨が降ったら、釣りに行け」

「コンポルノ・・・ポルノグラフィティの
岡野昭仁です。今日も釣りの格言から入ったんですけども」
今日は大人コンポルノ。
もうごきげんで元気にこのあと2時間の生放送をする
勢いづけになるんだったらば、
毎回釣りの格言から始まってもらって、全然OKです(笑)

「海釣りのほうはどうか分かりませんがー、
バスフィッシングのほうではよく
”雨が降ったら釣りに行け”って言いますね」
そうですかー、へえ~、へえへいへいへえ~(←気のない返事

釣りのお話をカツゼツよくお話してくださる昭仁さん。

・・・代々木ライブ前夜、興奮で眠れないMioちゃんが
昭仁さんのラジオを聞き始めたらすぐ眠くなりました、
と言っていただけある話が続いております(笑)

今は産卵のお話になっちゃってます。
それがこの時期、5月なんだそうです。

「産卵はバスにとってのー、大変な大仕事なんでー(ツバ)」
生きとし生けるものすべてにおいて大変な大仕事だけどね。
昭仁さん、今バスのことしか頭にないよ(笑)

「女子もメスも!あー間違えた!
女子も男子も大変なんですー。
女子は女子で産んだら体力なくなってー、
しばらくはー動くことはできません」
あ、これバスの話なんです(笑)

「男子は男子で、女子が産んだー、卵を守るという
父親としての役目があるんよね。
じゃけ、卵の側をずーっとずーっと付きっ切りで
ご飯も食べずに、ずーっといないといけないの」
ふむふむ(笑)

「今の時期がそういう時期で、
あの、バスは・・・
ちょっとしんどい時期なんですね」
なるほど・・・(笑)

で、昭仁さんは産卵で疲れた親が落ち着いてきて食欲が増し、
今が一番食いつきがいいという話をしたかったようです。
テンションもあがってきたようです(笑)

今日は途中で終わった中途半端なコーナーさん達を
コーナーの国に帰す日。
「血祭りにあげようか!(巻き舌)
と。血祭りじゃ、言葉おかしいね(笑)」
血祭りとかそんなんいやですぅ~・・・(苦笑)
↑代々木でも言ってたよ”血祭り”って オイオイ

・・・タイトルコール・・・

「ホンマに興味がない人はどういう風に聞くじゃろうか?」
さっきの釣りの話のことなんですけども。
ホンマに興味がない人は、寝ますね、確実に(笑)

「僕自身はバスフィッシング最高!と思ってるからー
少しでも興味を持ってくれたらいいなと思って話てるん
ですけどもー、どうですか?興味を持ちました?」
Zzzz・・・


「明日から代々木体育館でですね、
10thライブサーキットの追加公演が行われます」
!!(目覚め)

「えーまぁ、頑張りますよ、当たり前だけど(笑)
もうホンマに何回も言います!
もう集大成なんで、この10年の!
そういうつもりでやってますんでー、それをもう
しかと見ていただきたいのでー、来てください、
とにかく足を運んでください。
もうそうしないとー話にもならないのでー
とにかく来てほしいと思ってます!」
話にもならんのかい~・・・!
いま、完全に
行きたくても行けない人を敵に回しましたよ、昭仁さん(苦笑)
先週のANNでいいこと言って株がどっかーんと
あがったのに~!(笑)
言葉のアヤつんってことでそこのところお治めくださいませ。。。
代わりにアタクシが代々木は楽しんできますからぁ~!(笑)

「代々木はまた広いからねー。
代々木で8年前か、やった時のリベンジをしたいんで、
僕は。でかいなー、これは飲まれたなーと思いながら、
終わった瞬間にそう思った。こりゃあ代々木のでかさに
飲まれたなぁ~と。
真正面にプールの飛び込み台があってね、
真正面にはお客さんがいないんですよ。
そこら辺がでかく思えた一つの要素だと思うんですが、
あれを今回はビビらずにしっかり地に足をつけて
やりたいなと思ってますんでね」

♪『幸せについて本気出して考えてみた』
マイケル的生活とは・・・?
つねにマスク姿?(笑)
じゃ、つまり今日本列島、マイケル的な生活・・・?


・・・復活、あいうえおかのんのフリートーク・・・

そっかー、いつものフリートークの部分を
「あいうえおかのんのフリートーク」にしたのかぁ~。

『旅館』

「旅館の晩御飯って量が多い」
「ちょっとーやりすぎな感はあるよね」
「最後にナニナニの炊き込みご飯があります、
とかって言われても俺、絶対食べれんもん」

「基本的に食べ物を残せないタイプなんでー、
出されたら出された分だけ食べてしまうタイプなんですね」
えらい。

「あれは残してもいいっていう前提にあるんですか・・・?
和の何ていうか、何言うてるんだ、俺(笑)」
おもてなしの心かい?

「いっつもそれが腑に落ちない!くやしい!」
お腹が膨れて、結局温泉気分を楽しむことなく
寝るだけになっちゃうオレ、だそうです。

「もうちょっと、・・・誰か文句言えばいいのにね!
あれこそもったいないねー」
これって、怒りのアキちゃんのコーナーか?(笑)

さて次のテーマを選びます。
「久しぶりにこういう話、久しぶりにしてみようか。
”おかん”!」
おお!(←はしょる気満々だっただけに、驚きが隠せない・笑

『おかん』

「うちのおかん、8年前ぐらいに・・8年じゃったかなー
8年ぐらい前に死んだんじゃけどー」
とあっけらかんに言ってみる、昭仁さん。

「な、亡くなったんだけど(苦笑)、」
あまりにあっけらかん「死んだ」言い過ぎて言い換えた昭仁さん。

「あのー、
お母さん独特の存在感ってあるじゃないですか。
で、死んでからー、うちの親父が言ったんですごく思ったのは、
お母さんがやってた中で一番偉大だと思ったことは、やっぱ、
ご飯を作ること。というのは、ご飯を作ったら、家族がそこに
集まってくると。家族団らんっていうのは、母親が作ってたん
だなぁってことを、気がついたんだー、お父さんは、
みたいなことをおとんが言ってたんじゃけど、
悲しいこと言うなよ、おとんとか思ったんだけどー、
でもその通りじゃない?
お母さんが、その空気を、・・
『はい、ご飯食べなさーい、はいみなさん、集まるよ』
っていう、そういう家族というものを一つにする時間を
作るのは母親だったよね。
っていうのを言われて、俺、はっ、ホンマじゃ~と思って。
おとんだけが実家におったら別に帰らんもん。
こっふふ(笑)いや、変な意味じゃなくてー、
やっぱそういうことなんよね、おかんのご飯が食べたいわー
っていうんがあって、やっぱ実家に帰るってことあったけど、
今、ま、おとん寂しそうにしとるから、帰ろかな的なことに
なっとる、ね。
そうじゃなくて昔は無条件に実家に帰りたいなと思った
気持ちは
、母親が作る、食卓という、家族団らん。
あすこの、あすこはおかんが作ってたっていう空気なんだなー
と思ったらね。偉大だなと思いますね、おかんはね・・・」
あ、何か涙が出そう・・・ウルウルしてきた・・・
いい話だね、そっかぁ、家族団らんをお母さんが作ってた。
いろいろな家庭があるけど、それぞれの家庭で
同じようなことが言えることかもしれないね。
昭仁さんの株が急上昇してるのがかすんで見えます(笑)
おとんも何やかんや言うても大切にしてる昭仁さんがいるね。

「でもうちのおかんはね、ホンマにうっとうしかったのはね、
あの~僕がー、一回好きっつった、
ま、ワシのことが大好きじゃったんだろうねー!
ワシが一回好きって言ったものは、例えばー、
これは例えばじゃない、実際あったんじゃけどー、
あの~フランスパンに、ミルク、ミルク味のなに?
あれ、なんねー、ソースじゃない(笑)あれ、あれ・・・
クリームが入ったパンが一回うまいって言ったんですよ。
高校ぐらん時に、俺が。
『このパンうまいね~、おかあさん』つったらー、
まいにちー、まいっあさー、
まいっあっさー、買ってくる!
ホンマ、何日続くかっていうぐらい!
『ええ加減にしいやー!』って言ったもん、俺。
『お母さん、ええ加減にせーよ!
なんぼ好きやっても、なんぼ好きやっても、
20日間連続は食えん!』と。
『(母)ちぇん!それはお母さんが好きなんよー!』
ってね、反論しとったけどね。絶対違うんよ。
あれは勢い余って息子愛が余って
うっとーしかったなぁ~!それがもう!」
「ワシのことが大好きじゃった」って!~うふふ
いや~お母さん、微笑ましい息子愛。
分かるなぁ、何か。
「うっとーしい」って言ってる昭仁さんもそこに
何か愛情を感じるね。いい話ですね。
何か昭仁さん、
温かい話をしてくれるモードに入ったみたい。

「おかんの話をしました。
なんじゃろな~、あっ、変な話だけど、
お涙ちょうだいの話をしたいわけじゃないんだけど
たまにはこういう話もええかなーと思うんだけど」

「あのー、リリーフランキーさんが書いた、
何じゃったけ・・・

あ!『東京タワー』があるじゃんか。
あっれがさー、読んでたら、
俺全然、だめで・・・
俺のおかんが死んだ状況とすっごく似とってさ」
え・・そうなんですか(鳥肌)

「笹塚ボウル、笹塚のボウリング場、
笹塚ボウルみたいなことも、
そこにおかんを連れてったわけじゃないけどー、
俺昔そのへんに住んどったけさ。
その辺の光景も浮かんだり。
東京タワーの見える病院、
うちのお母さんも
その東京タワーの見える病院で死んだのよ」
因島ではなくて。上京してたんですか。

ストーリーの最後のほう、
みんなで住むために広い家に引っ越しした
地域の近くに、昭仁さんも昔住んでいたということで。

「俺、あれ読んだ時、もうだめだったね。
うっわー、これうちのおかんが死んだ状況と全部かぶる
じゃーんみたいな。あ~だめでしたね」
そっかぁ。
そんなことがあったんですか。
一時期、映画もドラマも『東京タワー』ブームでしたけども、
複雑な心境でそれを見ていたんでしょうね。
今度また素敵なお母さんの話、聞かせてくださいね。

これで「あいうえおかのんのフリートーク」は
さよーならー!コーナーの国へ帰りました。


・・・フツオタ・・・

リスナー(大分県・ふすまさん)から
「コロッケはご飯に合わないと思うんですが・・・」というご意見。

「おお~!おお~!(笑)
すごい!合わんね、確かに!」

初めての気づきのようです(笑)

「僕ね、カニクリーミーコロッケが、苦手なんです。
すっごい珍しいって言われるんですけどー。
え?
大輔に今えっ?っていう顔されたんだけどー、
お前に何回も言うとるよー!」
超お天然記念物指定?(笑)

リスナー(山口県・ミサさん)
「昭仁さんの好きなオノマトペは何ですか?」
まだ引きずるオノマトペ(笑)

「(苦笑)
ってだからー!
オノマトペって存在せんからっ!(笑)」
”オノマトペ”は伝説でも妖精さんでもカッパでもないですよ、
昭仁さん(笑)

「もうえっかー(笑)
フランス語で擬音?ってのをオノマトペっていうんでしょ?」
ちゃんと学習しとるじゃん(笑)

「好きなオノマトペぇ~えー何かなぁ・・・
”ゴンゴン”。
”ゴンゴン”はうちのその母が言ってたんだけどー、
『牛乳をゴンゴン飲みなさい』って
ナチュラルにうちの母言うてて、
でもそれをちっちゃい時から聞いていた僕は、
ゴンゴン・・・たぶんガンガンなんだろなと思ったけど、
その、ま、一つ上、『ガンガン飲む』の1こ上なんだなって
聞いてて、でもすごくー、理に敵っとって、
『背がグングン大きくなる』とー、グングンとガンガンのー、
間のゴンゴン、って(笑)
全然間やないけっどー、ぜんっぜん(笑)」
自分で言ってておかしいと思ったでしょ?(笑)

「母が言う”ゴンゴン”は好きでしたけどね」
今日は昭仁さんのお母さまがよく出てきて
昭仁さんをフォローしてくださっているかのようです(笑)


・・・復活、そうなんじゃ!・・・

昭仁さんの口癖シリーズのコーナー。
これが一番まともだったように思います(笑)

リスナー(愛知県・セクシーさん)
「アリとキリギリスは最初、キリギリスではなく蝉だったそうです」

「アリは働きものだけどー、
キリギリスもそうなん?キリギリスもがんばっとるでー!
キリギリスなりに!」
「蝉はそんなに怠けもんかー?!
つるの君に言ったら怒るで~。そんなこと言ったら!」
この話はつるのさんに内緒にしましょう、
面倒くさいことになるから(笑)

そろそろ・・・

「じゃあ、このコーナー終わらすために最後、
僕が『そうなんじゃ!』ってリスナーが言うようなことを
言って終わりにしようか。
世界3大スープ、言えますか?」
世界・・・
え、味噌汁(和)、コーンポタージュ(洋)、わかめスープ(中)
じゃないんですか?(笑)

「一つ目は、言いやすい。
『トムヤンクン』。ね。
誰か分かるひとー!手ぇ挙げて~。
ほら!おらんのよ(優越感)」

「二つ目、『ボルシチ』。まぁ、ここまで分かるじゃん。
三つ目、『ブイヤベース』!
はぁ?!ブイヤベース?!って言われても
って感じじゃない、これ?」
ふーん(←反応薄・笑

・・・復活、怒りのアキちゃん!・・・

怒りのアキちゃん本人のエピソードを紹介しますね。

昭仁さんがマネージャーの大輔さんと上越新幹線の
グリーン車に乗っていた時のエピソードです。

斜め前の3席シートにお母さん、小さい子ども、おじいさん
が座っていて、でその5歳ぐらいの子どもがギャーギャー騒いで
ずっとうるさかったと。
お母さんは何にも知らん顔して携帯見て、
子どもをほったらかしにしている。
で、窓際に座っていたおじいさんがその子どもを
一生懸命あやしていたそうなんです。
子どもだからしょうがないと思いつつも、
全く関知しないその母親。

「腹が立つ、やかましわー!って怒りが(巻き舌)
沸点がきそうな時にですよ」

一旦、お母さんとその子どもはトイレに行くので
席を離れたそうです。
そしたら席に残っていたそのおじいさんが途中の駅で
下車して行ったそうなんです。

「あれー?!と思って」

そうしているうちに母親と子どもがトイレから戻ってきました。
そこで言った、その子どもの一言、

「『あれ~?あのオッチャンどこ行ったんだろなぁ!』
ワシと大輔、顔を見合わせて、はっ?!」
「そのオッチャンは全然関係なく隣りに座った人!」

「ホンマ、すっげーうるさかったんよ。
ホンマ怒りの頂点に達して降りる瞬間に何か一言、
このお母さんに言うてやろうかな!と。
ええ加減にしなさいよと」
「と思った瞬間に、ワシの席の前におったオッチャンが、」
「『おい!』と、そのお母さんに。
『今までだまっとったけどな、子ども黙らせろ!
それぐらい教育せい!』って
降りてったんよ・・・。
その瞬間、車内、パチパチパチ的なそういう空気になったね」

「もぉ~怒りのアキちゃん!
怒りのグリーン車よ!
怒りでレッド車になっとったかもしれんわ!」
ははは、そこで軽くうまいこと言ったもんだ(笑)

「世の中のお母さん、ちゃんとせんといけん!
そういう教育をせんかったら、この日本という国は
腐っていくよ!ということを覚えていてくれ!」
自分がおかんになったら気をつけたいと思います!
無関心なのが一番よくないよね。。。


・・・フツオタ・・・

「宮城県、ラジオネーム くすり!
・・・間違えたー(笑)
ラジオネーム くりす(笑)
かっかっかっかっかっかっかっか(笑)
だってひらがなで書いとるけぇ」

”くすり”っていうラジオネーム、あたらしい!と
思ったのはぬか喜びだった(笑)

リスナー(宮城県・くりすさん)
「今私はココナッツを栽培しています。
昭仁さんは将来栽培または養殖したいものはありますか?」

「なんじゃろなぁ~
ファンクラブの会報にも書いたけど、
スナップエンドウ。
スナップエンドウの根を生やしたいんよね、日本の食卓に」
うまいよねー。
うちの旦那は最近、アスパラガスの苗、アスパラガスの苗、
口を開いたらアスパラガスの苗ばっかり言ってるけど(笑)
30過ぎると自然と土いじりに興味が出てくるもんなのかな?

・・・大丈夫、死にゃせん!・・・

あ、あったねー!
女人禁制のしょうーもない相談ばっかりの(笑)

リスナー(千葉県・ボス裕次郎・18)
「僕の兄貴が不良系の友達から『ドリルファイファー』
って呼ばれているのを、友達から聞きました。
何でドリルファイファーって呼ばれているかは兄に
聞かないほうがいいんでしょうか?」

「何でファイターなんか。
ファイファー?」
「これ兄貴に聞かんほうがいいと思います!
きっとこれ下ネタから来てる気がする!」
さすが、昭仁さん(笑)

覆面バンドがやりたいというリスナーの話。
昭仁さんも覆面バンドしてみたいんだって。
ポルノの今後の新しい展開に”覆面バンド”
っていう道もあるってことか・・・?(笑)

・・・エンディング・・・

「まだやってないコーナーがあるんじゃないか?と」
なに?素直にこれでは終わらないの?
一旦、バイバイバスでしめてもうひとコーナーがあります。

あぁ・・・またレポ書きにくいコーナーが(笑)

・・・ポルノカーペット・・・

「エロイ!」
「ははは、これは宮崎アニメに怒られるぞ!」
「ちょっとこれは無理があるんじゃないかぁ?!」

以上、昭仁さんの反応のみお送りしましたー(笑)
バイバイバース!

| | コメント (12)

5/12、晴一さんのスーツケースにパラパラッとアレをまく昭仁さん

5/12、昭仁さんのオールナイトニッッポン。
昨夜は代々木4デイズ公演がスタートを切りました!
・・・でも同時にインフルエンザが東京上陸・・・
週末の公演が気になりますが、とりあえず冷静に
いつも通りレポートいってみましょう!
ちなみに次のレポートが迫ってきてるし(←自己責任w)、
今後のスケジュールの関係(←自己都合w)で
おいしいとこだけレポートでお伝えします!
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「それでもやっぱり~、釣りに行っちゃうんだよねぇ~」
開口一番、釣り?
でも昭仁さんが元気にオンエアしてくれるなら、
何でもいいです(笑)

「最近、シノにね、『釣りの格言を言え』みたいなことを
課せられましてね、今日もいいました格言」
「釣りの魔性の魅力にはまった人間が言う言葉ですね」
”格言”っていう言葉の意味が分からなくなってきました(笑)

「5月12日火曜日、
ポルノグラフィティの
岡野あきのっ(噛)、昭仁なんですけども」


「あの~、なんじゃろなー!
いかろうか!怒っていこう!
さっきねー、川中がね、ふとしたところで言うとったわ!
『世界3大果物、フルーツって何か知ってますか?』って
言われて、俺ね一つも当たらんかって。
何じゃと思うー?」

「マンゴーは分かる、と。
『(昭)へ?あとはイチゴ?』『(川)違います』
『(昭)ライチ?』『(川)違います』
『(昭)メロン?』『(川)違います』
『(昭)じゃあオレンジ?』『(川)違います』
結構、王道のもの出してるしー、ほんでマイナーな
とこ言うとるしー、ここで出てこんかったらー、
なにでぇ、出てくるんだと(怒)
って、聞いた答えが、
『マンゴー、マンゴスチン』
マンゴスチン?!
マンゴーがあったらマンゴスチンはもうええじゃん!(苦笑)
似たようなネーミングで、
マンゴスチンがもうぅーええーへへじゃん!(苦笑)」
マンゴスチン・・・ってどんなんだっけ?

「で、3つ目何じゃったっけ?・・・
『チェリモヤ』?!
はぁぁぁぁ?!」
「もうね、腹が立つよね、何か!」
チェリモヤ・・・なんだそれは。モヤモヤ

お、怒ってるなーって思ってたら、
いつの間にか新曲製作の話に変わってた。
切り替えが早いアキヒトチン(笑)
あ、でもまだ怒りモードが続いてるのね。

「先週か?いや今週・・・?
ま、ずっとー、ツアーが終わって
ちょっと2日ぐらい休ませてもらって、んでー僕ら
プリプロに入らさせてもらったんですよ。
新藤の新しいスタジオができたけさ」
たまに”新藤”って言うね。
でも晴一さんは”岡野”って言わないね(←どーでもええ?笑

出前を取ることになり、中華を頼んだそうですが、
昭仁さんの注文した料理が大量のにんにくが入っていて、
「それが、食ってから口の中がいごいごするわけ」
”いごいご”(笑)

「さすがにこれ迷惑かけるなーと思ったけ、
ちょっと大輔よ、っつって。あるじゃないですか。
コンビ二には口臭をスカッとさせるような
タブレット的な
もんが。それを買ってきてくれ、と」
ドーレミファーソラシド、
ドシラソファミレどーこに行こうかな~ベイベー♪
BGMは”初めてのおつかい”のテーマソングでお楽しみください。

「じゃあぁ(笑)、帰ってきてビックリ!」

「あのね、ブラック・・・黒い・・・分かるかな?
何種類かあるうちのブラックを買ってきてるんだよ・・・
もうイメージというか世間にはもう浸透しとるけどー、
ブラックは眠い時に眠気を覚ます時に、強烈なスカッと感で
目を覚まさせるよってのが定説になっとるわけじゃん。
で、それを
『(昭)え?!何で?俺眠いって言ってないよー』つったら、
『(大)へ?結構変わった感じのマイナーな色があるんだ
と思ってー、変り種だな、喜んでもらえるかなと思って
買ってきました』みたいなことを言うんよ、大輔が」
あ~あ、おつかい失敗。”お母さん”に怒られちゃったね(笑)

「それをぉ~買ってくるっていうー、
ホンマに今日もまたっ・・・
3日か4日経ったけど、改めて(巻き舌)、
そのフルーツきっかけで、
また怒りという意味での共通点で腹が立ってきたねー、
大輔ね?」
大輔さんの話を聞くたび思う。いつもこれはマジなのか?
ハラハラするエピソードが多い(苦笑)

以前釣りにはまりたての頃、釣りのDVDでおもしろそうなのが
あったら買ってきて、と大輔さんにお願いしていたところ、
「『(大)はい、買ってきましたー、昭仁さん!
〇〇さんのナントカ釣り道、下巻です!』っていう(苦笑)
下巻から渡されるっていう、ぼくはぁねぇぇ・・・(呆)
上、下あって、下から渡す人間がー、
買ってくる人間がぁ、この世の中にいますかぁ?!」

「『(昭)なんでー?!下巻』つったらー、
『(大)いや、パッと見、
(上巻が)面白くなさそうだったんでー』」


「ま、ああいう人間がもしかしたら世界を救うんじゃけどね」

「はぁ~~~(疲)
冒頭、これだけ怒ると、この後2時間、体力が持つかどうかは
神のみぞ知る、ですけども」
お察しいたします(笑)

・・・タイトルコール・・・

「今は目的を決めずに、いろいろ曲を作ろうということで。
ま、新藤さん家の新しいスタジオが出来たということで。
いろいろ機材も新しくしたようでね。
結構本格的になってましたよー。
”ご自慢”のスタジオでね。やりましたよ。
”ご自慢”だ、”ご自慢”だ言うので、めちゃめちゃ散らかして
帰ってやろうと思いましたがー、俺が!
それはねーすごくねーうちのマネージャーが嫌うんです。
ま、それ誰しも嫌うんですけど。
僕結構そういう暴挙働く時あるんでー。
あの~、ホテルでお酒とか飲んでてね、
んでー部屋飲みとかになるじゃないですか。
んで、晴いt・・・新藤も一緒にいてー」
晴一って言いかけて新藤に呼び方を直すその心は?(笑)

「いい感じでワサーっとみんなが盛り上がってきたら、
ちょっと新藤の部屋で飲んでたりするとー、
あのいたずらをしたくなるんですよ、僕は。
新藤の荷物が、スーツケースがあるじゃん。
ね、あれにーちょっとべビースターをまいてやったり~(笑)
ひへっへっへっへ!(笑)」
昭仁さんめっちゃ楽しそう(笑)

「一番やっちゃいけない!って後から言われたんだけどー、
ベビースター、確かに非常に細かいものなのでー(笑)、
サラサラっとこう相撲取りが塩まくみたいな感じでー(笑)、
パラパラ~ってやったら、川中にすっごい怒られて。
もうね。アーティストとマネージャーの立場を越えて
めーっちゃ怒られて(笑)」
小学生か(笑)

「何かね、新藤がきれいにしてるもんとか見たら、
何か壊したくなる感あるね(笑)ふふふふ
何か同じA型で、まぁ何となく気持ちも分かるしー、
そこまで新藤、几帳面とか清潔、
キレイ好きとかじゃないけども、

何かキレイにしてる感がせっかくスタジオも新しくしてるから
ちょっと何かぬちゃっとしたくなる、僕のいたずら心、
あるんですね」
ドMだから時々ドSになっちゃうのね(笑)
晴一さんは寛大だよね(笑)

「まいちゃいけないんですね、
ベビースターは食べないといけないんです!
いや、そのスーツケースにまいたのも、結局
『食べなさい!もったいないから!』つって、
川中に食べさせられましたから」
悪い子はオシオキだっべぇ~!(笑)

♪『ハネウマライダー』
この曲が似合う季節になってきましたね!スカっ!

・・・フリートーク・・・

けだるい5月病にお悩みの方、昭仁さんが
元気をくれますよ!

「5月病みたいなこと言いますね、この時期。

新生活が始まったり、社会人の人もまあね、新しいこの
境遇になって、えー悩む時期なんでしょ?この5月は。
5月俺は悩んだことはないんじゃけどね」

「今日俺いい話聞いて、
久々にボイストレーニング行ってきたんじゃけど、
俺もちょっと声の調子が悪かったりしてー、
自分的には喉の調子もいいしー、身体も絶好調なのに、
何かライブやってて後半疲れて声が枯れるなー
みたいなことをね、
あって」
ほうほう。

「そこでいい話聞いて、あのー、
結果ですよ。どこも悪くないと。
キミの歌い方も間違ってないし、全然どこも悪くない。
ただ一つ、疲れてたんでしょうと。ツアーが続いてたから。
それだけだよ、と。
それをー、とにかく精神的に追い込むのが良くない、と。
何でだろーって。今までできてたのにー、急に悪くなった
ってことで、できていた自分がいるんだから
それでいいじゃない。たまたま壁があることは人間あるんだから
それをポジティブに考えなさいよ、と。
自分を愛でてあげなさい。私よく頑張ってるわと。
頑張ったからたまにこうなったんだねーって。
で自分を愛でて自分を慰めてあげる。
気分がブルーになるとかそういう方向にいきそうな時は、
自分の気持ちも上げようとしなさい、と。」

「俺もハッと思ったんじゃけどー、そうやって
自分をまず愛でてー、自分を好きになってあげなさいよ、と」
自分を好きになってあげる。うん、うん。

「自分頑張ってたんだなぁと思うと、
周りの人にも優しくなれる、と。
そうなってくると、自分がすっごい悩んでて、
例えばこの5月で悩んでてね、
自分も寂しいし、周りにも友達がいないし、
友達も私のことをちょっと話したぐらいで、向こうからも
仲良くなろうとしてくれてないわーみたいな感じに
ドンドン自分がそういうモードになっとるのに、
周りを悪く見てしまうようになるじゃん。
まずは、自分を愛でてあげて自分を好きになってあげて、
気持ちをそういう風に前向きになるとー、
この周りの人も好きになっていってー、
自分にもそれが伝わってー、ドンドンドンドン、
自分の周りの環境がよくなるよ、みたいな」

「いろいろ悩み多き時代じゃないですか。
若者はいつもそう悩むんですけども、
それに関してはすごく、受験勉強にも、何でもええわ。
仕事でも何でもええ。
自分を愛でることは確かに」

「自分を好きになってあげるっていうのはすごい大事なこと」

「ことを皆さんにー、お伝えしておこうと思います!」
昭仁さん、熱くありがとう!!

続いて、今週のANNも近々アップしていこうと思いまーす!
はしょってごめーんね!

| | コメント (23)

4/28、大不評、昭仁さんのおニューメガネのその後

4/28、昭仁さんのオールナイトニッポン。
先々週の放送レポートをお送りします。
え?先週の放送は?って、
GWでしたね・・・GWって曜日感覚なくすでしょ?
ま、早い話、録り忘れたんですよね、あははー!
なので聞いた方は是非、
5/5の放送の模様も教えてくださるととーっても嬉しいです。
この放送では何かすごい昭仁さんが疲れているみたい
だったので、そこら辺がどうだったか心配なんですけども。
ではではいつものように、
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

「コンポルノ」
ん?そんなに元気なさそう・・・

「何かみんな、身体がだるーくないですか?
俺だけ?(苦笑)
というのも先週末、俺達、新潟におったけど、
ま、全国的にも大荒れじゃったやんか。
金曜から土曜、日曜と大雨、風、もうすごかったじゃん。
あんなねー人間ねー、高気圧と低気圧と・・
もう今すごい台風一過のように晴れてるでしょ?
こんなに低気圧と高気圧が激しく繰り返されると、
ホンマ身体がついていかんで、ホンマ!
もう、しんどくてさ!」

「東京から行く金曜日、新潟がすごく冷え込んで、
温度差が10度ぐらいあるんよね。
やっぱ身体がついていかんのよね、やっぱ」
「気候に身体を合わせるのがホンマ大変なんっすよ。
だからね身体がだるいんすよ、今。
それをちゃんとねー言うとかないけんと思って、ねぇ」
季節の変わり目の地方移動はこたえますね。
鍛えている昭仁さんもさすがに温度差にはやられますね。
お疲れ様です!
冒頭からテンションが相当低いみたいですけど・・・(苦笑)

さて、
前回ゲストのつるのさん、リスナーからも反響があったようです。

「あのー、気が合うかもしれませんね、つるのさん。
あれから僕連絡しましたよ。メールアドレス交換したんで」

「メール送ったんですけど、
『すいません、アドレスを登録してなくて、どなたですか?』
って返信がきて~(笑)うそーーん!って思って!(笑)」

「ま、メールのやりとりしましたよ。長々と。
ま、僕のお陰でね、つるのさんもアルバム『つるの歌』が
デイリーチャートで1位獲得したんでしょ?
ま、やっぱすごいですよ、僕の番組出たら(笑)、
1位獲得するって。aikoちゃんもそうでしたからー」
昭仁さん番組のお陰なのか・・(笑)
つるのさんプロモ活動でバンバン、
他のTV番組にも出てましたけどもね(笑)

・・・タイトルコール・・・

「先週は大きいニュースがありましたね・・
SMAPの草なぎさんが、まぁ、あれは逮捕というんですか?
ねぇ・・
まぁ、あれは見とってね、そりゃあまぁ、ミスですよね、
そりゃあ、草なぎさんの不注意であったと思うんだけども、
そこまで、世の中というかー、
今すごいみんな無菌状態にしたいというか、
白黒はっきりつけるというかー、曖昧なとこなくすというか、
特にTV見よってもそうだけど、
規制とかいっぱいあるでしょ?
何かね、
そういうのがねつまらん世の中になっていると思いませんか?
害を全部取り除こう、真っ白な正義ばっかりをTVでは
流しましょうみたいな。ね、そんなとこがね風潮というか、
ホンマねおもしろくない世の中になっていくんじゃないかと
思いますよ。
人間って何かどっか曖昧なもんじゃないですか、
不完全なもんじゃないですか」
「みんな何か、どう生きていけばいいんだ?みたいな
世の中になっていくと思いますよ。白黒つけすぎるとね。
警察ざたになったっていうのは反省すべきことだろうけど
あそこまでね、大きくすることじゃないんじゃないかなと
見てて思いましたね、はい・・」
もう本当におっしゃる通りだと思います。


本日はフツオタ祭り。
普通のお便りにじゃんじゃん応えていくそうです。
フツーですけど祭りです(笑)

本日の選曲は昭仁さん、
♪『CLUB UNDERWORLD』

・・・フリートーク・・・

今回のツアー、この放送の時間上では、
とうとう名古屋のライブが本編最後!

「2月の頭から始まって・・・3ヶ月か。2、3、4・・じゃろ。
なかなかタフなツアーじゃったよー!」

「もうね、土日にこのライブやって、その間の1週間は
身体を回復さすことというか、喉を回復させるというか、
それに費やす5日間。もうね・・・」

といいつつも、
「1週間、身体を回復さすために、
マッサージを受けたり、酸素カプセル入ったりするんが
もうね、楽しみになってきてねー」
「すごく勉強になったツアーかもしれんね」
いや~でもね、ホントそうやって昭仁さんが
頑張ってくれてるからとっても素晴らしいライブになってますよ。
スケールの大きいライブっていうのは、感動も大きいですし。
努力と情熱と愛情がすごく感じられるライブになってるし。
それはもちろんスタッフの方を含め。
あ、もちろん晴一さんも絶対的に含まれてますよ!(笑)

「精神的にはすごく充実した日々なんですよ。
この前スタッフの人と話とって~、みんな何か同じように
疲れとんだって。土日だけとは言え、このやっぱ
アリーナツアーっていうのはお客さんの人数が多いし、
多い人数の気が集まると、そこに相対すると、
疲れも出てくる。喜びもあるけど、疲れも出てくるみたい」

「ステージに上がるスタッフの人も、わぁ今日はしんどいな、
って思うんだけども、ステージ始まってお客さんの顔を
見てしまうと、すごく力が出るんだよねーみたいな話を
しとって、まさにその通りで。
俺らも、ミュージシャンも総勢8人か、みんな疲れが
溜まっとるんじゃけども、何か変なね・・・変なじゃないな、
ステージに立ってお客さんが楽しんでる姿を見た瞬間に
ホンマに力が出てくるみたいな、不思議な体験をね、
あれ?こんだけ疲れてとったはずなのに、何か今日、
身体が軽くなっちゃった、みたいな、そんな体験を
するんですよね」
すごいプラスの気を浴びると元気になっちゃうんですね。


さて、ニッポン放送55周年特別企画の
チョロQを使って55万円に挑むという企画を
前回、前々回と行っていましたが。
オールナイトニッポンのどのパーソナリティが55万円を
ゲットできるのか?!昭仁さん?!結果は・・・!

「僕はねぇ、2週目に6センチという!すごい記録を
出したと思ったらぁ、」

他のパーソナリティの結果をあえて聞かずに挑んだのですが
「実は1週目に小栗旬くんがすでに2センチとか出してた
みたいで。その次のナイナイさんの矢部さんが1センチを
出してたみたいな・・・」
「『俺取っただろー!』って大騒ぎしてる俺って
すっげーバカじゃん・・・(苦笑)
これはもうね、早いこと教えてほしかった!」
いやいや、自分であえて聞かないとか言ってたから!(笑)
我がままスターっぷり(笑)

最終的にはナイナイ岡村さんが0センチを出したそうです!

「55万円すごいなぁ・・どうすんじゃろ?
俺が獲ったら株を買ってねぇ、
ひと財産作ろうかと思っとったけども(笑)」
意外と現実的な使い道考えてたんだね(笑)

♪吉井和哉『ビルマニア』

・・・フツオタ祭り・・・

リスナー(千葉県・レオさん)
「昭仁さんは先日、新しい眼鏡を買ったけど、晴一さん達に
”鼻メガネ”と言われてしまったとおっしゃっていましたが、
その後、その眼鏡はどうなったんですか?」
ありましたね、そんなことが。
振り返りたい方はこちらです。
http://popopo-pornogirl.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/113-c236.html

「最近流行の黒縁でジョニーデップみたいなヤツ、
オシャレさんはかけてますよ。
僕もね、大輔にそそのかされて買ったんですけどー、
僕、人よりーやっぱ鼻がでかいんですよー」
やっぱ(笑)

「それを余計強調してしまう。
パーティグッズみたになってしまうんでー、
その眼鏡をかけることを断念したんですが、
ホントにね、ひどい言われようじゃったらしんよ!
眼鏡をかけてた時に、まずかけた瞬間に、
あのバイオリンのNAOTOにー、
『あきひ・・どして・・そんな・・眼鏡を・・かけてんの?』
みたいな!ビックリ!みたいな。
それは、かっこいいからかけてんのか?みたいな!
そういう否定的なとっから入って、
ひとかけしただけで。フツーはそれを、
『あ、結構ええ感じじゃないの?』とかはじめ人は気を
遣って褒めてくれるはずなのに、それをしょっぱなから
けなされた時点で俺も気づけばよかったんだけどー、
まぁね、調子乗ってかけてたら、ひどい評判だったらしくて、
あの眼鏡は眠ってますね!」
眼鏡の国にお帰りということで・・・(苦笑)

「でも最近気がついた、オサレ、オシャレショップに行ったら
店員さんかけてますけど、みんな同じような状況になって
ますね。鼻、パーティグッズみたいに。
それを考慮してかけないとあれはだめなんですよ。はい。
あー眼鏡、8万円したんですけど、
かけてないので、あの8万円は大輔に返してもらわないと
いけないです。大輔にそそのかされて買ったので。
ね、大ちゃん、8万円返してくださいね、大!
大輔、大絶賛!
『かっこいいですよー!それしかないですよー!』のノリで
きたけぇ、『はー、そう!』つって」
大ちゃんって(笑)
まず・・・人選ミス?(笑)

・・・ファンタジスタおかのん・・・

リスナー(埼玉県・CCさん)
「福山さんのモノマネをしてと頼んだら、なぜか、
『実に気持ちいい・・・』と高らかに言い放った私の父」

「はぁ~・・ファンタジスタですね!」

「『実におもしろい』を『実に気持ちいい』と言うて
しもたお父さん(笑)
ネタ番組でも見たかな?誰かがマネしてた福山さんを
見て何かそれが入っちゃったのかなぁ」

・・・記憶の壁!・・・

絶不調の様子をご紹介(笑)

リスナー(広島県・ガスポンさん)からの美術の問題。
「漫画などで場面の臨場感を出すために、
ザーザー、ジョキジョキなどの擬声語、あるいは
テキパキ、キラキラなどの擬態語を、
フランス語で何というでしょう?」

「はああああ?!何言ってるのぉ?!
ジデリーヌ!ひひひ(笑)
ジョルカエフ!ひひひ(笑)」

「ジャイアンが歌ったら♪がフニュフニュ~って
飛んでくような、アレかぁ?」
ブップー
「ふふふ、それブップー言われても(笑)」

「えー全然分からん、ボケることすらできません。
すんません」

「答えは・・・オノマトペ」

「はぁ?!
絶対ウソついとるわ!オノマトペぇ?!
はぁ?!
ウソウソ!はい、ウソをつきましたー!この問題!
一切、聞いたことないです!」
「オノマトペぇぇぇ?!ウソでしょうぉぉぉ?!」
信じることもできずに、かわいそうに・・・(笑)

あまりにも難問が続くもので、
「そうか。
最近問題が簡単だな、みたいなこと言うてしもた・・
それでか!っち」

「はぁ~あ!」
すっかりズタボロになっちゃった・・・(苦笑)

「んじゃあ、・・・ポルノグラフィティで、
『オノマトペ』を
聞いてもらおうかな(笑)」
そんぐらいの衝撃でしたかね(笑)
カフェイレでは晴一さんが『ドレミの歌』を作ってましたからね、
ANNでは『オノマトペ』ということで・・・(笑)
現在、ポルノ、新曲ラッシュ、か?(笑)

・・・フツオタ・・・

リスナー(宮城県・カフェさん)
「つかぬことを聞きますが、
昭仁さんのオススメの目薬はありますか?」

「特にないですね!はい!(笑)」
ライブ疲れの上に、オノマトペの後遺症が・・・(笑)

リスナー(大阪府・ミックさん)
「自転車に乗る時のヘルメットになまずのステッカーを
貼っている同級生がいます。ステッカーを貼るだけでも
異端なのに、なまずのステッカーを貼る勇気は僕には
ありません。昭仁さんはどんなステッカーを貼りますか?」

「僕ステッカー嫌いなんですよ!」
「スーツケースとかにも貼っている人いるじゃないですか!
あれは荷物を運ぶもんで、オサレをするもんじゃ
ないじゃないですか。オサレをするための服を入れる
ものだから!外側には僕はオシャレはいらないんじゃ
ないかと思ってるんでー」
オサレ、オサレ、オシャレ・・・(笑)
よっぽど疲れてるんだね、うん。

「じゃ、僕ニゴイの・・・(笑)
ニゴイのステッカー貼りたいと思います(笑)ふふふ
知ってますかー?ニゴイってなぜニゴイっていうか?」
知らないし、ニゴイも知らないし、
昭仁さんが何でニゴイを選んだのかも検討つかないし(笑)

「なぜって言ったら鯉に似てるから・・・
ニゴイって言うんです・・・」
何か、稲川淳二が怖い話のオチ言った時みたいに
えらいシリアスに教えてくれました(苦笑)

「すごいビックリしたでしょ、今?」
へぇ~・・・でもニゴイを知らないんだってば

「ニゴイのステッカー作りましょう!これ!
かっかっかっか(笑)」
昭仁さん、壊れてきたね、かわいそうお疲れ様(苦笑)

・・・なんじゃろな!・・・

昭仁さんが一番やる気のないコーナー、
でも本人の意思ではやめることのできないコーナー(笑)

リスナー(神奈川県・のぞみさん)
「漢字検定の問題を解いていたら、読みの問題で
『バターの塊を食べてしまった』という文がありました。
何かせつなくなりました」

「これをワシにどーせー言うねん!!これっ!!
どーゆーことねん!!(笑)
はぁ・・・せつないなぁ(笑)」

・・・ポルノグラフィティに関する情報・・・

10thライブサーキット!

「代々木のでかさはホンマどうしていいか分からんかったもん、
正直。やり切れてない感があったのでリベンジですね。
あのでかい会場を一つにするっていうのが目標ですね」

♪『ヴィンテージ』

・・・エンディング・・・

ものすごい辟易しちゃってる昭仁さん。
お疲れ様でした~。

もう原稿読んで、ちょこっとコメント叫んで、
「バイバイバース!」
って終わりました~(笑)バイバイバース!

| | コメント (27)

4/21、つるのさんも昭仁さんもお互いライバル心メラメラ?!

4/21、昭仁さんのオールナイトニッポン!
本日のゲストはつるの剛士さんを迎えて春爛漫SP!

当ブログも皆様のお陰で1周年を無事迎えることができました~
みんなぁ~あいしてるぅ~ (←韓流スターかっ!笑
愛情込め込めこれからもレポートを書きたいと思います。
今後もレポが、短い時もあるかもしれないし、
ムラがあるかもしれませんし、アホみたいに長い時も
あるかもしれませんが、どうぞ温かく見守ってください(笑)

さてではいつものようにいっちゃいますかぁ!
ではではいつものように
レッツ━━ヽ(●´∀`)ラ○´∀`)ノGO━━!

・・・オープニング・・・

張り切ってタイトルコールから始まるオールナイトニッポン。
もちろんエコーもかかってますよ。

「つるの剛士さんを迎えて、
春爛漫、チョウカ、豪華スペシャルー!!
・・・チョウカ?豪華?
はっはっはー(苦笑) 
 ←超エコー(笑)
超 豪華スペシャル~!・・・・」
冒頭3秒で噛みまくる王子(笑)
ある意味、絶好調ー!

「コンポルノ」
出鼻を自ら挫いて、投げやりコンポルノ(笑)
あ、釣りを趣味に持つ つるのさん がやってくるから
ちょうか、つまり釣果って言っちゃったんだ。
へぇ~後付けはうまいですけども(苦笑)


ちなみに つるの剛士さん、昭仁さんの1つ下だそうで。
え?ってことは・・・
アタシと同じ学年ちゅーことになりますね。
えー!(← 何の『えー!』だよねぇ・笑)
うーん、ふむふむ 同級生なんだぁ
つるのさんはCM後の登場です!


♪『サウダージ』

・・・ゲスト;つるの剛士さん、登場!・・・

つるの「”つるの”って言いましたね?
    僕”つりの”です!(笑)」 
昭仁 「きましたねーその話(笑)
    いきなりその話いきますかぁ?!(笑)」
いきなり飛ばしてきました、つるのさん。
同世代ということもあり、とてもにぎやかなスタートです。

「僕今までずーっとポルノの岡野さんに似てる似てるって
言われてて、声とか、何て言うんでしょう、
顔とかも似てるって言われててー」

「はぁ~~~もう、そんな恐縮です!うれしいっすよ」
「去年だからモノマネ番組で、ツルノグラフィティって
ことでモノマネさしてもらったんですよ」
似てるかどうか、・・・どうかにゃ~あ?(笑)
分類を大雑把に分けたらね。うん、うん(笑)
でも

昭仁さんはつるのさんには似てないよね、うんうん(頑固)
 
二人の共通の趣味は「釣り」!
つるのさんはシーバス派で昭仁さんはバス派。
昭仁さんは以前から釣り番組の司会をするつるのさんを
見ていたそうです。

今年の7月にシーバスカップなるものをやるので、
岡野さんもどうですか、というお誘いが。
昭「シーバス、1回ぐらいしかやったことないですけどねー」
つ「あら?!」

シーバス派のつるのさんご自身は、
「最近僕バスは行ってないんす、実は」
「行ってないんすか?!」
こだわりが個々に強い分、微妙にすれ違う二人(笑)

20歳の頃、実は釣りにはまるきっかけはバスフィッシングだった
という つるのさん。
「最初に投げたバイブレーションが、何と45センチの
ブラックバスをー!河口湖で45つったら結構やばいっしょ?」
「おーー!それはすごい!(笑)
やばい!やばいですねー」

「いろいろ行ったりしてたんですけどー、あのー
シーバスにはまって~!わざわざそんな遠くに行かなくても
めちゃめちゃでかい魚がー」
「わざわざ富士五湖まで車飛ばして行く必要ないと!」
「なるほどね~そうか。そういう方多いですよね~」
シーバスの意見は受け入れつつも・・・

「僕はね、バス始めて3年ぐらいなんでー
まだ今はバスにどっぷりっすね!!」
「今でもいい季節なんじゃないですか?」
「いいですよー。この前はねー琵琶湖で
58センチから筆頭に58、56、55と!
いってやりましたねー!」
「おお!でかい!」
つるのさん 褒めつつも・・・

つ「琵琶湖でかいすからね!」
昭「まあね、巨大化してますからねぇ・・・」
あ、釣り上げた昭仁さんがすごいんじゃなく、
琵琶湖のバスの大きさがすごいってことを、
褒めてるのかしら、つるのさん・・・(笑)

「まぁね、神だと言われましたねー!」
対抗して昭仁さん、すごさをアピール(笑)頑張れ!(笑)

つ「あっらっら!それはすごいっすねー!
  もう、目がギラギラしてますもんね(笑)」
昭「いえいえ(苦笑)」
素でライバル心がバチバチバチー!?

お互い興奮してきたみたいなので、別な話題に移ることに。
音楽の話へ。

つるのさん、実はお父さんがクラシックギタリスト、お母さんが
リコーダーという音楽一家。ご本人も中学からオリジナル曲を
やるようなバンドでベースを担当していたとか。
聞いていた音楽も昭仁さんと世代的にかぶっているみたいです。
ただ つるのさん はパンクメタル系にはまっていたようで。

だいぶ つるのさんの早口マシンガントークが止まりません(笑)
昭仁さんは相槌したり笑ったりするぐらいで(笑)
音楽に対してだいぶ熱い方のようですよ。

昭「メタルを好きな人ってBURRN読んでました?」
つ「僕、BURRN派じゃなかったんです!」
ここでも好みはちょっと違ってるみたいで・・・(苦笑)

♪つるの剛士『M』


・・・引き続き つるのさんです・・・

次は将棋の話です。つるのさんは2段をもつ腕前。

つ「始めたのが実は25歳なんですよ!」

つるのさん、将棋に対してもめっちゃ熱いっす!
早口マシンガントーク第2弾っす!(笑)
昭仁さん、
「なるほど!」「はいはいはい」「ほうほう」
を連呼してます(笑)

つ「全然興味なさそうな目が・・!(笑)」
昭「いえいえいえ!(笑)」

将棋に対しても熱いつるのさんですが、
実はまだ熱いことがあったんです。それは・・・

昭「せみ?!蝉?!セミ?!(笑)」
 
「岡野さん、どうですか?蝉についてイメージ」
「田舎で鳴いてる蝉はうるさく感じないんですよ。
都会で鳴いてる蝉は非常にうっとうしく感じます!」
「うっとうしい?・・・(呆)」

「あのー、蝉の魂まだ分かってない!」
ふふふふ(笑)今日は完全につるのさんペース!

「蝉が出てきて、で、鳴くってのは、
あれはメスを求愛してるわけですよ」
「え!そうなんだ!」
勉強になりますねー!さすが蝉博士!

あれ?スタジオ内で季節はずれの蝉が鳴き始めましたよ。

「ツクツクボーシツクツクボーシ!」
あ、つるのさんでした(笑)リアルにうまいです。

つ「蝉はオスしか鳴かないですからね」
昭「え?!マジで?!」
つ「ちょっとそっからぁ?!」
昭「えっ!そうなんだぁ~」
つ「えっ!?知らなかったの?マジで?
  ちょっとドン引きだ、マジで~」
昭「ふふふふふ(笑)」

まだまだ続きます蝉知識。

つ「例えばあの蝉の大きさが人間の大きさぐらいあると
  しますよね。で、東京タワーにとまりますよね。
  声、どこまで届くと思います?」
昭「何百キロってことですか?じゃあ、河口湖ぐらいまで
  届くとしましょう」
つ「あぁ~。・・・鹿児島まで届くんですよ!」
昭「ええ?!マジで?!」
つ「すごいっしょ?魂の叫びっしょ!」

そんな蝉博士、つるのさんの話にすっかり引きこまれ、
昭「僕、ずっと聞いてたい!」


・・・つるのVS昭仁 ガチンコ釣り対決!・・・

釣りに関してはライバル心むき出しの二人(笑)

まずは「20秒間で釣りの魅力を語る」という勝負。
これは先攻のつるのさんが時間内にうまくまとめられず
昭仁さんの勝利

続いては「エアーフィッシング対決」。
こちらはグアムの実体験を再現したつるのさんが勝利

最後に「釣りのおもちゃ対決」。
子供用のパクパク魚ちゃんのおもちゃを使って
多く釣れたほうは・・・!?
3匹の昭仁さんに対し、6匹釣り上げたつるのさんの勝利

ということで 
つるのさんが伝説の釣り師の称号をGETしましたー!


・・・まだまだ つるのさんです・・・

夜も更けてまいりましたよ(笑)

リスナー(愛媛県・ヒロアキさん・17)
「つるのさんと昭仁さんに相談があります。
僕は学校でデッカチンといわれています。修学旅行の
温泉以来、でかいということがバレてそう呼ばれるように
なりました。ぶっちゃけでかいのがコンプレックスです。
僕はどうしたらいいのでしょうか?」

昭「ちょっと待ってくださいよ!」
つ「ちょっと待ってくださいよ!」
昭「世の中のねぇ、男を敵に回したけども、どういう
  ことなんだこれは!!」
つ「いや、僕もでかいっす!」
昭「マジすかぁ?!」
つ「ウソです!(笑)」
昭「思い切ったウソついたなー今!(笑)」
つ「いや、僕測ったことあるんすよ」
  「もうウルトラマン時はですねー、17.5センチ!」
昭「ほーーー!」
  「僕はね、昔、スコラか何かにね、日本人の平均の
  シルエットがねあったんですよ。
  僕もね〇〇させて合わせてみたらピッタリ!
  日本人の平均13.なんぼとかに、ピッタリ!
  俺のかっていうぐらい」
ますますスタジオは盛り上がってきたようです(笑)

つ「硬さもね、僕、結構自信ありますね」
昭「あ、僕もあります!」
つ「あら?ちょっと待ってくださいよ」
昭「釘打てるかもしれないです」
つ「あいたっ!(笑)」
昭「あの・・凍ったバナナのように」
つ「これは参りましたな~(笑)」
昭「ふふふふふふ(笑)」
つ「これ、ちょっと負けたかもしれませんねー!(笑)」
ここでも張り合う?(笑)

あとはそういう話がしばらく続き(笑)、
とにかく楽しそうな二人でした!


・・・そろそろ・・・

つ「え?!もう~~?!!」

釣り、将棋、蝉、下ネタと進むにつれだいぶ盛り上がってましたね!
残念ながらそろそろつるのさんお時間です!

昭「こういうばらけた感じが僕、大好きっす!」
つ「ちょっと本当にお友達になってもらっていいすか?」
昭「もちろんです!!B型でしょ?
  僕ね合うんですよ、B型の人。
  僕はAで、Oの人と合うって言うんですけど、
  僕はB型の人と合うんです!大親友は大体B型ですね」
つ「それは嬉しいですねぇ~!」

最終的にやっぱり釣りの話になってきました。でも、
冒頭でのライバル心メラメラモードとは違ってきたようで、
釣りを通して感じる大自然の普遍性や日々の活力になる
ということをお互い共感し合えている様子。
よかったよかった(笑)

昭「なぜさっき釣りの魅力を言う時に言わなかった、
  俺達?」
つ「今やっとまとめ出しましたけどね」
すっかり”俺達”の連帯感(笑)

つるのさん、ご出演どうもありがとうございました~!



・・・ニッポン放送55周年記念企画!・・・

先週からスタートしたという、
各番組のパーソナリティがチョロQで55万円をかけて
競い合う夢の企画!

他のパーソナリティの情報は全くいれずに、
自分との戦いをするおかのん!
「ミー対ミー!」
「え?アイ バーサス アイ!
どっちがええのん?(笑)」
「もう、僕 対 僕!」

1回目はコースアウト。

「どうする?これ55万円当たったら・・・
ハワイ行こうか・・・?」

2回目は・・・?

「おーーー!!
これは!!正直、獲れたかもしれんよ!」
「ウホウホウホウホー!!(超ハイテンション)」
好記録が出ちゃったみたい?6センチ!

3回目は・・・?!

「あーー!・・・」
2回目には及ばなかったみたいだけど、
来週の結果発表が楽しみです!
55万円獲得したらハワイからANNか!?


・・・エンディング・・・

「いや~つるのさんテンション高いっすね~
すごいですよ。あんだけ捲くし立ててねしゃべれる、
あの頭の回転力は僕はすごいと思います。
僕には持ってないものですね、あれはね」

本当フル回転でした、つるのさん。
でもあれでもローテンションのほうだってご本人が言って
ましたよ、信じられん!(笑)

昭仁さんは是非つるのさんと釣りに行ってみたい!と
言ってましたよ~。
いよいよ海釣りにもはまっちゃうかもね!

| | コメント (9)